「国技館ロイヤルランブル」(10) 第十話「国盗り」
見出し画像

「国技館ロイヤルランブル」(10) 第十話「国盗り」

|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|13|

(前回の取組)

土俵下、時限ゼミの元へ近づく影があった。相撲協会の職員キャップとジャンパーを着こんだ巨漢。団体職員……ではない。この顔はテッポウ禁止の通路でハーキュリーズ・ヘラクレスと立ち会っていたあの男ではないか。

「よく頑張ったな」
「坊チャン……」
「もうひと頑張りしてもらうぞ」
「オレ、モット相撲トリタイ……」
「ああ取らせてやるよ」

巨漢は時限ゼミのまわしに再び黄色と黒のさがりを差し込み自爆装置をアクティベートした。

「坊チャン!?」
「地獄での稽古相手には不足しないぞ!」

怪人力士を担ぎ上げた巨漢は軽々と時限ゼミを土俵上へ放り投げた。

――――――――――

その時、空中へ放り投げられた時限ゼミがKフィールドに接触。白熱発光して大爆発を起こした。

炸裂!閃光!
しかし、観客席に被害は及ばなった。大銀河のKフィールドが爆発を土俵内に閉じ込めたからだ。

だが土俵内!
万寺の盾となった肉達磨は焼け焦げ倒れている。
そして、大銀河は自らの肉体を盾にして爆発から若銀河を守った。
八極弾は、無傷である!

伝説力士2名が土俵を後にした。
満身創痍の二横綱を相手に余裕の態度の八極弾。

「国盗り、はじめるぜ」

そして、土俵下の巨漢が嗤った。

【残り3名(380kg+行司)】

(次の取組)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
お望月さん | 珍評家

いつもたくさんのチヤホヤをありがとうございます。頂いたサポートは取材に使用したり他の記事のサポートに使用させてもらっています。

ファンタスティック映画が好きな珍評家。映画・小説・書籍の感想を記したり小噺を載せたりしています。既知作品の初見感想が大好き。みんなもエンタメのカルマ調整をしようネ!