Travelogue

4
ノート

前夜

19時に準備が整った。今関空に向かっている。明日から2日半をタイで、2日半をミャンマーで過ごすことになっている。タイは2年ぶり、ミャンマーは人生初。外国へ行くのは去年の韓国以来だ。

19歳のとき、何かを変えたくてイギリスにいった。その旅の最も決定的な瞬間のことはこちらに一度書いたけど、正直この出会いがこんなに大きな影響を持つとはあの頃の俺はまったく思っていなかった。

そもそも「何かを変えたい」

もっとみる
たまに写真のことも話す予定です
32

1st day, morning :Chiang Mai, Thailand

ふと目覚めると日付は変わり、飛行機はそろそろバンコクに入るころだった。エアアジアのシートは狭い。足元の広い席を選んだにも関わらず、体はこわばっていて、少し動かすとひどく左腕が痛い。右手の指先はしびれたようにこわばっている。40にもなるとからだの各部から柔軟性が失われていく。不快だ。

19歳の初めての旅の時、いや、20代や30代前半頃までの旅でさえ、飛行機の中で痛みで苦しむなんていうことはあまりな

もっとみる
次また読んでもらえるようにがんばります
18

1st day, afternoon: Chiang Mai, Thailand

旅のはじめはThe Whole Earthという大層な名前のレストランから。全地球と言いながら、タイとインドと中国料理しかないのだが、だいたいそれだけで世界の半分くらいカバーできてそうだから、あながち誇大広告とも言えない。

このレストランの名前には少しだけグッと来る。インターネットが始まる前、今のネット世界をまるで先取りしようとしていたかのような雑誌、Whole Earth Catalogueを

もっとみる
次また読んでもらえるようにがんばります
66

2nd day: Chiangrai and Chiang Mai, Thailand

だまりがちになるのは路面の酷さのせいだ。

早朝4時から、タイ北部のチェンライという街を目指す。ほとんどミャンマーとの国境の町。チェンマイから距離にして190キロ離れている。

190キロ程度、日本ならせいぜい高速道路で2時間ちょいといったところだが、首都周辺こそよく整備されているタイも、地方だとそうはいかない。道路はいまだに整備中で、泥と小石と水でグズグズになった道が縦横を走っている。その一本を

もっとみる
切れ目の少ない文章読んでくださってありがとうございます
20