講演会00201

無名の田舎でスーパーホストになった私が教える外国人ゲストの呼び方|(Airbnb)サイトの見せ方編。

こんにちはYukaです。
岡山県で始めてAirbnbに登録した日本人です。
都会でしかAirbnbが普及していない中、
観光地もない、外国人観光客もいない
田舎町で手探りで宿の運営を始めました。

開業して早4年。来てくれたゲストの満足度は高く、
総合評価4.8以上は保たれております。
今はこちら↓ 嬉しいな、、ゲストの顔が浮かびます。
ありがとう!

ありがたいことに、昨年からインバウンド向けの講演会のお話をちらほら頂いています。次回講演会に向けて、話す内容をnoteに掲載していきたいと思います。
 (こんな事聞きたい、とかあればメッセージください!講演会内容に盛り込んでいきたいと思います)

全て公開して皆様とシェアしたいなと思うのですが、
講演会にお金を払って来てくださる方もいる、、と思うと、、申し訳ないので、今から24時間無料で公開させて頂きます。

目次
ー 宿の入口、サイトの見せ方
ー 
嘘のない一貫したイメージを写真と文章で見せる
ー 
ニッチな層を狙う。70億分の1。
ー 
写真は感情に訴えかける
ー 
文章は旅を想像させる
ー 
デメリットをメリットに変える

宿の入口、サイトの見せ方

ゲストがサイトを見て、チェクインして、帰って行くまでの時系列で
UJITEIとして行なっていることをお話したいと思います。

まず、泊まりに来るゲストとの接点、宿のサイトです。
様々な宿が掲載されている中から、この宿に泊まりたい!
と思われなければいけません。
宿の顔。宿の入口。接客同様大事なポイントです。

Airbnbなどの宿仲介サイトに登録。自社サイトで集客。
などなど入口は沢山ありますが、
どの方法を取るにせよ、
掲載する内容は大きく分けて
写真 と 文章

嘘のない一貫したイメージを写真と文章で見せる


"一貫したイメージ"
サイトを見たゲストが実際に足を運んで泊まりに来た時に、
写真や文章で見たイメージと違うな、残念、、
となってしまうと、
レビューに影響があり、じわりじわりと評価が下がり、
新規ゲストの予約を逃してしまいます。
リピーターになってもらう確率も下がります。

例えば、とても広い寝室にお泊まりいただけます、
と書いて、写真をその時だけ広角レンズでとり、
部屋を大きく見せても、
実際に泊まりに来るとそんなに広くないな、
と思われれば、信頼がなくなってしまい、
レビューに響きます。
いいレビューが書かれなければ、
ホストのモチベーションも続きません。

ということは、まずこの時点で自分の宿の強みは何かな?
どんなゲストが来たら満足してくれるかな、と考えてみましょう。

(ごめんなさい、全部見ていただきたいですが、
講演会でお話させていただく内容なので、ここから有料とさせていただきます。次のお話は接客編
只今アフター編宿激戦時代を乗り切ろうぜ編を無料公開中。)

この続きをみるには

この続き:3,404文字/画像4枚

無名の田舎でスーパーホストになった私が教える外国人ゲストの呼び方|(Airbnb)サイトの見せ方編。

Yuka | ゲストハウス運営をするテキスタイルデザイナー

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
ジュエリーデザイナーの夫:敦史とテキスタイルデザイナーの妻:侑香で築100年の古民家を改装してジュエリーショップ、ゲストハウス2棟と体験スペースを運営しています。2歳の娘、愛犬と愛猫の家族5人で「よりよく生きる」をモットーに田舎で日々の生活を楽しんでいます。 ↑妻の方のページ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。