黒澤 友貴

マーケティングトレース主宰/ブランディングテクノロジー(株)CMO/書いた本:マーケテ…

黒澤 友貴

マーケティングトレース主宰/ブランディングテクノロジー(株)CMO/書いた本:マーケティング思考力トレーニング(フォレスト出版) /趣味:北欧フィールドワーク🇩🇰

メンバーシップに加入する

マーケティングトレースのnoteメンバーシップコミュニティです。 マーケティング思考を深めたい、少し違う角度からマーケティングやブランドを捉え直したい、などと考えている方向けのコミュニティです。 ■メンバーシッププランの内容 1. マーケティング思考力トレーニングnote(月額800円)の過去記事を全て読むことができます。 2. マーケティングやブランディングのプロジェクトの裏側や、プロジェクトでの学びを発信 3. イベントや他メディアへの寄稿記事などの裏話共有 基本は週1回のペース(カジュアル共有はもう少し頻度高く)でマーケティングやブランディングの可能性を探り、実践で活かすヒントを共有していきます。

  • スタンダードプラン

    ¥1,500 / 月

マガジン

  • マーケティング思考力トレーニングnote

    マーケティングやブランディングの可能性を考える記事を月4~6本、週1回ペースで発信します。 [発信していく内容] ①面白いブランドのマーケティングトレース ②マーケティングやブランディングに関するニュースの深掘り ③マーケティングやブランディングの実践におけるヒント ④企画しているプロジェクトの裏側 [マガジンとメンバーシッププランの違い] ■マガジン ・月800円 ・登録日以降の有料note閲覧可能 ■メンバーシッププラン ・月1,500円 ・全有料note記事が閲覧可能 ・Slackでメンバーシップ登録者同士のコミュニケーション可能 ・限定イベントに参加可能 過去記事を全て読みたい+イベント参加などコミュニティ内での交流を希望される方はメンバーシッププランに入っていただくことがお勧めです。 https://note.com/tomokikurosawa/membership

  • 日経COMEMO

    • 13,157本

    日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

  • #マーケティング 記事まとめ

    • 1,368本

    #マーケティングのタグがついた記事を中心に、マーケティングに関する理論や実践についての記事をまとめていきます。

  • 黒澤友貴の日報

    マーケティングの仕事をしたり、NPOの仕事をしたり、北欧に視察へ行ったり…領域を越境しながら生きている中での学び・発見を書いたことのまとめマガジン

  • マーケティングトレース/マーケターの筋トレ

    マーケティングトレースに関する記事をまとめたマガジンです。マーケティング思考力を磨くためのヒントとなるnote記事を集めて発信していきます。Facebookグループではイベント情報や、関連情報を共有しております。 https://www.facebook.com/groups/170199097028005/

最近の記事

  • 固定された記事

マーケティングにシステム思考の考え方を持ち込む実験

態度変容モデル、ナーチャリング、刈り取り… 全ての言葉が、あまり好きではない。 なぜ顧客を"都合良く"動かす発想になってしまうのだろう? この問いに答えるために、最近はシステム思考を学んでいます。 マーケティングをフローではなくシステムで考える可能性を探っていることを今月のnoteでも書きました。 さらに試行錯誤をする中で見えてきたことがあるので、皆さんと共有ができればと思います。 最初に:システム思考とは?最初に言葉の認識だけ合わせをさせてください。 システム思

    • 東北の伝統工芸「こけし」の価値をマーケティング視点で考えてみる

      最近は、こけしの価値に注目しています。 みなさん「こけし」にどのようなイメージをお持ちですか? 自分は、 祖父母の家にあった置き物… のようなイメージでした。 そこまで良いイメージがあったわけではない「こけし」だったのですが、 こけしの名産地である福島県の土湯温泉でプロジェクトに関わっている中で 「こけしの価値はもっと高められるのでは?」 と感じるようになりました。 新・ラグジュアリー視点で捉えるこけしこれから求められるブランドとは何か?を考える上で参考にしているの

      • 自分の常識を捨てるためにフィールドノートの技法を学ぼう

        マーケティングリサーチで大切にしたい態度がまとまっている記事を、日経クロストレンドの連載で見つけました。 赤ちゃん向けの玩具を開発するピープル株式会社が運営する「ピープル赤ちゃん研究所」という、赤ちゃんの行動観察を行う専門組織の取り組みが紹介されていました。 研究所のコンセプトが素敵です。 記事の中で、このような行動観察の「心得」が紹介されていました。 調査前に決めつけていないか?私も、普段の仕事で行動観察(エスノグラフィーと呼ばれるもの)をプロジェクトで取り組むこと

        • 自社資源を再解釈してアイデアやコンセプトをつくる考え方

          ジェームス・W・ヤング著「アイデアのつくり方」に書かれている有名な法則です。 アイデアのつくり方を読み返す中で、 「既存の要素を組み合わせるポイント」が自分なりに整理ができてきました。 その図がこちらです。 特定のブランド事例を読み解きながら整理してみましょう。 ニューバランス・990 ナイキやアディダスなどの強い競合が存在するシューズカテゴリーにおいて、売上・市場シェアを順調に伸ばしているのがニューバランスです。 2023の売上高は、年度比で23%急増し65億米

        • 固定された記事

        マーケティングにシステム思考の考え方を持ち込む実験

        マガジン

        • マーケティング思考力トレーニングnote
          ¥800 / 月
        • 日経COMEMO
          13,157本
        • #マーケティング 記事まとめ
          1,368本
        • 黒澤友貴の日報
          434本
        • マーケティングトレース/マーケターの筋トレ
          598本
        • ブランディング
          216本

        メンバーシップ

        • noteメンバーシッププランの概要

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【イベントスライド共有】小さいのに大きな変化をつくれる国デンマークから学ぶ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【読書会の告知】2月15日(木)20時半~「スマホ時代の哲学 失われた孤独をめぐる冒険」

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 2月10日(土)14時~プチイベント「任天堂トレース会」やります

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • noteメンバーシッププランの概要

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【イベントスライド共有】小さいのに大きな変化をつくれる国デンマークから学ぶ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【読書会の告知】2月15日(木)20時半~「スマホ時代の哲学 失われた孤独をめぐる冒険」

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 2月10日(土)14時~プチイベント「任天堂トレース会」やります

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

          chocoZAPの新市場を創るマーケティング戦略からの学び

          「スタンダードプラン」に参加すると最後まで読めます

          RIZAPグループの決算説明資料を読んでいたら、コンビニジムのカテゴリーをつくり出している「chocoZAP」がものすごい成長していることを知りました。 会員数は55万人(2023年5月15日時点)。「年商200億円規模」(5月の決算説明会より)を稼ぎ出すビジネスに急成長していました。 年内には、エニタイムフィットネスやカーブスなどの先行プレイヤーを追い抜き予測も出ています。 急拡大する事業の裏側にあるマーケティング戦略のポイントを整理してみると学びが多かったです…

          chocoZAPの新市場を創るマーケティング戦略からの学び

          大切な企画アイデアを「反対勢力」に潰されないために

          「スタンダードプラン」に参加すると最後まで読めます

          なんで、自分がめちゃくちゃ面白いと感じた企画・アイデアが組織につぶされないといけないのか… この悩みはアイデアや企画を考えるのが好きな人であれば、一度は感じたことがあるのではないでしょうか? 受け入れてもらえずに悔しい… そして、悔しさを感じて次にとる行動が、 ・もっとアイデアを面白くしよう ・もっと面白さを伝える工夫をしよう だと思います… しかし、この発想の根底が間違っていることを気づかせてくれる本に出会いました。 「変化を嫌う人」を動かすこの本の内容を簡単にま

          大切な企画アイデアを「反対勢力」に潰されないために

          戦略を、実行できる組織、できない組織。

          「スタンダードプラン」に参加すると最後まで読めます

          マーケティングの一番の難しさは、組織を動かすこと。 戦略を描くことより、戦略を浸透させることが難しい。 成長している組織は、社内マーケティング(インターナルマーケティングと呼ばれるもの)が上手だと感じています。 その典型例がメルカリです。 戦略が実行できる組織とできない組織の違いは何なのか… ということを考えている中で、ドンピシャな書籍を発見しました。 (タイトルがそのまま!) この書籍の中で、実行力を高めるためには4つの規律をつくることが推奨されています。 図解

          戦略を、実行できる組織、できない組織。

          個人SNS運用は「量」と「質」をコントロールする-個の時代と言われる中での発信作法-

          「スタンダードプラン」に参加すると最後まで読めます

          最近、組織の中で「個人SNS活用」を推奨する動きが当たり前になってきていますね。 環境が変わっているので、当たり前と言えば当たり前の変化ですよね。 個人SNS運用は、リスクではなく「必要だからやるべきこと」に変わってきています。 よくいただく質問このようなご質問頂く機会も増えてきたので、個人におけるSNS運用ポイントをまとめました。 個人SNS運用で成果を出すために「発信の量」と「発信の質」の2つをコントロールするをテーマに解説していきます。 1. 何よりも「量」が

          個人SNS運用は「量」と「質」をコントロールする-個の時代と言われる中での発信作法-

        記事

          チキンラーメンのブランディングトレース-「カラー・形・パターンの工夫」が選ばれる続ける理由になる

          みんな大好き、国民食と言っても良いであろう「チキンラーメン」 今日は、チキンラーメンには強いブランドとは何かを学ぶ要素が詰まっていることについて書きたいと思います。 最初に、チキンラーメンのブランド構造をトレースした全体像をご紹介します。

          チキンラーメンのブランディングトレース-「カラー・形・パターンの工夫」が選ばれる続ける理由になる

          生成AIをマーケティング実務に活かすプロンプト作成とは?

          これは、毎日のように考えている問いです。 今日は、この問いに対する自分の考えていることを書いていきたいと思います。 プロンプトは常に5つの視点で記述する生成AIを有効活用ためのプロンプト術は様々なところで語られていますが、抑えるべきポイントは「5つの視点で記述すること」だと考えています。 この5つです。 Goal:目的は何か? Context:背景は何か? Frame:考える枠組みは何を使うか? Output format:アウトプット形式は? Input:

          生成AIをマーケティング実務に活かすプロンプト作成とは?

          マーケターは、耳が痛い意見を集めること

          マーケティングの仕事で一番危険なのは「都合の良い意見」を集めてしまうことだと考えています。 ユーザーインタビュー、データ分析が「合意形成のための材料集め」になっている状態は陥りがちなので気を付けるようにしています。 では、具体的にどうすれば良いのか? 厳しい意見に強制的に耳を傾けるためには、2つの方法があると考えています。 カテゴリーが嫌いな人にインタビューをする ブランドが嫌いな人(離反ユーザーや競合利用ユーザー)にインタビュ0をする 5セグマップで図解すると、

          マーケターは、耳が痛い意見を集めること

          ドーミインの何が顧客を幸福にしているのか?ウェルビーイング因子と顧客体験の関係性

          日経クロストレンドの連載:新指標「顧客幸福度」ランキング2024 この中で、ドーミインがビジネスホテル業界トップのスコアになっているとありました。 ドーミインのサービスレベルが、ビジネスホテルの一般基準より高いな… とは、宿泊したことがある人であれば実感されている人が多いのではないでしょうか。 自分も出張時は、8割以上ドーミインに宿泊します。 ドーミインの体験エピソードを読むと、改めて凄さがわかります。 これらの体験のどこにウェルビーイングとの関係性があるのかを考え

          ドーミインの何が顧客を幸福にしているのか?ウェルビーイング因子と顧客体験の関係性

          新しい市場・文化をつくる4つの視点

          これらは、多くのマーケティングに関わる人が向き合っている問いではないでしょうか? 自分自身も、マーケティングの仕事を通じて新しい文化をつくることをテーマとして働いています。 文化づくりとは何のことなのか?しかし、文化づくりという表現を使うと、数字でとらえることも難しく曖昧さが残ってしまいます・ 具体的にどんなプロセスで考えると良いのかを教えてくれる愛読書があり、改めて読み返しています。 「新しい市場のつくりかた」です。 新しいアイデアを社会・市場に定着させる4視点「

          新しい市場・文化をつくる4つの視点

          話題の経営ゲーム「Coffee Inc 2」から学ぶ、自分の欲しい・理想を追求するからこそ生まれる優位性

          濃すぎる経営ゲームと話題の「Coffee Inc 2」の裏側が面白く、学びに溢れていました。 自分も遊んでみたのですが、本当にこのゲームひとりで開発したのですが… と驚くレベルです。 逆に考えると、ひとりでこだわり抜いて開発したからこそ生まれた体験なのかもしれないとも考えています。 自分がやりたいゲームを追求したからこそよくマーケットイン発想が大切だと言われます。市場や顧客のニーズから逆算をして戦略をつくることは、もちろん大切です。 しかし、中途半端な市場調査が、一見

          話題の経営ゲーム「Coffee Inc 2」から学ぶ、自分の欲しい・理想を追求するからこそ生まれる優位性

          マーケティングのジレンマを乗り越える

          最近、マーケティングのジレンマについて考えています。 マーケティングのジレンマとは何か?差別化・独自性を強化するために、 市場・競合を分析し、データと睨めっこし、組織内で合意形成など、 一生懸命に努力をする中で… あれ、いつの間にか「他と一緒」になってしまう… このような事象を「マーケティングのジレンマ」と表現しています。 良かれと思ってマーケターが取り組んだことが… 具体的には、 ・フレームワーク分析 ・データ分析 ・ユーザーインタビュー etc こ

          マーケティングのジレンマを乗り越える

          デンマークの強さの裏側を探る

          最近よくフィールドワークで訪れている国デンマーク。 2022年11月、2023年6月、2024年1月と3回訪れました。 デンマーク🇩🇰フィールドワークの学びを文章にまとめておきたいと思います。 デンマークはどんな国?・16時にみんな帰宅する ・幸福度が高い ・産業競争力ランキングでも1位 など、すごい国だと日本でも紹介されることが増えてきています。 最近、こちらの書籍「デンマーク人はなぜ4時に帰っても成果を出せるのか」が話題になっていますね。 デンマークの何がすご

          デンマークの強さの裏側を探る

          ブランドの歴史は価値に変わるのか?

          ヒストリカル・ブランディング 脱コモディティ化の地域ブランド論 を読みながら「ブランドの歴史」をどのように解釈し、戦略的に活用できるかを考えています。 ヒストリカル・ブランディングの書籍に書かれている内容を要約します。 この2つがポイントだと整理しています。 図解して、ヒストリカル・ブランディングの全体像を整理してみました。 ブランドの歴史を再解釈して、顧客にとって新しい意味を創ること =脱コモディティ化(他と同じ状態から抜け出すこと)につながる思考を整理できました。

          ブランドの歴史は価値に変わるのか?

          欧州の「修理する権利」から考えるブランド体験づくりの変化

          EUの「修理する権利」の法改正は、ブランド体験設計に大きく関わってくる変化だと考えています。 前提のルールが変わっている先月に欧州を回ってみて、ブランド体験をつくる前提ルールが変わってきているので、生活者の行動も変わってきていると感じました。 そのわかりやすい例が「修理体験」です。 EUの法改正にある「独立した修理業者が修理しやすい環境をつくる」が義務付けられると、 ・消費の素材選び ・保証期間やアフターサポートの仕組み などを根底から見直す必要が出てきます。 修理の

          欧州の「修理する権利」から考えるブランド体験づくりの変化

          マーケティング発想で公共トイレを捉え直す

          日本が世界に誇れるものは何か? 最近に海外に行く機会が増えてきて、考えることが増えてきた問いです。 日本の公共トイレは世界一では?日本には多くの誇れるものがありますが、これは間違いないと感じているのが「公共トイレ」です。 無料で、綺麗で、しかも建築までこだわっている公共トイレがあるなんて、おそらく日本だけではないでしょうか。 パリを訪れた時は、とにかくトイレの数が少なくて、やっとたどり着いた百貨店のトイレは有料で…とどれだけ日本が恵まれているかを身体で理解してきました

          マーケティング発想で公共トイレを捉え直す

          「市場を俯瞰して捉える」とは何かの整理

          プロジェクトの中で「市場を俯瞰して捉えるの得意ですよね」と褒めていただける機会がありました。 (褒めてもらえたのか、抽象度が高いからもっと具体的に、と指摘いただいたのかの真意は確認していません) さて、マーケティングの仕事をする上で、市場を俯瞰してみる、つまり社会トレンドや顧客ニーズの変化などの大きな流れを掴むことの大切さはよく語られます。 しかし、 どうやって大きな流れを掴むの? どの順番で考えるとよいの? が曖昧になりやすいと感じています。 サボってはいけないと思

          「市場を俯瞰して捉える」とは何かの整理