何者かになりたい男が目指したもの
見出し画像

何者かになりたい男が目指したもの

堀江貴文(Takafumi Horie)

『デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場』を読んでみた。

▼『デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場
http://amzn.to/36rihPT

 開高健ノンフィクション賞を取った話題作、というよりは栗城史多さんという人が数年前エベレストで亡くなった時にある意味炎上していた、あの真実というか状況を知りたかったのだ。
 著者は、以前栗城さんを追っていた北海道放送のディレクターだったらしい。初期はずっと追っかけていたが、その後離れ、亡くなったあと再び彼の軌跡を追ったらしい。

 この文章を書くにあたって栗城さんとのFacebookメッセンジャーを振り返ってみた。
 最初に栗城さんに会ったのは2015年の2月だったらしい。誰かに誘われて西麻布の居酒屋で初めて飲んでいる。その後、脳梗塞から復帰したばかりの古川亨氏の快気祝いへ行き、彼の教え子であった尾崎豊の息子の尾崎裕哉の歌声をカラオケで聴いている。そんな日だった。
 コミュニケーション能力の高い栗城さんは一般的な登山家に抱く、例えば寡黙な人とかそういう感じとは全然違っていて、こんな人もいるんだなーという感じだった。

※この続きや日々更新される記事の全文は、個別購入以外にnoteにて月額864円の『堀江貴文のブログでは言えない話』への加入でも読むことができます。
★note版『堀江貴文のブログでは言えない話』
https://note.com/takapon/m/m6f25f310b0e9

この続きをみるには

この続き: 657文字
記事を購入する

何者かになりたい男が目指したもの

堀江貴文(Takafumi Horie)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
堀江貴文(Takafumi Horie)
どーもー!