見出し画像

羽田新ルートのポイントと羽田手づくりおむすび

【215むすび】ANA FESTA (羽田空港) 明太子

今まで他人ごとだと思って気にもしていなかったことが、急に自分ごとになってしまうことがある。急に現実に気づかされることもある。
昨日、SNS上にこのような書き込みが増えたらしい。
「飛行機が想像以上にでかくて驚いた」

これは羽田空港発着の航空機の新ルートのことだろう。
羽田空港は3月29日から国際線を含めた大幅な増便のために、これまでの離発着の飛行ルートを混雑する時間帯に新しく見直して運用するとのこと。

2月2日から、実際に航空会社の定期便を使っての飛行確認が始まっていて、その日に、ニュースでも流れたので見た方も多いと思う。
実は飛行確認はその後も続けられていて、昨日2月11日は祝日ということもあって、自宅にいる人が多く、目撃した人が多かったのだろう。

この新ルートについては、賛成と反対の意見がわかれてしまっている。ここでは自分の考えはなるべく入れないようにして、ポイントを整理してみようと思う。

いろいろなサイトをのぞいて見たけれど、よく理解できていない自分みたいな人にも理解しやすいのはここの動画かなあ。


**FNN 3分でわかるキーワード「羽田 新ルート」テスト 騒音は **

画像1

3月29日から運用される新ルート。
千葉県から埼玉県に入り、都心を北から南に縦断するルートをとる。

画像2

外国人観光客のさらなる増加に向けて、国際線の発着便を増やすのが主な目的。

画像3

問題点は、騒音。
渋谷区付近だと約70dB。
これは、工事現場や4車線の幹線道路のイメージ。
(他のサイトを見ていると、落下物や着陸時の角度が厳しい問題もあるらしい)

画像4

騒音対策もいろいろしているらしい。
低騒音機は、着陸費を安くしたり、運用時間は必着頻度の多い時間帯(15時〜19時)に限定するなど。

なるほど。なるほど。わかりやすい。

ちゃんと事実を知って、それぞれが自分ごととして考えていく必要がありそう。

………………

2020年、東京オリンピックもあり、さらに注目が集まる羽田空港。
もちろん、和のアイデンティティフードであるおむすびも注目を浴びるに違いないっ!そこで、ぜひご紹介したいお店を。

羽田空港第2ターミナルの出発ゲートラウンジ内にあるANA FESTA。
ここは、ANA FESTAの中では珍しい、手づくりおむすびを出してくれるお店だ。

画像5

手づくり看板や屋台風の雰囲気も〜

画像6

北海道産の明太子!
これ食べたい!

画像7

空の旅水と一緒に!

画像8

ふんわり結ばれたごはんとつぶつぶめんたいこ。
ごはんの塩気もちょうどいい。
これが、出発前には食べられるなんて、幸せ!

2020年、間違いなく注目が集まる羽田空港と空むすび。

ご馳走たまでした!


別店のANAFESTAの天むすの話もよろしかったら



#日記 #エッセイ #グルメ #おむすび #おにぎり #とは #毎日更新  #1000日チャレンジ  
#買ってよかったもの #cakesコンテスト2020    #空港 #羽田空港 

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ファンベースデザイナー、地域創生プロデューサーなどしてます。 いろいろなコラボしたいです。

今日は、ラッキーデー!
41
ファンベースデザイナー。地方創生プロデューサー。プロモーションプランナー。大きなことから、小さなことまで、動かす力、考える力、叶える力を追究する毎日…
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。