TOMOKI KOKUBUN Photography

國分知貴 |北海道・屈斜路湖在住のフォトグラファー ・アウトドアガイド |この地に暮らす者としての視点を重視し、「自然と人の関わり」をいくつかの方法を持って描き、表現しています| https://www.saru-tomokikokubun.com
    • 北の暮らしを旅するマガジン

      日々、写真。アウトドアと暮らし。國分知貴の写真紀行。写真記録でありフォトエッセイ。単写真ではなくストーリーとしての写真、言葉をのせます。

    • フィールド活動の記録

      野外での活動を記録していきます。

    • 撮影仕事の記録

      お仕事として撮影した現場の記録です。

  • 商品の画像

    White swan

    撮影年 / Year 2021    撮影場所 / Location  北海道/屈斜路湖 Lake kussharo Hokkaido   【写真説明 / comment】 空と凍結した湖面の境界線がなくなり、その真っ白な背景を白鳥が飛んでいく。長くイメージして待ち望んでいた瞬間です。とても感動しながらシャッターを押したことを覚えています。 【商品情報】 ・A2サイズ 銀塩プリント(594mm x 420mm) ・このプリントエディションはNo.1〜No.10まで製作します ・ミュージアム加工 平滑パネル(厚さ3mmのアルミ樹脂複合版マウント 台座つき) ・プリント紙種 ディープマット(光沢のない繊細でエレガントな質感) ・発送までの日数 約4〜6週間程度 ・消費税、日本国内への送料込み ・発送方法 クロネコヤマト「ヤマト便」もしくは郵便局の「宅急便」 ※他サイズ、他額装、他プリント仕上げご希望の場合は別途ご相談ください ※本サイズ・プリントは合計10点のみの販売です。プリント後、一度当方に納品し、エディションナンバー・サインを記入後に発送します。
    50,000円
    tomoki kokubun photography
  • 商品の画像

    Far East

    撮影年 / Year 2020   撮影場所 / Location  北海道/野付半島 Notsuke Peninsula Hokkaido   【写真説明 / comment】 凍った海を歩く蝦夷鹿。この地で力強く生き抜く姿。ただ歩いているだけで威厳を感じます。人間には到底敵わない「生」があります。 【商品情報】 ・A2サイズ 銀塩プリント(594mm x 420mm) ・このプリントエディションはNo.1〜No.10まで製作します ・ミュージアム加工 平滑パネル(厚さ3mmのアルミ樹脂複合版マウント 台座つき) ・プリント紙種 ディープマット(光沢のない繊細でエレガントな質感) ・発送までの日数 約4〜6週間程度 ・消費税、日本国内への送料込み ・発送方法 クロネコヤマト「ヤマト便」もしくは郵便局の「宅急便」 ※他サイズ、他額装、他プリント仕上げご希望の場合は別途ご相談ください ※本サイズ・プリントは合計10点のみの販売です。プリント後、一度当方に納品し、エディションナンバー・サインを記入後に発送します。
    50,000円
    tomoki kokubun photography
  • 商品の画像

    Twilight swan

    撮影年 / Year 2021   撮影場所 / Location  北海道/屈斜路湖 Lake kussharo Hokkaido   【写真説明 / comment】 数日かけて観察していると、食事場所とねぐらがある程度決まっていることがわかります。「ここが食事場所で、たぶんここがねぐらだな・・・ふむふむ」。そしてこの日、自分なりの予想で狙いを定めて夕日を眺めていると「やっぱり!」。この日も日没後、ねぐらに向かって予想通りのラインで羽ばたいていきました。 【商品情報】 ・A2サイズ 銀塩プリント(594mm x 420mm) ・このプリントエディションはNo.1〜No.10まで製作します ・ミュージアム加工 平滑パネル(厚さ3mmのアルミ樹脂複合版マウント 台座つき) ・プリント紙種 ディープマット(光沢のない繊細でエレガントな質感) ・発送までの日数 約4〜6週間程度 ・消費税、日本国内への送料込み ・発送方法 クロネコヤマト「ヤマト便」もしくは郵便局の「宅急便」 ※他サイズ、他額装、他プリント仕上げご希望の場合は別途ご相談ください ※本サイズ・プリントは合計10点のみの販売です。プリント後、一度当方に納品し、エディションナンバー・サインを記入後に発送します。
    50,000円
    tomoki kokubun photography
  • もっとみる

#12 「春に誘われて」 2022.3月

春を感じた午前中。 カイの散歩がてら湖まで行くと、ベタナギ。 藻琴山が鏡のように湖面に映る。 深呼吸すると、肺に、脳に、身体に、春が入ってくる。 日中の気温は毎日…

#11 「日々を拾って集めて」 2022.2月

 どうやら2月はかなり力んでいたようだ。なんとなくふんわりとした「日々の写真」というのがあまりない。あとで写真を振り返り、そんな自分の予定や気持ちまで浮かび上が…

#10 「ありがとうniseko&sapporo」 2022.2月

 2月上旬。約10日間。僕は古巣であるニセコ、札幌方面へと足を伸ばした。特にニセコは約3年ぶりだった。最近のご時世、正直動きずらいところもある。しかしそれでも行く…

#9 「近くて遠い斜里岳trip 出会いとメンバー編」 2022.2月

構想2年。 ようやく実行まであと数日のところまできた。 斜里岳の懐に約5日ベースを張り、まだ見ぬ斜面に1本のシュプールを刻む計画。アプローチの長い斜里岳では日帰りや…

#8 「厳冬斜里岳北西尾根」 2022.2月

1日目 定番となりつつ遅刻をかまし、もはや予定どおり予定を遅らせる。 「今日は明るいうちにつけばいいし」という気の緩みだ。このクセ直さねばならない。  まずは林道…

#7 「日々を拾って集めて」 2022.1月

ネットやSNSにアップされるのは 力の入った写真ばかりが並びがちだ。 仕事もしているから、仕方がないところもある。 だけれどきっと、何の意味もないような こんなの撮っ…