01のコピー

リサーチあるあるから見る、ユーザーリサーチ、UXリサーチの使いどころ

2019/03/27:English version here2019/03/28:スライド追加、テキスト加筆しました


こんにちは @vegemaki(べぢまき)です最近イベントでUXリサーチについてお話することが増えてきました。UXリサーチに関してもっと知りたい方が増えてきていると感じたので、イベントでのスライドとスクリプトを全文公開します。読んでの質問や感想、相談、「ちょっとリサーチうちでやってよ!」など、何でもお気軽に連絡ください!Twitterはこちら

画像1

こんにちはべぢまきです。SNSではvegemakiで情報発信しています。
UXリサーチャーとして働いています。
個人でも会社員としてもリサーチをしたり、リサーチ結果の共有手段としてワークショップを実施したりしています。


画像2

今までこのようなリサーチをやってきたのですが、
その中で私が感じた「リサーチャー的あるある」を通じてリサーチについてお話します。
リサーチャーじゃない方は伝わらないかもですが、そうなのかと思ってください!笑


画像3

では、早速あるあるいきます。
うさぎ氏から、このような相談がきました。


画像4

ユーザーインタビューをしてくれ、との依頼ですが、
「リサーチで知りたい事」を踏まえるとユーザーインタビューは適切ではないなという場面が多々あります。
しかし、ユーザーインタビューをする前提で段取ってしまった後なので、
「なにがなんでもユーザーインタビューで!」とお願いされたりします。
「知りたい事」に対するリサーチ手法の選定がうまくいってないパターンです。

リサーチ手法の選定段階からリサーチャーを招集すればこの課題は容易に解決しますが、
社内にリサーチャーが居ない組織もあるので難しいところです。


画像5

次のあるあるいきます。


画像6

次はアンケート調査をしてくれ、との依頼ですが、
「リサーチで知りたい事」を踏まえるとアンケート調査は適切ではないなという場面も多々あります。
しかし、アンケート調査をする前提で段取ってしまった後なので…(略
こちらも「知りたい事」に対するリサーチ手法の選定がうまくいってないパターンです。


画像7

次のあるあるいきます


画像8

サイトで計測している定量データが大量にあるため、
「少ないサンプル数への調査(インタビュー調査など)は要らんやん!」とのことです。
定量データ、定量調査、定性調査など、調査手法や調査データの使いわけができていないパターンです。


画像9

今までのあるあるを見て、「え、何が違うの?」「今までそうしてた!」という方もいらっしゃるのでは?
いいのです!なぜなら、リサーチの使いどころや使い分けを伝えるのはリサーチャーの役割だから!
ということで、今日はリサーチの特徴とつかいどころを、みなさんにお伝えできればなと。


この続きをみるには

この続き: 1,612文字 / 画像21枚

リサーチあるあるから見る、ユーザーリサーチ、UXリサーチの使いどころ

vegemaki (べぢまき)

100円

この記事が参加している募集

noteでよかったこと

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポート費はnote執筆中の紅茶代に充てて、バリバリnoteを書くための力にします!

スキありがとうございます!励みになります!
57
某巨大IT企業でUXD、UXリサーチャーとして働いています!個人でも複業的にお仕事受けていたりします。海外の生活、文化を感じながらsomething new!をたくさん吸収する旅が好き #UX #UXD #UXリサーチ #デザインリサーチ

こちらでもピックアップされています

design
design
  • 341本
コメント (2)
貴重な記事、ありがとうございます~!

以下、typoだと思います(自明ですが…)

リサーチの特徴 のスライドの下
「それを取り扱う発送法」⇒「それを取り扱う発想法」

サービス改善の流れ&対応リサーチ のスライドの下
「定量調査が良さそうですよね」⇒「定性調査が良さそうですよね」
obayashiさん
ご丁寧にありがとうございます!修正いたしました!
マイペースにUXリサーチについてnoteを書いているので、
またお読みいただけたら嬉しいです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。