わかば

滋賀出身京都在住のライター。得意分野は語学学習、書評、インタビュー。日本語教師もしています。文学と映画を養分にして、書くことで呼吸する人。思春期中学生双子女子と日々格闘中。田舎に移住計画あり。歌舞伎を愛しています。noteでは、日本語教師、思春期育児、読書感想について書きます

わかば

滋賀出身京都在住のライター。得意分野は語学学習、書評、インタビュー。日本語教師もしています。文学と映画を養分にして、書くことで呼吸する人。思春期中学生双子女子と日々格闘中。田舎に移住計画あり。歌舞伎を愛しています。noteでは、日本語教師、思春期育児、読書感想について書きます

    マガジン

    • 雪の上のあしあと

      わかばの日記

    • 食べる徒然草

      京都を中心に関西エリアの食べ歩きの記録です。

    • El Viaje

      タイトルはスペイン語で「旅」 ささやかな「旅」の記録です。

    最近の記事

    固定された記事

    【ポートフォリオ】ライティング実績

    初めまして。若林佐恵里(わかばやしさえり)です。 京都を拠点に関西一円でライターとして活動しています。 ライターを始めてから5年くらいになります。 外国人に日本語を教える日本語教師の仕事もしています。日本語教師の仕事は15年くらいになります。 「ことば」にまつわる仕事に興味があります。また、中学生の双子の母でもあります。 ライターとしての得意分野は旅行、語学、美術、移住、日本語などです。じっくり取材をして読みごたえのある記事をつくりたいと思っています。 企画も得意で

    スキ
    24
      • 日本語教師の待遇改善について

        日本語教師チャットで待遇改善について話し合われていましたね。私も思うところはあるけれど、140字で伝えきれないなあと思っていたので、ツイッターは自粛しました。だけど、今考えていることをここに書いておきます。待遇改善しない理由として2つあると思っています。

        スキ
        2
        有料
        100
        • 自分でやって初めてわかる「一人で学ぶ」こと

          2021年4月から慶應義塾大学の通信教育課程に通っています。学士を持っている人が受けることのできる学士入学で入ったので、総合教育科目(いわゆる般教)は、母校でとった40単位が認めてもらえました。ただし、外国語科目は認められませんでしたので、慶應通信で8単位取らなければなりません。

          スキ
          3
          有料
          100
          • 継続の秘訣はnonnegotiable task

            以前、こんな記事を書きました。 ところが不思議なことに1ヶ月以上続いており、もうすぐ3ヶ月目に入ります。ラジオ英会話がこんなに続いたことは初めてです。 もちろん、カムカムエブリバディという4月の初めまでやっていた朝ドラの影響ももろにありますが、それだけではないように思っています。 今日はそのことについて書きたいと思います。

            スキ
            1
            有料
            100
            • 日本語教師の待遇改善について

              スキ
              2
              有料
              100
              2か月前
              • 自分でやって初めてわかる「一人で学ぶ」こと

                スキ
                3
                有料
                100
                2か月前
                • 継続の秘訣はnonnegotiable task

                  スキ
                  1
                  有料
                  100
                  2か月前

                マガジン

                マガジンをすべて見る
                • 雪の上のあしあと

                  • 112本

                  わかばの日記

                • 食べる徒然草

                  • 2本

                  京都を中心に関西エリアの食べ歩きの記録です。

                • El Viaje

                  • 3本

                  タイトルはスペイン語で「旅」 ささやかな「旅」の記録です。

                • 雪の上のあしあと

                  • 112本

                  わかばの日記

                • 食べる徒然草

                  • 2本

                  京都を中心に関西エリアの食べ歩きの記録です。

                • El Viaje

                  • 3本

                  タイトルはスペイン語で「旅」 ささやかな「旅」の記録です。

                記事

                記事をすべて見る
                  • 第50回読書会『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』vol.2

                    さる5月21日、第50回の読書会を行いました。いつものようにはじめてしまったけれど、よく考えたら50回記念会でした。乾杯でもすればよかったな……。今回は5名の方にご参加いただきました。ありがとうございました。 (この記事の最後に購読者さまへのお知らせがあります) 最近、本を読んでも読んだすぐそばから忘れてしまったり、話を聞いても覚えていられなかったり、何を言おうとしていたのがわからなくなることもあったりで、日々衰えを感じています。でも、この読書会をしていると、そんな自分を

                    スキ
                    7
                    有料
                    100
                    • 思春期に見た目が気になるのは本能か

                      先日、金曜ロードショーで『ローマの休日』をやっていて、娘と少しだけ見てみました。ご存知の通り、1953年に作られた作品で、モノクロ映画です。 ストーリーはお城を抜け出したある国の王女と新聞記者が恋に落ちるという切ないラブストーリーでご覧になったことがある方も多いはずです。 この作品で当時無名だったオードリー・ヘプバーンはアカデミー最優秀主演女優賞を受賞し、一躍有名になりますが、その美しさというか可憐さというか可愛らしさといったらありません。 それは娘にとってもそうで、思

                      スキ
                      1
                      有料
                      100
                      • 言うだけなら誰でもできる。でも、それがすべてのはじまり

                        いつも聴いているちきりんさんのVoicy。 とてもおもしろいので皆さんも聴いてみてください。 たまたまこの放送を聴いていた時に、中3の娘も一緒にいて、いつもはわたしの聴いているラジオになんかなんの興味も示さない彼女が「へえ。そうなったらいいな」とつぶやいたので驚きました。 「そうなると思う?」と聴くと「無理じゃない〜?」と言っていて、結局は「孫の世代になったらなっているかもね」というところで落ち着きました。 子育てをしていて思いますが、小中学校って自分たちが通っていた

                        スキ
                        3
                        有料
                        100
                        • 日本語学校の専任と非常勤のあいだ

                          taeko先生が以下のブログ記事を公開されました。 「私は非常勤だから」と卑下する必要はないし、私は「専任だから」と必要以上に気負う必要もない 壁を作るのは自分自身 対立より協働、分断より連携だろうな 上記の言葉にいたく共感しました。 ただ、なぜ「壁」が存在し、「対立」が起こり、「分断」されるのだろうか。なぜそれが問題となって立ち上がってくるのか。今は日本語学校の非常勤ではないけれど、自分なりの考えをまとめておきたいと思います。 実はこれは日本語教育業界とも日本語

                          スキ
                          11
                          有料
                          100
                          • ロスジェネ世代の女で日本語教師であることの意味

                            今日はこんなことを呟いた。 わたし自身も1978年生まれのど真ん中のロスジェネ世代で40代になるまで、自分が非正規で稼げないのは100パーセント自分のせいだと思っていたのですよね。そんな自分の越し方を振り返り、この世代はどういう世代なのかということを振り返ってみたいと思います。

                            スキ
                            5
                            有料
                            100
                            • リズムを維持するのがむずかしい

                              5月になりました。もうすでに、ゴールデンウイークも半ばを過ぎました。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。 いつもあった仕事が急になくなったりすると、リズムの変化に流されて、しばらく更新できませんでした。なんとか維持できるようにしたいのですが、なかなか気持ちの乱高下を制御することが難しいです。 さて、そんなゴールデンウィークはどこにも行かずうちでゆっくりと過ごしていました。とはいえ、休みにならないレッスンなどもありますので、ちょこちょと仕事もしたりしています。半分休み、半分

                              スキ
                              4
                              有料
                              100
                              • 教材がなくて困ったときにすること3つ

                                最近は数人の超級話者の方のレッスンを受け持っています。超級話者用の教材ってほとんどないんですよね。また、超級話者ともなると、各自のニーズもさまざまでそれにも対応していかなければなりません。

                                スキ
                                3
                                有料
                                100
                                • 購読者の方限定でお話会をやってみます

                                  今日は急な話なんですが、購読者限定のお話会のアナウンスです。

                                  スキ
                                  2
                                  有料
                                  100
                                  • 日記(4月3週)

                                    何となく月曜日は日記の日にしようかと思っています。ほぼ日手帳にその日にあったことなんかをメモしているので、それをととのえる形にしようかなと。とりあえずやってみて、また続かなさそうだったら考えます。

                                    スキ
                                    3
                                    有料
                                    100
                                    • 民主主義っていったいなんなのか

                                      ちきりんさんがツイッターで紹介していたNHKのドキュメンタリーを続けて3本観ました。ひとつはドイツのメルケルさんの半生を描いたもの、もうひとつはアフガニスタンの今、最後に昨年クーデターが起こったミャンマーのものです。 この3つのドキュメンタリーを見て考えていることを書いておきたいと思います。

                                      スキ
                                      3
                                      有料
                                      100
                                      • いつも読み返したい『嫌われる勇気』

                                        週に1回行われている日本語教師のオンラインイベント#Zoomでハナキンで20分で名著という小さな読書会を本好きの参加者と割と定期的にやっています。それで、昨夜はわたしが自分のなかの名著中の名著である岸見一郎、古賀史健著『嫌われる勇気』を紹介しました。今日はどんな会だったかを紹介します。 まず本はこちらです。 イベントには海外在住の日本語教師の方も多く、その方々に教えていただいたのですが、この本はアジアはもちろん、ヨーロッパでも翻訳販売され、結構な人気を博しているのだとか。

                                        スキ
                                        7
                                        有料
                                        100
                                        • 双子育児がつらい。中学生になっても。

                                          先日、双子(中3女子完全不登校フリースクールに週3で通学中)を連れて 滋賀の竜王アウトレットへ行きました。次女が服を買いたかったからです。 長女も「行く」と言ったので連れて行きました。そこでちょっと大変なことが起こりました。

                                          スキ
                                          5
                                          有料
                                          100