山下義弘/ドケットストア店主

ドケットストア店主。無印良品を運営する良品計画で店長などをつとめ独立。文具と収納用品のラベリングをテーマにしたお店を大阪府箕面市で運営。三角コーンで看板を作ったり宝塚の老舗カフェ百合珈琲のPMしてます。出版したい。 https://docketstore.storeinfo.jp
    • #お店 記事まとめ

      • 2,068本

      思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。

    • 山下義弘商店

      お店で売ってるもの、売ってないものだけど気に入ってるもの。熱量をもって書き綴っています。

    • #偏愛文具展

      このマガジンでは、2022年6月3日〜5日に東京で開催される「偏愛文具展」と連動し、#偏愛文具展 のハッシュタグで投稿された記事を紹介していきます

    • すべてのマガジンを表示
  • 商品の画像

    Magnet Tack (3pcs)

    画鋲に強力な磁力が与えられたアイテム。 刺して止めたり、引っ掛けたりという通常の画鋲と強力磁石を一つにすることで収納性が増し、壁そのものにモノを収納することができるようになりました。 重いハサミや鍵が壁に張り付く姿は、重力を失って浮いているかのようです。 (内容量:3pcs) [仕様] デザイナー :坪井 浩尚 素材 :ネオジム磁石、ステンレス針 カラー :Gold サイズ :φ10.5mm×H14 重さ :30g 製造国 :日本
    1,650円
    docketstore
  • 商品の画像

    NOWHERE A4 スリーブケース

    「身軽でスマートな移動ツール」がコンセプトのノーウェア・シリーズ。 ケース内は2つに仕切られており、シーンやサイズに応じて、書類やペン、ノート、デジタルガジェットなど、様々なものを組み合わせて持ち運べます。 手触りの良いしっとりとした質感の合皮素材を用いることで、高級感に加え、耐久性と軽さを併せ持つアイテムになります。 【サイズ】W330×H230mm 【重量】142g 【素材】合皮 【生産国】中国 【備考】内側に仕切りあり
    3,080円
    docketstore
  • 商品の画像

    THE CUTTING MAT A3

    カッティングマットは多くのクリエイターに愛用されています。 しかしそれ自体は、従来通りの事務用品のイメージが強く、モノづくりをする人達=モノに対するこだわりが強い人達を満足させられる商品がないというのが現状です。 そこで確かな機能性はもちろんのこと、クリエイターがこだわる空間にも違和感なくなじむ審美性を併せ持った、長年に渡って愛されるカッティングマットの定番品を目指し開発にあたりました。 主張が強かったマス目線をやめ、小さなドットに置き換えました。 1cm間隔で配置し(5cm間隔では線状のドット)コントラストを抑えたグレーでプリントしました。 また、現在多く使用されているデスクに合わせて、角の形状(角R)を従来よりもなるべく小さくしました。A3サイズ以下はR1(半径1mm)、A2サイズ以上はR3(半径3mm)です。 カラーに関しては、空間との調和を考えモノトーンで統一しています。 機能面においても、再生材を含まない収縮度の高いバージンPVC(塩ビ)を表裏のカット面に採用することでカッターなどでカットされた切跡が自ら収縮し目立たなくなります。 また、表面素材の軟質塩化ビニール2層で、芯材である硬質塩化ビニールを挟んで貼り合わせることにより反りが起こらない構造になっています。 Size/ A3(450x300) Color/ Black / White
    1,980円
    docketstore
  • もっとみる
固定された記事

唇よ、その偏愛を熱く語れ。 3日間で200人の来場者が「熱狂した店主のセレクト文具」をみにきてくれた話

初めての東京進出、しかも『元とんかつ屋』で、小さな文具屋がイベントをする。 そんな突拍子もない話を聞いたら、そんなのうまくいくわけないと思う人がほとんどだろう。…

いい仕事は「整う道具」から Go Andoさんの実践例に目からウロコが落ちた話

育ってきた環境が違うからすれ違いは否めない。 そんな歌詞をふと日常で思い出してしまうくらいには、人の数だけいろんな考え方がある。 それでコミュニケーションがうま…

  • ドケットストア note用プロモーションビデオ

小さな文具屋が元とんかつ屋から六本木でのポップアップへGOすることになった話

初めての東京でのポップアップイベントを「元とんかつ屋」でやった。 こう振り返って言葉にするだけでもよくわからないけれどホントのことだ。 小さな文具屋の初めての東…

3WAYバッグの理想形 BLACKEMBER FORGEを11ヶ月紹介しなかったワケ

「連絡をもらえて嬉しいよ! 日本の代理店に取り扱いOKと伝えとくね!」 そんな陽気なメールがアメリカのサンフランシスコから届いた時、思わずガッツポーズをした。 メ…

お店の備品にこだわっていたら、業界で最も重厚感のある「プライス」を作ってしまった話

「山下さん。プライスの文字ってかっこよくできませんか?」 そんな言葉をツイッター上でアパレルメーカーの方からかけられて、真っ先に「なぜ私にきくんですか?」と反射…

求む! あなたの「偏愛文具」 今週末はオンラインとオフラインで「#偏愛文具展」を開催します!!

「どっちかというとニッチですよね」 そう言われてハッとすることがある。 もちろん指摘した人には悪意はない。 むしろ、ニヤリと嬉しそうな顔で言葉を投げかけてくる。 …