マガジンのカバー画像

読んで書くこと、そして人生とアート

38
読書や文章作成に関する本の感想や、自分なりの読書に対する考えのようなものをまとめていきます。人生とアートを本で語れるようになりたくて。 人間の思考について突き詰めていくと「言語… もっと読む
¥500
運営しているクリエイター

記事一覧

2020年に読んで良かった本

2020年に読んで良かった本

 「振り返り」って、強く印象に残ったものだけを取り上げると薄っぺらくなりがち。そこで、一年で読んだ本を振り返ると、もう一段深い振り返りができますよ。というわけで、2020年に読んだ本を振り返ってみました。(無料で公表するのは恥ずかしいので、あえて有料で。)

 2020年はコミックを除いて79冊を読了。そのうち雑誌を除いて★5つ(最高の1冊!)が9タイトル、★4つ(ぜひまた読みたい)が28タイトル

もっとみる
ありがとうございます!押してくれると思っていました(笑)。
[更新] 引きこもりがちな今こそ、旅に出よう。コミックで。

[更新] 引きこもりがちな今こそ、旅に出よう。コミックで。

【2020年3月20日更新しました】

昨今、なかなか旅に出るのが難しい。ましてや海外旅行は避けた方が良い。そんな訳で、何かと引きこもりがちな2020年の日本の春ですが、春だからこそちょっと旅に出たい気分だったりします。

そんな時にお勧めしたいのが旅行コミック。タイミング良く、くまーるさんの『くまーるの冒険 第1巻 パリ編』がnote版で発売にすることができました。(※)

このコミックでは、く

もっとみる
ありがとうございます!押してくれると思っていました(笑)。
過去に読んだ、未来本を思い返してみる

過去に読んだ、未来本を思い返してみる

 今から10年前、21世紀が10%経過したところで「これからの社会はどうなるんだろう」と思った自分がいた。そして、自分で勝手に「未来について語った本を読んでみる」プロジェクトを5年くらい続けたことがあった。

 あれから10年後の2020年2月11日。東京都文京区で開催された「読書会フェス」に参加した時のこと。

 ある読書会セッションで、なぜか神田昌典さんの『2022――これから10年、活躍でき

もっとみる
ありがとうございます!押してくれると思っていました(笑)。
2019年に読んで良かった本

2019年に読んで良かった本

 2019年も終わりますね。読んだ本で1年を振り返るのも一興かと、実験的に、私が2019年に読んで個人的に気に入った本を紹介してみます。
(無料で公表するのはちょっと恥ずかしいので、あえて有料で。)

 昨年に「2018年に読んで良かった本」をごく一部の人と共有したところ、主観的な内容にも関わらず意外と好評でした。お互いに過去1年で気に入った本を紹介し合うのもなかなか楽しいものでした。というわけで

もっとみる
ありがとうございます!押してくれると思っていました(笑)。
ありがとうございます!押してくれると思っていました(笑)。
ありがとうございます!押してくれると思っていました(笑)。
ありがとうございます!押してくれると思っていました(笑)。
ありがとうございます!押してくれると思っていました(笑)。

このつぶやきを見るにはマガジンを購入する必要があります。

ありがとうございます!押してくれると思っていました(笑)。
ヘーゲルと六ペンス

ヘーゲルと六ペンス

ある視座を与えられると、もう、そう見るのが自然に思えてしまう。それこそが哲学の力であるし、歴史を変えてきた力の源泉とも言える。

この、"哲学の力"を再認識できた本が、竹田青嗣さんの『哲学は資本主義を変えられるか』。ヘーゲル哲学を基本に、近代国家の視座を与えてきた哲学が分かりやすく再構成されている。納得感の高さが「ポスト資本主義は、反資本主義ではない」という主張に説得力を持たせている。

ありがとうございます!押してくれると思っていました(笑)。
ありがとうございます!押してくれると思っていました(笑)。
「一人ではできないことをチームをつくって成し遂げて、その達成感・充実感を味わいたくはないかい?」

「一人ではできないことをチームをつくって成し遂げて、その達成感・充実感を味わいたくはないかい?」

タイトルの質問が相手の仕事観を知る良いリトマス試験紙になると、前回のエントリに書いたところ、ちょっとした反応があった。

https://note.mu/toshimitsuhara/n/n13486dff7e71

タネ明かしすると、質問の回答を分類して仕事観を知ることができる。分類ごとにどのような対応を取るか工夫することにしている。

回答1.「私にはチームを与えられていない」「私は悪くない」

もっとみる
ありがとうございます!押してくれると思っていました(笑)。
ありがとうございます!押してくれると思っていました(笑)。
[読書会]20歳の自分に受けさせたい文章講義(古賀史健)

[読書会]20歳の自分に受けさせたい文章講義(古賀史健)

2019年1月14日に「いわぎく読書会」に参加しました。課題本は『20歳の自分に受けさせたい文章講義(古賀史健)』。以下に読書会メモを共有します。

ありがとうございます!押してくれると思っていました(笑)。