「国技館ロイヤルランブル」(11)第十一話「旧支配者」
見出し画像

「国技館ロイヤルランブル」(11)第十一話「旧支配者」

|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|13|

(前回の取組)

横綱万寺、メキシコ出身。
貧しいスラムで育った彼を拾い、まっすぐ育てたのは肉塊親方であった。慣れない環境、合わない食事、厳しすぎる稽古。「いつか殺してやるよ」と笑いながら軽口をたたきあう、肉親以上の肉塊親方が死んだ。
横綱若銀河、東京都出身。
大横綱の父を追い自らも横綱となったがいつも巨大な背中を追い続けていた。初めて本割で父親と立ち合い、ついに自らに足りないものをつかんだばかりだった。


「俺を土俵から降ろしたらどうなるかわかるか?爆発だ!ヒャハハハハ!!」

ボグッ。ガキッ。
両横綱を思うままに殴りつける八極弾。自らの暴力を棚に上げた<理不尽なルールで俺を追放した相撲協会>への身勝手な復讐心が露わになった。

「お前らは殴りがいのあるサンドバックだぜ!!ヒャハハハハハ!! 」

ドスン、ドズン。
肉が肉を打つ音が響く。
拳、肘、蹴、膝、あらゆる打撃が横綱を打つ。

「こうして放送時間が終わるまで八百長(オスモウ)してるんだな!!」

「ヒャーーハッハッ、アガッ!!!」

万寺の渾身の張り手が八極弾を捕らえる。

「うわわわわわわ!!??」

そして若銀河の電車道。一気呵成の送り出し。

八極弾脱落。


【残り2名(260kg+行司)】


しかし、爆発しない。
土俵上に名状しがたい巨大な触手が伸び、這いまわっていたからだ。

触手の持ち主は土俵下の職員キャップにジャンパーの若者。彼はキャップを外し、マゲを露わにして土俵へ上がった。

身長197cm、160kg。
「国家安康党」首領、豊臣秀頼その人である。

嗤った口元から蛸状の触手が蠢く!

「SHHHH!!! ……下郎ども頭が高いぞ!!」

【残り2名+?????】


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
お望月さん | 珍評家

いつもたくさんのチヤホヤをありがとうございます。頂いたサポートは取材に使用したり他の記事のサポートに使用させてもらっています。

ファンタスティック映画が好きな珍評家。映画・小説・書籍の感想を記したり小噺を載せたりしています。既知作品の初見感想が大好き。みんなもエンタメのカルマ調整をしようネ!