あじさい

発達障害+高度難聴。Xジェンダー。夫(はす様)も発達障害。 境界性パーソナリティ障害を寛解維持。 しっぽがほしい。

あじさい

発達障害+高度難聴。Xジェンダー。夫(はす様)も発達障害。 境界性パーソナリティ障害を寛解維持。 しっぽがほしい。

    最近の記事

    四の五の言わずにやれよ

     境界性パーソナリティ障害寛解維持していると、寛解している人の本・テキストのレビューに「在宅ワークなんて恵まれている」「いい人に巡り会えるなんて恵まれている」とあるのに『ああ・・・』と脱力する。自分も恵まれてる方だから。  恵まれている恵まれていないも、そもそも人ごときがジャッジする事じゃない。病気に振り回されている間、破綻して中途になったとしてもどんだけでも仕事やり続ける。いいパートナーに巡り会うべく自分磨く。病気についての知識つけたりワーク実践する。  四の五の言わず

    スキ
    1
      • 断絶してから母を愛した

        私は病院からの指示が絡んだ境界性パーソナリティ障害寛解維持者。 自分の命がかかった断絶状態で、親との間に行政ロックがかかっている。 母の日の前に非通知着信があった。 母が番号通知していたら、ディスプレイに番号表示されるのくらいは見るのに。番号拒否はしていない。 出られないような事をされた・・ 境界性パーソナリティ障害の症状がガンガン出ていた頃、確かに私は母を愛していた。頼っていた。 今も、関われなくなったから愛している。 境界性パーソナリティ障害も発達障害も何も知らないし

        スキ
        1
        • 百合っぷる夫婦

           私は女性として扱われるのが苦痛だ。性自認は女でいいかもしれないが、ジェンダー観男性より、性表現クロスドレッサー、性的指向はパンセクシャル・・・とシス女性と相容れないところがある。これはこれで、なんでこんなに専門用語を使うのか、存在するのか、幼少期から違和感を感じてこなきゃいけなかったのか、傷ついてこなきゃいけなかったのか、自分にもやもやうだうだする。  加えて発達障害の傾向と幼少期の母親からのトラウマ由来で、感情の起伏が激しく早口の女性が苦手だ。怖いと思っている。パニック

          • 流れゆく途中

             難聴のこと 元々の聴力が回復しつつある。補聴器なしで人と会話する事が可能な時がある。波がある。30dBくらいなのではないか?左耳につけていた高度難聴用補聴器を装用すると、騒音で痛むかと危ぶむ。難聴だったことは変わらない、元の発達障害ー脳の聴く・話す回路に故障があるタイプであることも変わらないのだが、店員さんとやり取りする時に、「聞こえている」自分に違和感を感じる。これって自分だったっけ。「がんばって聞き取っている」自分が損なわれていく。  パートナーのこと 愛着障害を

            スキ
            5
            • 元々の聴力が回復してきている。 波があるけれど、補聴器なしで会話ができるときがある。 人生初体験。

              • 1年半の育児と諸々のメモ

                つきあってる間はハラの中で 入籍してから旧住所にいる間 夫は赤子で ここ2〜3ヶ月がやっと幼児 赤子状態…365日24時間べっちゃりという時も多かった。計画支援でどうにかなるレベルじゃないしそもそも心の事を計画してどうすんだよ 私の母の加害行為・・再発に依存されている、身体的に一度死んでいるので私の再発は死を意味する、医者の指示で親に住所を知られる毎に引っ越しを検討するほど人命の危機に晒されている状態らしい。半年前に知られてしまったので、また人命の危機に晒されてしまい

                スキ
                1
                • 治ってはいない(個人の感想です)

                  私は境界性パーソナリティ障害を寛解維持、はす様は反社会性パーソナリティ障害を寛解維持している。 私のパートナーがはす様になって4年を経過した。互いが愛着基地となっている。治ってはいない。しかし独身時代の激しい感情表出・問題行動を思えば、今の感情や行動は目くじらを立てるほどではない。『その人らしい』のうちになってきた。 互いの表面的行動に振り回されず、何が本質にあるのか観察し見極める。外傷的育ち・トラウマ・発達障害について知識を深める。寄り添う。揺らいだらいい。悲しんで、苦

                  スキ
                  4
                  • おばあちゃんの編み物

                    小学生の頃、欲しいものは無尽蔵にあった。 遅く帰宅する両親とはすれ違いの生活で、日中の家での時間のほとんどを祖父母に見てもらって育った。 承認を得ねばならないこと、必要なものは親に言わねばならなかったが、『平日はいつもイライラしていて夜だけ一緒にいなければならない、休日だけバカに機嫌よくお出かけに連れて行く母親とゆー大きなヒト』となかなか関係がうまく保てなかった。 ついつい連絡しそびれ、機嫌を損ねた大きなヒトに『おばあちゃんみたいなあんたなんかいらないっ!』と大きなヒト

                    スキ
                    1
                    • 寒々とした日記

                      お久しぶりー うつ状態になりはす様に追い打ちをかけられ危機に瀕したりしてた 機能不全家庭育ちで、DVの連鎖を繰り返す人を想像した 喜怒哀楽で、自家発電できるのが怒と哀のみで 喜と楽はほぼ他者に頼るしかない その理由に想起されるのが、幼い頃に家族と全く愛着形成できていない事 家族を喜ばせた事も喜ばれた事もない また楽しませた事も楽しんでもらった事もない 誰とも高等な感情「笑う」がほとんどない 結果家族を怒らせる事、嫌がらせる事しかできない 家族の関係を支配関

                      スキ
                      3
                      • 日記

                        場面緘黙が出たり引っ込んだり 相変わらず私の場合は家族や親しい人の前で声が出ない 朝から身体が重たい痛い 継続服薬してる薬もなくなってきたから辛い 受診したら主人も呼ばれる カサンドラに近いかな 主人と共依存状態なのが状態悪化に拍車をかけている 精神科通院してるのを知ってるのに病院代出さない 意欲が出ない 気力も出ない 楽しい事に手がつけられない 殺す気か つか、生活費出さない 私の通帳はすっからかん 主人の収入はそっくり通帳にあるのに使えない謎の状態 二人とも発

                        スキ
                        5
                        • 根から抽出

                          前回の続き 薬草の処理で根から薬効成分を出す方法って ・干す ・時間を置く ・冷す ・焼く ・刻む ・叩く ・すり下ろす ・炙る ・炒る ・煎じる ・漬ける ・蒸す ・煮詰める …だいたい合わせ技 植物という友達に何て事を!と思わんでもないが、性悪説の人間なので ガリガリと ジョリジョリと ジリジリと ブスブスと カラッカラッに コナゴナと 処理して薬効成分を頂きます (塗布したり嗅いだりも) 拷問もそう。 問題が起こったらその時の咎人に痛い苦しい事を何日もして

                          スキ
                          2
                          • 掘り掘り

                            天理教の話。苦手な人はスルー 154 神が連れて帰るのや  教祖の仰せに、  「巡査の来るのは、神が連れて帰るのや。警察へ行くのも、神が連れて行くのや。」  「この所に喧しく止めに来るのは、結構なる宝を土中に埋めてあるのを、掘り出しに来るようなものである。」 「巡査が止めに来るのやない。神が連れて帰るのである。」 と。 巡査も真面目に親の話を聞きにくる我が子で、別の所にて仔細に何度も、書記してまで聞く。 熱心。信心した巡査もいる。 教祖にとってはわからぬ子の所に泊

                            スキ
                            4
                            • 言葉は不自由

                              天候で左右される幸せ 幸せの沸点が低いと自覚している。梅雨の晴れ間に洗濯物をパリッと干す事ができる、季節の果物;今ならビワが成っていると感動する。ずるずる雨の日が続くとどよんとする。 調子が気圧や潮の干潮、月の満ち欠けにも左右されるので、いかなガジェットを使っていても自然に住まわせてもらっている身なのだと再認識する。 人間は窮屈 人間同士の苦しさに溺れる事は多い。関係性がうまく構築できないし維持できない。幼少期から家族でも友達同士でもはみ子。そうでなくても情報過多の世

                              スキ
                              1
                              • まわる、かわる

                                ハギレがたまる 手芸が趣味だとハギレがたまる。作品を作った後の切れ端、作ろうと思ったけれど途中で方向転換して手つかずになった布、服を買ったときに付いてきた補修布。 ストックが無尽蔵にできる。 手触りのいい布が好き 触覚過敏を持って、うっかり手触りアタリの貴重なシャツを汚してしまうことがままある。少々の汚れならそのまま着続ける。ただまあファストファッションの汚れたり破れたりした物を着続けると「それはどうかと」と自分でも思ってくる。 古布、お繕いの世界 手芸本のコーナ

                                スキ
                                3
                                • 健常という障害

                                  障害者でなかった事がない 生まれつき聴覚障害を有している。「聞こえないと不便でしょう」と言われるが、受動的に聞こえていたことが全く以てない。スイッチ一つで無音の世界と、デジタル処理されてやっと能動的に聴き取ることができる音の世界にしか過ごしていない。これはもう「聞こえると不便だろうなあ」と感じている。 フルセットか単品か 健常というのは「フルセット完動」を示し、均整の取れた動きができる。量産型ジムとか量産型ゲルググとか。障害となると「単品破損」、モビルスーツでいうとカス

                                  スキ
                                  2
                                  • 表型アトピーで、膝や肘、スネや腕の焼ける方など皮膚の固い方にアトピーが出る。ステロイドも保湿剤もガッツリいる。 これも完治するじゃなくて、一生お付き合い系の病気なんだろうけど、表型アトピーって珍しいのかな同じ病型の人に会ったことない。 ヒルドイドを顔に塗るなんて恐ろしい…