山下義弘/ドケットストア店主

docket store(ドケットストア)店主。文具と収納用品のセレクトを中心としたお店を大阪府箕面市で2018年にスタート。スマホカメラでの紙もの撮影を快適にする『レシートスキャンボード』など、オリジナルアイテムも展開する一人文具メーカー。マツコの知らない世界に出たい。

山下義弘/ドケットストア店主

docket store(ドケットストア)店主。文具と収納用品のセレクトを中心としたお店を大阪府箕面市で2018年にスタート。スマホカメラでの紙もの撮影を快適にする『レシートスキャンボード』など、オリジナルアイテムも展開する一人文具メーカー。マツコの知らない世界に出たい。

マガジン

  • #お店 記事まとめ

    • 2,221本

    思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。

  • 山下義弘商店

    お店で売ってるもの、売ってないものだけど気に入ってるもの。熱量をもって書き綴っています。

  • DOCKET STORE イベントまとめ

    DOCKET STOREの参加・開催してきたイベントをまとめています

ストア

  • 商品の画像

    SOGU PAPER SERVER A4

    A4サイズのコピー用紙をピッタリと揃えて設置できるトレーです。 新品のコピー用紙はもちろん、裏紙が裏紙とは思えないほどに美しい、創造の道具に見えてきます。 およそ100枚が収納可能となっています。 入数:1個 材質:スチール 生産国:日本 サイズ:製品 W299mm H14 mm D212mm     パッケージ W351mm H19mm D216mm 【注意事項】 ●お子様の手の届く場所での使用、保管はしないでください。 ●逆さにしたり、積み重ねて使用しないでください。 ●紙を置く以外の用途には使用しないでください。 【サイズについて】 用紙の端部が揃うことを目標にしております性質上 A判用紙規格サイズに対してギリギリのサイズで設計、製造しております。 ご購入の際にはお手持ちのA判用紙のサイズが 下記規格寸法から各辺で0.3mm以上大きくないことをご確認ください。 A4:297.0×210.0 / A3:420.0×297.0 (mm) noteにて商品の詳細な説明も掲載しております。 ぜひあわせて御覧ください https://note.com/tyari/n/n1d13e3f6850d
    3,960円
    docketstore
  • 商品の画像

    COB SUPER FLASH LIGHT

    小型なのに、とてつもない明るさを誇るLEDライトが更にパワーアップを遂げました 前モデル同様に電源ボタンを押すと、とてつもない光が発せられるので、直接ライトを見ないように気をつける必要があるくらいに強い光を放ちます。 ライトの明るさも500ルーメンから600ルーメンへとパワーアップ! カラビナ部分も取り付けやすいように仕様が変更され、防水仕様[保護等級IP65]で雨や埃に強くなりました 【本体サイズ】 W45×D24×H72mm 【重量】 約45g 【電球】 6W LED(設計寿命4万時間) 【内蔵電池】 リチウムイオン電池 3.7V/500mAh 充放電サイクル・500回 充電時間・2時間 USB端子・Type-C 【付属品】 USBケーブル(充電用)約25cm×1 ※USB充電器は付属しておりません。
    2,970円
    docketstore

ウィジェット

記事一覧

固定された記事

スマホが当たり前の時代だからこそ、「令和の電話台」を作ってみた話

「今、孫が遊びに来とるんよ」 小学生の頃から、頻繁に通った祖母の家の景色をいまだに思い出す。 神戸の山の方にあった祖母の家は、電車とバスを乗り継いで自宅から1時…

「業務用のスチール棚」が好きなあなたへ。 PAPER RACKを部屋に置くとたまらんぞという話

業務用ってかっこいい。 プロが使うことを考えて作られた道具には、迫力がある。 飾り気なく効率を考えて作られたシンプルなプラスチックケースは、インテリアとしても秀…

2022年も無軌道に。 2023年は参道から

気がつけば大晦日。 小売で働いていると、人が休んでいる時に働く生活リズムが染み付いてしまって、つい今年最後の日もお店で出荷作業に明け暮れていました。 ドケットス…

「なぜお店を始めたの?」という問いが、改めて突きつけられた話

「インターネットでやった方が効率的でしょ」 場所を借りて、棚や備品を揃えてリアル店舗を構えていると、そんなことも言われる。 家賃もかかるし、暇な日だってある。 ネ…

作家性がなくても、お店のnoteはそれでいいのだと気づいた話

「転勤しても、会議の議事録はメールで送ってほしい」 会社員として働いていた頃、福岡から仙台というダーツの旅もビックリな長距離転勤を命じられた時に、先輩からそんな…

「作るとか」「売るとか」の現在地を求めて

『ストア』ではなく『ショップ』にしたほうが良かったかも。 今年になって唐突に、お店の名前について悩み始めた私。 そんなことを思い始めたのには理由がある。 たまたま…

ケーブルを美しくデスクに保持するために必要だった「125g」の話

気がつくとケーブルが机から姿を消している。 そんなことは、スマホやデジタルガジェットを使用する誰の身にも平等に訪れる。 机の上にケーブルを整然と置いておくための…

軽トラがお店に変わる未来の箱 「Nibako」に移動販売の新たな可能性を感じた話

やっぱり軽トラの時代が来てるんじゃないか そんなことをずっと今年に入ってから言い続けている。 日本特有の車両である軽トラは、しっかりとした耐久性にコストパフォー…

キーリングで爪を痛めてきた人類への救済 Orbitkey Ring v2がとんでもないぞという話

まだ進化できたのか!! 新しい発想で生まれたアイテムを手にした時、思わず声に出してしまう瞬間が、お店をしていると年に数回ある。 それはこの仕事の醍醐味といっても…

透明な本が開いてくれる「新しい本の在り方」の話

「教科書を見ながらノートに書き込もうとすると本が閉じる!」 学校の宿題をしようとしていて、それだけのことに苛立ちを感じたことが誰しもあるんじゃないだろうか? こ…

「アイデアとかデザインとか」を読んで、地道な試行錯誤を繰り返そうと思った話

「山下さんの好きそうな、かっこいい突っ張り棒が展示会に出てましたよ」 そんな声をかけられたのは、まだ会社勤めだったころだ。 黒くてかっこいい突っ張り棒が、いろん…

「紙だからこそ」できることを突き詰めたカレンダー達のポテンシャルが半端ない話

「スケジュールの管理はもう、スマホでやってるからね」 そんな言葉を年末になるとよく聴く。 それはもちろん、文具屋として毎年スケジュール帳やカレンダーを販売してい…

RENEW2022を訪れて、「地域のデザイン」という言葉から「地域」がなくなる未来を想像した話

福井県でやってる「RENEW」というイベントはすごいらしい。 そんな話をデザインに関わっている複数の知り合いから耳にはしていた。 そんな、劇団四季のオペラ座の怪人の売…

文具屋をはじめて4周年を迎えました

「やってみたらいいじゃないですか」 いまから4年前。 会社で副業の許可をもらった私は、先輩の文具店さんに開業について相談をしていた。その時に言われたのがそんな言…

お店をはじめたいあなたに、「いいお店のつくり方・保存版」をすすめたい話

「こだわりの収納ボックスが集まるお店を始めたいんです」 そんなことを嬉々として話していた4年前の自分が目の前に現れたら、その後に起こるであろう様々な苦労を実例を…

noteで活躍するお店が一同に集まる祭典 「note クリエイターズマーケット」を開催したい 

「実際にここに来るまで、このお店は架空の存在だと疑っていました」 そんな衝撃の一言を、遠方から来られたお客様に言われたことがある。 けれどもそれも無理はない気が…

固定された記事

スマホが当たり前の時代だからこそ、「令和の電話台」を作ってみた話

「今、孫が遊びに来とるんよ」 小学生の頃から、頻繁に通った祖母の家の景色をいまだに思い出す。 神戸の山の方にあった祖母の家は、電車とバスを乗り継いで自宅から1時間半くらい。小学生の自分からすればちょっとした冒険で、たどり着いた祖母の家は昭和の空気そのもの。効くのか怪しいマッサージ機や時代を感じさせる緑色の洗濯機、そして昔ながらの黒電話も鎮座していた。 朝早くに家を出て、たどり着いたらちょっと昼寝をさせてもらうのがだいたいのパターンで、目覚めるとだいたい祖母は電話台の前に座っ

「業務用のスチール棚」が好きなあなたへ。 PAPER RACKを部屋に置くとたまらんぞという話

業務用ってかっこいい。 プロが使うことを考えて作られた道具には、迫力がある。 飾り気なく効率を考えて作られたシンプルなプラスチックケースは、インテリアとしても秀逸。 このごろはロボットが勝手に商品を縦横無尽に持ち運んでいく姿にときめきを抑えられない。 そして、業務用と言われて思い浮かぶのが「業務用のスチール棚」の存在だ。 重たいものを載せてもしっかりと安定して、タフに使えるシェルフにはずっと憧れがある。 でも、業務用というだけあって重たくてでかい。 そんな棚を置くスペース

2022年も無軌道に。 2023年は参道から

気がつけば大晦日。 小売で働いていると、人が休んでいる時に働く生活リズムが染み付いてしまって、つい今年最後の日もお店で出荷作業に明け暮れていました。 ドケットストアという小さな文具屋がこうして続けられるのも、ご注文をいただけるからこそであって、なんとか4年目を終えて5年目に挑むことができること。 改めていつも皆様ありがとうございます。 と、お決まりの挨拶を言っていると1年なにがあったのかを振り返ることなく終わってしまうので、noteを書き始めたわけですが、今年も色々ありま

「なぜお店を始めたの?」という問いが、改めて突きつけられた話

「インターネットでやった方が効率的でしょ」 場所を借りて、棚や備品を揃えてリアル店舗を構えていると、そんなことも言われる。 家賃もかかるし、暇な日だってある。 ネットストアであれば、24時間365日自動で商品を販売することができるんだから、実際にお店という場をもつ必要があるのか??と。 「なぜお店を始めたの?」という質問は、一昔前であれば「商売をするためには必要に決まってるだろ。なんでそんなことを訊くんだ?」というようなものだっただろうけど、新型コロナウイルスの影響下で更

作家性がなくても、お店のnoteはそれでいいのだと気づいた話

「転勤しても、会議の議事録はメールで送ってほしい」 会社員として働いていた頃、福岡から仙台というダーツの旅もビックリな長距離転勤を命じられた時に、先輩からそんな言葉をもらった。 当時、月に一度の会議が開かれると、一部の社員が1日かけて様々な部署から大切な情報をきいて、自分の組織に伝えなければならなかった。 いまであればZOOM等でも十分なのだろうけど、そんな手段もメジャーじゃない頃だったので、そこでのメモはとても重要だった。 ある人は手書きで。 ある人は録音で。 ある人は

「作るとか」「売るとか」の現在地を求めて

『ストア』ではなく『ショップ』にしたほうが良かったかも。 今年になって唐突に、お店の名前について悩み始めた私。 そんなことを思い始めたのには理由がある。 たまたまストアとショップの違いを調べていたら、「ストアは販売専門」「ショップは作ったものを売ったりもする」というのが分かったからだ。 お店を初めて4年が経ち、気がつけばオリジナル商品をメーカーさんと一緒に作ることも多くなってきた。 つまり、うちのお店の「ドケットストア」は「ドケットショップ」の方が正しいのかも知れない。

ケーブルを美しくデスクに保持するために必要だった「125g」の話

気がつくとケーブルが机から姿を消している。 そんなことは、スマホやデジタルガジェットを使用する誰の身にも平等に訪れる。 机の上にケーブルを整然と置いておくためのアイテムは、必要とされ始めて10年ちょっとと言ったところだろうか。 様々なアプローチが取られながらも、まだこれといった答えが見つかっていないようにも感じられる。 そもそもテーブルの上にケーブルを保持しておくためには、テーブルに固定するための機能性が必要となる。 粘着テープで固定したり、マグネットでスチールの部分に取

軽トラがお店に変わる未来の箱 「Nibako」に移動販売の新たな可能性を感じた話

やっぱり軽トラの時代が来てるんじゃないか そんなことをずっと今年に入ってから言い続けている。 日本特有の車両である軽トラは、しっかりとした耐久性にコストパフォーマンスもいい。 今年の3月にHARD CARGOさんという会社のカスタムパーツの数々によってかっこよくなった軽トラを見てしまった時には、「ああ、もう軽トラの時代は来ていたんだ」となんの違和感もなく受け止めてしまった。 ただ、甘かった。 軽トラの時代は、自分が思っている以上にやってきている。 こんな軽トラに感動する

キーリングで爪を痛めてきた人類への救済 Orbitkey Ring v2がとんでもないぞという話

まだ進化できたのか!! 新しい発想で生まれたアイテムを手にした時、思わず声に出してしまう瞬間が、お店をしていると年に数回ある。 それはこの仕事の醍醐味といってもいい瞬間だし、逆に言えばそんな商品ばかり見つかればいいのだけど、なかなか簡単には出会えない。 しかしながら今回ご紹介したいアイテムはすごい。 すでに一度驚かされたことがある分野で、同じメーカーが出してきたアイテムにもう一度驚かされることになったのだ。 しかもその分野が「キーリングに鍵を通す時に爪を傷つけないための

透明な本が開いてくれる「新しい本の在り方」の話

「教科書を見ながらノートに書き込もうとすると本が閉じる!」 学校の宿題をしようとしていて、それだけのことに苛立ちを感じたことが誰しもあるんじゃないだろうか? こうなんというか、背中のかゆいところに手が届かなくて「ムキーッ」と叫んでしまいたくなるような感覚を自分も味わってきた。 結局教科書であれば、開いた状態でグッと体重をのせてあげることで、本に開くクセをつけてあげることができる。 特に教科書のダメージに気を遣うような繊細な性格でもなかったし、学年が上がって新しい教科書が配

「アイデアとかデザインとか」を読んで、地道な試行錯誤を繰り返そうと思った話

「山下さんの好きそうな、かっこいい突っ張り棒が展示会に出てましたよ」 そんな声をかけられたのは、まだ会社勤めだったころだ。 黒くてかっこいい突っ張り棒が、いろんなパーツと組み合わさって家具のように使えてしまう。しかも天井と床を突っ張るという発想には度肝を抜かれた。 その後も雑貨屋さんで気になったアイテムや、ネットで見つけたかっこいいものを見ていると、ひとつの共通点が浮かび上がってきた。 どうも「TENT」という名前のクリエイティブユニットがデザインをしているらしい……と。

「紙だからこそ」できることを突き詰めたカレンダー達のポテンシャルが半端ない話

「スケジュールの管理はもう、スマホでやってるからね」 そんな言葉を年末になるとよく聴く。 それはもちろん、文具屋として毎年スケジュール帳やカレンダーを販売しているからに他ならない。 確かにスマホは便利だ。 そしてグーグルカレンダーだって便利だ。 予定が発生したらすぐに予定を放り込めるし、時間が変われば日時を変更させられる。予定時間の10分前に通知を設定することだって簡単に出来てしまう。 でも、電子書籍がすべての紙の本をなくすことができていないように、紙のスケジュール帳や

RENEW2022を訪れて、「地域のデザイン」という言葉から「地域」がなくなる未来を想像した話

福井県でやってる「RENEW」というイベントはすごいらしい。 そんな話をデザインに関わっている複数の知り合いから耳にはしていた。 そんな、劇団四季のオペラ座の怪人の売り文句みたいな言葉を言われても、疑ってしまう程度には心が荒んでいる。 なにより「すごいらしい」というのは伝聞形式だ。 福井県という立地も、なかなか関西に住んでいて、車などの交通手段をもっていなければなかなか立ち寄る機会も少なかったりする。 でも、そんな「うわさ」は頭のどこかにずっと残っていた。 そんな風に気

文具屋をはじめて4周年を迎えました

「やってみたらいいじゃないですか」 いまから4年前。 会社で副業の許可をもらった私は、先輩の文具店さんに開業について相談をしていた。その時に言われたのがそんな言葉だった。 「やるべきだ!」でも「やめときなさい!」でもなく、「やってみる」。 ある意味中途半端にも見えるその言葉は、改めて自分がお店をやるかどうかの相談を受ける側になった時に、一番適当な言葉だなと思えるぐらいありがたい言葉だった。 簡単には儲からないし、うまくいくこともうまくいかないこともたくさんある。 予想の

お店をはじめたいあなたに、「いいお店のつくり方・保存版」をすすめたい話

「こだわりの収納ボックスが集まるお店を始めたいんです」 そんなことを嬉々として話していた4年前の自分が目の前に現れたら、その後に起こるであろう様々な苦労を実例を用いて説明してあげたい。 それぐらいにはお店の運営にも慣れたし、多少は成長……というか現実を知った気がする。 そんなお店を始める直前に、本屋さんで見つけた本があった。 それが雑誌、IN/SECTS(インセクツ)の「いいお店のつくり方」という特集号だった。 その内容をどれだけ自分が理解できていたかは怪しい。 それで

noteで活躍するお店が一同に集まる祭典 「note クリエイターズマーケット」を開催したい 

「実際にここに来るまで、このお店は架空の存在だと疑っていました」 そんな衝撃の一言を、遠方から来られたお客様に言われたことがある。 けれどもそれも無理はない気がする。 うちのお店は立地が悪い。最寄り駅も遠くてバスに乗らないとたどり着けないため、公共の交通機関を使おうとすると陸の孤島のようになかなかたどり着けない。 更には2018年10月にオープンし、1年ちょっとで新型コロナウイルスの影響下に突入したために、遠方からのご来店も難しい。 noteを活用して、どうにかネット通販