土谷 貴志
過去の出来事から自分自身を考えてみよう。
見出し画像

過去の出来事から自分自身を考えてみよう。

土谷 貴志
皆さんは、過去の出来事をどう考えていますか?

トラウマになっていることや、
はたまた、自信につながっていることはありますか?

ほい!おはこんばにちは!たかしです!

今回は、ワーク的なブログではなく、講義に近いブログになります。
一つ一つ、自分自身と照らし合わせながら、見ていただけるとありがたいです。


今回のテーマ

 過去の出来事から考える「自分の価値観、考え方」
ナラティブアプローチ

以前のブログでも、少し触れたキャリア理論です。
私の一番好きな考え方で、昔の私が救われた考え方になりますので、
今回は、これについてお話していきたいと思います。

過去のブログはこちら。


では、まず皆さんに質問です。

人は何から「価値観」や、「考え方」を身に付けたと思いますか?


「生まれつき」などの先天的なものでしょうか?
それとも、「育ってきた環境」や、「経験したこと」などの後天的なものでしょうか?


よく言われているのは、「両方」です。
生まれつきの「素質」と、後天的な「環境」で、人の性格は決まると言われています。

もし、同じ環境を経験したAさんと、Bさんが居たとしても、両者とも同じ性格にはならないですよね。
一番イメージしやすいのは、兄弟や、姉妹です。
同じ親や、家庭環境で育っても、同じ性格な人は居ないと思いませんか?

なので、性格は「素質」も大切になってくるのですが、
ここでは、「環境」などの後天的な要素にフォーカスしてお話していきます。


(先天的な要素のことも知りたい方は、「遺伝子 性格」などで、google先生に聞いてみてください!)


ナラティブアプローチ

画像1

まずは、この図をご覧ください。
この図は何に見えますか?カブトムシの幼虫に見えますか?

画像2

すごく似てますね!
(苦手な人も居ると思うので、イラストで。。。笑)



という冗談はさておき、、、

画像1

この図は、
左が「過去」の出来事で、右に行くにつれ、「現在~将来」の出来事になります。

この図で何をお伝えしたいかというと、

過去に起こった一つ一つの出来事をつなぎ合わせると、その人の「価値観」や、「考え方」が見えてくる。

ということ。

そして、

見えてきた「価値観」や、「考え方」で、その人のやりたいことの将来を考えることができる。

ということです。


細かく説明します。

今、私たちには、何かしらのコンプレックスや、自信があるもの、
好きなもの、嫌いなもの などがありますよね。

それらは、どうやって生まれたものでしょうか?


人から教えられたものでしょうか?

何かそう思うきっかけがあったからでしょうか?


そうなんです。
全て、過去の何らかの出来事から、生まれているものです。

なので、過去に印象に残っている出来事(マイクロナラティブ)を一つ一つ丁寧に繋いでいくと、その人自身(キャリアテーマ)が見えてくる。
そして、そこから、将来を考えること(マクロナラティブ)ができる。

と提唱した、キャリア理論となります。


さいごに。

皆さんは、この理論を知って、どう思われたでしょうか?


この考え方を聞いて、私が伝えたいことは、

 過去の出来事は、全て、無駄ではないということ

です。

全て、現在や将来につながっています。


この理論を知る前の私は、過去にあったネガティブな出来事に縛られた生活を送っていました。

失敗したことが足枷となって、自分自身を出せず、やりたいことをできない私でした。

しかし、この理論を知って、過去の失敗した経験も、恥ずかしい経験も全て無駄ではないんだ。と思うことができ、少しずつ前向きに行動ができる私になることができました。


こういうことがあったからこそ、この理論の良さを皆さんに広めたいと思い、今回のブログを書かせていただいた次第です。


では、今回はこの辺で!


私が関わっている事業はこちら!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
土谷 貴志
一生の笑顔を創るキャリアコンサルタント/システムエンジニア×キャリアコンサルタント/IT業界中心/若者/一瞬の笑顔から一生の笑顔へ/LifeTime-Smile代表 ★「私の仕事」や「仕事依頼」は、「仕事依頼」をご覧ください★