「国技館ロイヤルランブル」(9) 「かわいがり」
見出し画像

「国技館ロイヤルランブル」(9) 「かわいがり」

|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|13|

(前回の取組)

土俵下で大銀河の強烈な上手投げを受け失神していた時限ゼミの意識が復帰した。土俵を見上げると、そこには二つの相撲竜巻が発生していた。

横綱若銀河は大銀河と睨み合い、それだけで強烈なオーラ《相撲発気》が発散されている。

横綱万寺は肉達磨の強烈な打撃を避け続けている。それらから距離をとり漁夫の利を狙うのは八極弾だ。

肉達磨の強烈な蹴たぐり!万寺は片足を上げて受けるが鉄の棒で殴られたような痺れが残る。さらに蹴たぐり!蹴たぐり!蹴たぐりッ!ついに万寺の体勢が崩れて強烈に横回転、いや違う!万寺はメキシコ人力士特有の陽気なリズム感で蹴りをあえて受けて跳び、急回転側頭蹴り《アルマーダ・メヒコ》を繰り出した!

「「どすこい!!」」

肉達磨は胸鎖乳突筋をパンプアップさせてダメージを吸収!万寺は空中でさらに二回転してから八極弾に着地、彼を足場に再跳躍!! 「ぐわーっ!?」高角度の空中殺法《デスペラード・スイシーダ》を繰り出す体勢だ!!

一方、地上の若銀河は大銀河の放つ横綱気に阻まれていた。昭和の怪物!!稽古場より大きく見える!!

(デカい!)(四股が足りんなボーヤ)(……くっ)

微動だにしない新旧銀河横綱に観客が座布団を投げ始めた。しかし、両横綱に接近した座布団が破裂!次々と粉みじんに粉砕されていく!!

「稽古場(Kフィールド)だ! 親方は息子をかわいがるつもりだ!!ぬーん……」

審判席の餡泥(アンドロ)親方が失神! 土俵に戦慄の殺気小宇宙が渦巻く!!

国技館中の日本中のいや世界中の視線が土俵に集中する!!

その時、空中へ放り投げられた時限ゼミがKフィールドに接触。

白熱発光して大爆発を起こした。

いったい何が!?

【残り5名】

(次の取組)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
お望月さん | 珍評家

いつもたくさんのチヤホヤをありがとうございます。頂いたサポートは取材に使用したり他の記事のサポートに使用させてもらっています。

ファンタスティック映画が好きな珍評家。映画・小説・書籍の感想を記したり小噺を載せたりしています。既知作品の初見感想が大好き。みんなもエンタメのカルマ調整をしようネ!