「国技館ロイヤルランブル」(8) 「伝説力士」
見出し画像

「国技館ロイヤルランブル」(8) 「伝説力士」

|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|13|

(前回の取り組み)

「巨人!?」

観客も力士も視聴者も我々も、そう錯覚したのは無理はない。
昭和の英雄大銀河は前代未聞の128連勝を果たした文字通りの大横綱であった。日本人であればこの巨人の取組を知らないものはいない、その現役時代の姿が巨大な幻影となって襲い掛かったのだ。巨大な《発気揚々》を受けて後ずさる力士たち。一方で、動じないのは外国人横綱万寺とバイオ生命体の時限ゼミだ。

「SHHHHH!!!!」

耳をつんざくハウリングシャウト!しかし、大銀河は動じず教科書通りに組み、上手投げで時限ゼミを転がした。

「~~ッ!」

一方、万寺はメキシコ力士特有の陽気なリズムで肉達磨へ突進する。肉達磨もぶちかましで応戦する体勢だ。

「「ドッソイ!!」」

しかし、万寺と肉達磨の衝突は回避された。万寺を横から押しのけたのは大関大失恋である。万寺は危うく土俵を割る寸前で踏みとどまり振り返る。

そこには、大失恋の足首とさがりだけが残っていた。

肉達磨の代名詞《肉電車》が大失恋に直撃した痕跡だ。現役時代の土俵上での殺害人数はギネスレコードにも載っている。ロイヤルランブルの熱気が発達し過ぎた筋肉をテーピングで抑えなければ日常生活もままならない肉達磨のあまりにもガチンコな押し相撲を復活させた。

「い~い、弟弟子を持ったな!!」

「……!!」

大失恋の押し出しがなければ、木っ端みじんになっていたのは俺だった、万寺の褐色の肉体を冷や汗が包む。

八極弾は冷静に両伝説力士から距離を取り思案する。

「まずいことになったぜ、急げよ……!!」

【残り5名】

(次の取組)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
お望月さん | 珍評家

いつもたくさんのチヤホヤをありがとうございます。頂いたサポートは取材に使用したり他の記事のサポートに使用させてもらっています。

ファンタスティック映画が好きな珍評家。映画・小説・書籍の感想を記したり小噺を載せたりしています。既知作品の初見感想が大好き。みんなもエンタメのカルマ調整をしようネ!