見出し画像

個人SNS運用は「量」と「質」をコントロールする-個の時代と言われる中での発信作法-

最近、組織の中で「個人SNS活用」を推奨する動きが当たり前になってきていますね。

働き方の変化
副業やリモートワーク推奨

コミュニケーションのデジタル化
スマホ×SNSがコミュニケーションの主流に

環境が変わっているので、当たり前と言えば当たり前の変化ですよね。

個人SNS運用は、リスクから必要に迫られてやるべきことに変わってきています。

SNS運用のポイント教えてください。

ありがたいことに、ご質問頂く機会も増えてきたので、自分が考えているSNS運用のポイントをまとめました。

何かしらのヒントにして頂けたら嬉しいです!

個人SNS運用で成果を出すために「量」と「質」の2つをコントロールするをテーマに解説していきます。

画像4

①「」特定のプラットフォームに自分の時間とコンテンツを集中投資する

量が大切なのは誰もが言うことですが改めて。

「量」が大事です。

自分がやってきたこと
・noteに毎日投稿し続ける
・NewsPicksに朝、昼、夕方に毎回Pickする
・毎日Twitterでマーケティング関連情報を発信する

プラットフォームの思想を理解するためにドップリと浸かること。本当にこのSNSがないと自分の生活が成り立たない・・と思うくらい好きになって使ってみる浸かってみることです。

ポイント
特定のプラットフォームに
自分の時間とコンテンツを
集中投資する

アパレルD2CのCOHINAはInstagramを365日毎日投稿することでファンを獲得しています。

本当に日々、地道にコンテンツを投稿し続けてたら増えていました。

何かしら爆発的にフォロワーが増える出来事が起こったわけではないので、今振り返ると日々の継続が特効薬だったのかなと思いますね。地味ですが、これは重要な施策だったなと。

まずは使い倒しましょう。

可能であれば30日、毎日投稿し続けましょう。

量が足りていないのに、フォロワーが増えない、見てもらえないの言い訳は不要です。

量をコントロールする型

ちなみに、量のコントロールとは、発信量と文字量のコントロールです。

画像3

自分はこんなマトリックスを頭に描きながらSNSを活用しています。

量をコントロールするためには「型」を持っておくことが重要です。

画像2

補足説明入れるとこのようになります。

SNS発信のポイント.001

ポイントは、日々のキュレーションと気合入れた記事発信の両方大事!

コンテンツはどの長さが良いか、どれくらい時間かけた方が良いか?
といった質問を頂くことありますが・・・回答は4象限の全てつくる発想もありではないでしょうか?

推奨アクションを3つ出すとこのような感じになります。

画像5


以上がSNS運用における量をコントロールする方法についてでした。

続いて「質」の話です。


②質=コミュニティが必要としている情報を供給する

発信する量を意識しながら、当然「質」を高めていく必要があります。

SNS発信における「質」とは何か?

質が高い発信ポイント①
=そのプラットフォームが目指していることや、
コミュニティが求めている情報の発信

自分の発信したい情報ではなく、相手・コミュニティが求めている情報を発信することが質の高い情報です。

自分は、プラットフォーム・コミュニティに貢献することだけは、いつも意識してきました。

(例1)
noteとの付き合い方

自分が使い始めた2017年ごろはデザインコミュニティが中心でした。
そこで、noteサイドとしてはビジネスパーソンもnoteを使ってもらいたいと考えているのでは?と仮説を立てました。

なので、#マーケティング に関する情報を集中して発信していました。

マーケティングやビジネスカテゴリーの「オススメ」に取り上げていただき、noteユーザーが急激に増えるタイミングだったこともあり、自分のフォロワー数も急激に増えました。

画像1

(例2)
NewsPicksとの付き合い方

NewsPicksも同じ使い方でした。

使い始めた2015年くらいは、金融系の人が多かったです。

そのため、まだ少なかったマーケティングカテゴリーで毎日ピックをして、そこでコミュニティの中の人に認知をしてもらい、オススメピッカーに選んでもらいました(結果フォロワーが増えました)。

あとは、「伝え方」の基本を抑えるだけです。

質が高い発信ポイント②
わかりやすく&自分らしく伝える

情報が溢れている中で、わざわざ自分の発信する情報を見てもらうためには「わかりやすく&自分らしく伝えること」は必須です。

わかりやすく伝えるために磨きたいスキル
①箇条書き
②図解

自分の場合はこの2つを意識しました。

発信例はこちらです。

ちなみに、図解はテンプレート活用することオススメです。プロのデザイナーではない限りはテンプレートに頼りましょう。

テンプレートは大量に公開されているので、自分にあったものを使いましょう。

質をコントロールする型

量と同じで、質のコントロールも「型」をつくることで可能になります。

例えば、自分はTwitter発信であれば、この型を抑えると決めています。

わかりやすく・自分らしい発信の型(Twitterの場合)
・定量(数字)⇄定性(感覚)を往復して140文字で表現する
・結論→箇条書き→アクションを140文字で表現する

Twitterでもnoteでも箇条書きと図解を使って「わかりやすく伝える」ことは意識してきました(本当にわかりやすいかは、おいておいて)

箇条書きと図解スキルは、SNS発信の基本でもあり、ビジネスの基礎スキルでもあると思っているので、この基本を磨くことは超重要だと考えています。

箇条書きスキルの本は、こちらの書籍がオススメです!(SNSやらなくても読むことオススメです)

推奨アクションだけまとめておきます。

画像6


個人SNS運用のポイントまとめ

SNSプラットフォームとの付き合い方まとめ
①成長するプラットフォームの
②求められているカテゴリーで
③発信の「量」と「質」を高めて存在感を出すこと

自分にあったプラットフォームを見つけて、そこに時間とコンテンツを集中投資して貢献すること。

この3つを抑えるとSNS発信は成果出やすくなるはずです。

逆に、とりあえず流行っているからTwitterをやる、noteをやる→推奨されているそれっぽいコンテンツを発信するでは成果は出ません。

※①のプラットフォーム選定大事なので、もしかしたらTwitterやnoteで発信しない方が良い人もいると思っています。ここが結構忘れさられがちです。


以上、最後まで読んで頂きありがとうございました!

発信する「量」「質」をコントロールして、SNSをビジネスに活かしながら仕事を楽しみましょう!

下記にウェビナーで話した資料の一部をアップしました。


公開用_個人SNS起点マーケティング.001

公開用_個人SNS起点マーケティング.002

公開用_個人SNS起点マーケティング.003

公開用_個人SNS起点マーケティング.004

公開用_個人SNS起点マーケティング.005

公開用_個人SNS起点マーケティング.006

公開用_個人SNS起点マーケティング.007

公開用_個人SNS起点マーケティング.008

公開用_個人SNS起点マーケティング.009

公開用_個人SNS起点マーケティング.010

公開用_個人SNS起点マーケティング.011

公開用_個人SNS起点マーケティング.012

公開用_個人SNS起点マーケティング.013

公開用_個人SNS起点マーケティング.014

公開用_個人SNS起点マーケティング.015

公開用_個人SNS起点マーケティング.016

公開用_個人SNS起点マーケティング.017

公開用_個人SNS起点マーケティング.018

公開用_個人SNS起点マーケティング.019

公開用_個人SNS起点マーケティング.020

公開用_個人SNS起点マーケティング.021

公開用_個人SNS起点マーケティング.022

公開用_個人SNS起点マーケティング.023

公開用_個人SNS起点マーケティング.024

公開用_個人SNS起点マーケティング.025

公開用_個人SNS起点マーケティング.026

公開用_個人SNS起点マーケティング.027

公開用_個人SNS起点マーケティング.028

公開用_個人SNS起点マーケティング.029

公開用_個人SNS起点マーケティング.030

公開用_個人SNS起点マーケティング.031

公開用_個人SNS起点マーケティング.032

公開用_個人SNS起点マーケティング.033

公開用_個人SNS起点マーケティング.034

公開用_個人SNS起点マーケティング.035

公開用_個人SNS起点マーケティング.036

公開用_個人SNS起点マーケティング.037

公開用_個人SNS起点マーケティング.038

公開用_個人SNS起点マーケティング.039

公開用_個人SNS起点マーケティング.040

公開用_個人SNS起点マーケティング.041

公開用_個人SNS起点マーケティング.042

公開用_個人SNS起点マーケティング.043

公開用_個人SNS起点マーケティング.044

公開用_個人SNS起点マーケティング.045

公開用_個人SNS起点マーケティング.046

公開用_個人SNS起点マーケティング.047

公開用_個人SNS起点マーケティング.048

公開用_個人SNS起点マーケティング.049

公開用_個人SNS起点マーケティング.050

公開用_個人SNS起点マーケティング.051

公開用_個人SNS起点マーケティング.052

公開用_個人SNS起点マーケティング.053

公開用_個人SNS起点マーケティング.054

※組織の繋ぎこみ部分は全公開ができないため・・・
ご興味ある方は、黒澤まで直接ご連絡を頂けますと幸いです。

🐼🐼🐼🐼
1007
マーケターの筋トレコミュニティ #マーケティングトレース 主宰/日本のマーケティングリテラシーを底上げしていきたい。ブランディングテクノロジー(株)執行役員/パンダが好きなので上野の近く在住🐼

こちらでもピックアップされています

中小企業ブランディング
中小企業ブランディング
  • 225本

中小企業がブランディングやマーケティング考える上でヒントになるnoteをまとめているマガジンです。 スモールビジネスの経営に関するヒントとなる情報もまとめていきます! ●本マガジンで発信する内容 ・ブランディングの理論と方法論 ・中小企業のリブランディング事例 ・テクノロジーで変わるブランディング ・採用・育成など組織デザイン視点の事例 ・ローカルビジネスにおけるマーケティング戦略

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。