トレタのnote

トレタの人や文化について発信しているnoteです。 https://corp.toreta.in

トレタのnote

トレタの人や文化について発信しているnoteです。 https://corp.toreta.in

マガジン

  • 制度・働き方

    制度や働き方についてのnoteのまとめです。

  • カルチャー

    カルチャーについてのnoteまとめです。

  • その他

  • 社内コミュニケーション

    社内コミュニケーションについてのnoteのまとめです。

  • 社員インタビュー

    社員インタビューのnoteまとめです。

最近の記事

  • 固定された記事

トレタ関連のnote/ブログ一覧を一挙ご紹介!

こんにちは。トレタ採用担当の金子です。 実はトレタのnote以外にも、組織や個人でトレタの情報を発信しているブログやnoteがあります。 この記事では、トレタに関連するnoteやブログの紹介をさせていただきますので、ご興味に応じてぜひ読んでみてくださいね。 組織編トレタ開発者ブログ プロダクト開発を担う、エンジニア・PjM、PdMが執筆しているnoteです。毎年アドベントカレンダーの時期には多くのメンバーが振り返りの記事を書くので非常に賑わっています! Creati

    • 特別休暇を利用していざ!宮古島

      初めまして、労務の田﨑です。 はじめてのnoteがこんな浮かれた感じで恐縮です。 特別休暇を利用して、11月に宮古島に行ってきましたのでレポートします。 トレタの特別休暇についてトレタでは様々な特別休暇がありますが、私が今回利用したのは結婚に伴う特別休暇です。 結婚時に5日間付与され、無期限で利用することができます。 私の場合は、2年前に入籍していたものの、コロナの影響で、挙式や新婚旅行などが出来ず特別休暇を取得できずにいました。そのため、無期限で利用できるのは非常にあり

      • 人事がまるごと味わえる!労務リーダーを募集します。

        ※このエントリーは、トレタのアドベントカレンダー2022に参加しています。 こんにちは、トレタの関根です。 トレタでは、先日「労務リーダー」の求人を開始しました。3年ぶりの募集(当時採用されたのが私でした)ということで、本ポストを募集する理由や実務の内容、理想の人物像などについて、詳しくお伝えできればと思います。 求人情報は以下ご参照ください。 これを書いている人は誰?関根と申します。「労務リーダー」として採用された方が配属される「労務チーム」が属する「組織開発部」の

        • リモートメインの会社なのに、オフィスによくいる出社勢の2人に出社の理由を聞いてみた!

          こんにちは、トレタ採用担当の金子です。 トレタでは、リモートメインの働き方が定着しており、フルリモートで働いている社員が大多数を占めています。 そんな中ではありますが、実はオフィスによく出社している社員もいるんです。 今回はよく出社している「出社勢」の2人に、出社のメリットやどんな時に出社を選択しているのか、働き方について聞いてみました! 出社するのは、集中とコミュニケーションのため ---リモートと出社はどのように分けているんですか? 吉岡 明確には決めてないです

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 制度・働き方
          トレタのnote
        • カルチャー
          トレタのnote
        • その他
          トレタのnote
        • 社内コミュニケーション
          トレタのnote
        • 社員インタビュー
          トレタのnote
        • プロダクト開発
          トレタのnote

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          Slackでローストホースの会を企画したら・・・社員16人が集まった!

          こんにちは、トレタ組織開発部担当の進藤です。 完全リモートでなかなか社員の皆さんがリアルで顔を合わせる機会が減ってます。オフィシャルにやるトレタオフ会というのもあるのですが、自発的に実施してみよう、ということで総勢16名でトレタ導入店さんの、広尾のローストホースさんへ行ってきました! ローストホースとは...ご存知の方も多いかと思いますが、広尾にある会員制の馬肉専門店です。馬肉の美味さを生、蒸し、揚げ、焼きなど様々な調理法で引き出してくれます。当社も私含めて会員が4人ほど

          トレタの品質向上を担うQAチームってどんなチームなのか聞いてみました

          (写真左上から) 林 美波 / ハヤシ ミナミ 2016年、株式会社アイセックに入社。出向先にてWebアプリのサーバーサイド開発、家庭用ゲーム機のテスト自動化・CI環境の整備などを務める。2019年5月、株式会社トレタへ入社。iOSアプリ「トレタ」のQAを担当し、現在は「トレタO/X」のQAをメインで担当している。 坂田 航太 / サカタ コウタ 2008年4月、株式会社ビービットに入社。自社開発ソフトウェアの品質保証に6年間従事したのち、テクニカルサポートとして4年間

          居住地を問わないフルリモート採用を始めて2年。組織と働き方の変化は?

          こんにちは、トレタ採用担当の金子です。 2年前の2020年7月、トレタではフルリモート採用を開始しました。 2020年1月以降の新型コロナウイルス感染拡大を機にリモート勤務が定着し、フルリモート勤務でも出社時と変わらないパフォーマンスが発揮できることが実証されたことをきっかけに、居住地を問わずトレタのVISIONに共感してくださる方と一緒に働きたいと思い、フルリモート採用を始めました。 そして2020年9月には、地方在住勤務制度を導入し、既存社員もフルリモート勤務が問題

          コロナ禍で産休育休明けに転職した話

          こんにちは。 今年の5月からトレタのセールス&マーケティング部でカスタマーサクセスを担当している早乙女と申します。 栃木県宇都宮市で2歳の娘と夫の3人家族で暮らしています。27歳、社会人6年目です。 新卒の時に就職と結婚をきっかけにゆかりのないこの土地に移住してきたのですが、程よい田舎で物価も安く、子育てもしやすいので住環境にとても満足しています。 1社目では新卒で家電量販店に就職し販売員をしていました。シフト制で一番遅いシフトだと帰宅が24時を過ぎることも多々あり、

          クレームと嫌がらせの境目はどこにある?カスタマーハラスメント対応方針を策定しました。

          こんにちは、トレタ労務担当の関根です。 トレタでは、過日カスタマーハラスメント対応方針(以下「対応方針」とします)を策定しました。本記事では、その経緯、概要、狙いなどについて、紹介します。 カスタマーハラスメントとは?カスタマーハラスメントとは、その名のとおりcustomer(顧客、取引先)によるharassment(嫌がらせ)をいいます。セクシュアルハラスメント、パワーハラスメント、マタニティハラスメントなどのように嫌がらせの内容による分類とは異なり、当事者間の位置関係

          コミュニケーション活性を目指し、部活動から同好会にリニューアル!

          こんにちは。CEO室のHMです。 トレタは2013年の創業当時から、社員コミュニケーション活性を目的に部活動があり、活動に対して補助金支給もありました。例えば、企業対抗外食麻雀大会の出場を目的とした麻雀部、日々のフィットネス活動を共有する筋肉部、離婚経験者がその経験を語り合う部など、バリエーションもとても豊かでした。 「ありました」と過去形なのは、今年7月に部活動補助制度が廃止となったため。 でも、なくなりませんよ!「同好会補助制度」と名称を変え、より良い制度へと生まれ

          会社の周年祭、こんな手順と工夫ポイントでやりきりました

          こんにちは、CEO室の中山です。 CEO室にはコミュニケーションチームという、社内外とのコミュニケーションを日々突き詰めて考え、実行していくチームがあり、僕はそこのリーダーを担当しております。今回はチームで会社にとって重要なイベントである「周年祭」の旗振り役をすることになりましたので、その準備や企画、少しだけ当日の様子などをお伝えできればと思っております。 周年祭の立ち位置と企画 僕はトレタに入社してまだ2年ほどですが、入社当時はちょうどコロナ禍が始まろうとしたタイミン

          東京の会社にフルリモートで採用された愛知県民の話

          こんにちは。 トレタでマーケティングを担当している西堀です。 東京都五反田に本社オフィスを構えるトレタですが、コロナ禍を機にリモートワークを推奨し、2020年からフルリモート社員採用をおこなっており、現在は本社オフィス通勤圏のみならず日本各地に社員が暮らしています。 今回は、今年の2月にフルリモート社員採用で入社した私が「トレタのリモート勤務」について名古屋のグルメと共にご紹介していきたいと思います。 「フルリモートって、コミュニケーション取りにくくないかな?」 「対面

          トレタのエンジニアリング組織が目指すオーナーシップの実現へ!監視業務体制の構築をしました

          こんにちは、トレタ採用担当の金子です。 トレタのエンジニアリング組織では、8月1日から監視業務体制の制度化と監視業務に従事者への手当を創設しました。 どうして始めたのか?実際どんな仕組みで運用しているのか? このnoteでは施行直前に、社内のエンジニア向けに行われた労務担当主催の説明会の資料を用いながら、詳細の説明をしたいと思います。 監視業務とは?監視業務とは、ネットワークやサーバーが正常に動作しているかどうかを見守る仕事です。 トレタでは、監視ソフトのPager

          1dayでプロダクト開発部採用合宿を開催したよ!

          こんにちは。エンジニア採用担当の小森です。 7月末日の11時〜17時にて、社内会議室で採用活動に関わっているエンジニアと採用担当の私の11名で、プロダクト開発部採用合宿を開催しました!トレタでは半日~1日程度の時間をロックし、対象メンバーで集まってディスカッションをしたり、お昼ごはんを食べたりすることを合宿と呼んでいます。今回はその開催内容についてお伝えしたいと思います。 なぜ開催したのか①下期に向けてやるべきことの整理、要件の目線合わせをしたい トレタでは、ちょうど7月か

          2年半、企業noteを運営する中での課題と変化、採用への効果を振り返る

          こんにちは、トレタ採用担当の金子です。 はやいもので「トレタのnote」を始めてから、気づけば2年半が経過していました。 これまで振り返るタイミングがあまりなかったので、運営チームの振り返りのためにも一度記事としてまとめておこうと思います。 noteをはじめたきっかけこのnoteをはじめる以前、社内にはトレタブログというオウンドメディアがありました。しかし、私が入社した当時は担当者が不在となっており、更新が停止してしまっている状態でした。 その一方で、「トレタ30って

          すでに2年間続いている「社内ラジオ」の音源を初公開します!!

          こんにちは!CEO室の中山のりおです。 トレタでは「経営層の意図が社員に届きにくくなっている」という社内課題解決のため、CEOの中村をメインパーソナリティに、毎週水曜日のランタイムに「週刊ひとし」という社内ラジオを放送しています。このラジオについては昨年末に公開し好評いただいた記事「リモートワークの中、1年間の社内ラジオを通じて見えてきたもの」にてお伝えしました。 実はこちら、記事公開後に「どういう放送なのかを聞いてみたい」という声をいくつかいただきました。そこで、今回は