見出し画像

【イベント】飽くなき探究心で成長する。BATTLE CONFERENCE UNDER30に参加

どうも、たかふみです。

7月6日(土)に新宿で開催された「BATTLE CONFERENCE UNDER30」に行ってきました。なんでも、レベルの高い同世代のエンジニアがメインで登壇するイベントということで、朝から心打ちのめされる準備をして会場へ向かいました。

BATTLE CONFERENCE UNDER30とは

- 所属を超えて、U30の成長は加速する -
「Battle Conference Under30」(BCU30)は、Under30エンジニアによるUnder30エンジニアのための参加型技術カンファレンスです。...(略)...参加者全員が、所属を超えて切磋琢磨し互いに刺激を受け合い、エンジニアとしてより一層成長するきっかけをつかむことを期待しています。
引用:https://bcu30.jp/2019/

名だたるIT企業の中でも、僕と同じ世代の30歳以下のエンジニアがメインで登壇するイベントです。トークのジャンルは様々で、フロントエンドからバックエンド、開発手法やキャリアについて等、1日で色々な話が聞けます。ただ、各エリアで同時にセッションが行われているため、自分の興味に合わせて参加するセッションを選択しなければいけません。

参加セッションと登壇資料

内容の説明を見て興味のあるセッションに参加しました。登壇者の方々がスライドをアップしてくれているので、僕が参加したセッションのみですが、メモと合わせて載せておきます。

■参加セッション一覧
1. 事業成長を加速させるフロンドエンド改善のお話
2. JavaScriptのASTを使ってみよう
3. Kubernatesではじめる新しい開発
4. モンスターストライクのリアルタイム通信を支える技術
5. ログ収集基盤を導入したらエラーログが99%以上削減された話
6. サービスがゼロからN億円規模になるまでに実践した7つのやっていき
7. 30代のキャリアを意識した20代のキャリア戦略
8. 仲間と企業、経営をし廃業に至る中で学んだ「ビジョン」の本当の大切さ
9. 「グノシー」の新規サービス事情

1. 事業成長を加速させるフロンドエンド改善のお話
・開発のスピードアップには「基盤の構築」「共通ルールの設定」が必要。
・Vue.jsでの開発、テストに使えるツールがある。

資料:ヘイ株式会社 山下 功介さん(@kskymst1)
https://speakerdeck.com/kskymst/shi-ye-cheng-chang-wojia-su-saseruhurontoendogai-shan-falseohua

2. JavaScriptのASTを使ってみよう
・AST:abstract syntax tree
抽象構文木。ソースコードの構造を木構造で抽象化したもの。分析等で使用される。
・AST Explorer
ASTに変換して表示してくれるツール

資料:株式会社メルカリ 大原 壯太さん(@sottar_)
https://speakerdeck.com/sottar/lets-try-to-hack-ast-of-javascript

3. Kubernatesではじめる新しい開発
便利なやつ。dockerに近い...?

資料:株式会社サイバーエージェント 
青山 真也さん(@amsy810)
https://speakerdeck.com/masayaaoyama/kubernetes-bcu30-2019


4. モンスターストライクのリアルタイム通信を支える技術
ネットワークの話。STUN,TURNを使う。

資料:株式会社ミクシィ 神谷 元太さん(@cloudear8)
https://speakerdeck.com/genkami/monsutasutoraikufalseriarutaimutong-xin-wozhi-eruji-shu


5. ログ収集基盤を導入したらエラーログが99%以上削減された話
エラーログ件数の現状を毎朝社内slackに投下。
数値にすることで現状のヤバさを共有。

エラーログを潰すことで下記の恩恵を授かった。
・サービスの品質向上
・バクの事前撲滅
・情報共有の流れが出来た


6. サービスがゼロからN億円規模になるまでに実践した7つのやっていき

機能追加の要望があった際には「他の顧客にも応用できるか」を考える。
また、YAGNIを優先する。

YAGNIとは:"You ain't gonna need it"
機能は実際に必要となるまでは追加しないのがよいとする、エクストリーム・プログラミングにおける原則である。
引用:https://www.weblio.jp/content/YAGNI

下記を使用。
・Linter(構文チェックツール)
・Rubocop(rubyのコード解析gem)
・Sentory(ログ収集ツール)

資料:株式会社ギフティ菊川 史貴さん(@kikunantoka)
https://speakerdeck.com/kikunantoka/7-yatteiki-battle-conference-u30-2019


7. 30代のキャリアを意識した20代のキャリア戦略
過去の経験を掛け合わせることで唯一の存在に。

1. 自分を知る
転職活動をしてみる。
書類作成でキャリアの棚卸しを行い、面接で自分を語れるようにする。

2. ブランディング
自分のことを手段は何でも良いから発信する(SNS、ブログ...)
常に自分を市場に晒す。

3. 転職する、副業する。
異なる環境での適応力が身につく。
副業での学びを本業に活かせる。

資料:サイボウズ株式会社 向井 咲人さん(@__sakito__ )
https://speakerdeck.com/mukai21/30dai-falsekiyariawoyi-shi-sita20dai-falsekiyariazhan-lue


8. 仲間と企業、経営をし廃業に至る中で学んだ「ビジョン」の本当の大切さ
ビジョンとは、エネルギーの根源である。
自分のビジョンと合う場所で戦うこと。
ビジョンは肉体的、精神的に辛いときの支えになる。

9. 「グノシー」の新規サービス事情
AppSyncが良い!
グラフィカルsqlが良い!

感想

技術のセッションの場合、その技術に関する説明がされないことがあるので内容が全く理解できないことがありました。なので、自分がよく知っている言語、キャリア、その人の考え方に関するセッションに参加すると得るものが多いと感じました。

また、青山雅也さん(@amsy810)の「3.Kubernatesではじめる新しい開発」の内容が分かりやすく、面白かったです。一つの事柄についてよく知っているということは、やはり強いなぁと思いました。

同じ世代の人たちが自信を持って自分たちのことを話している姿を見ると、カッコいいなぁと思うし、何より刺激になります。しっかり消化して血肉となる内容を噛み砕きたいと思います。

他の発表資料や会場の様子は、タグ「#bcu30」でツイートされているので興味のある方はtwitterで検索してみてください!それでは!

■BATTLE CONFERENCE UNDER30
https://bcu30.jp/2019/

この記事が参加している募集

イベントレポ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
たかふみ | Webエンジニア

読んでくださりありがとうございます。 これからもnoteで発信していくのでよろしくお願いします! これからも勉強会やイベントで学んだこと、感じたことを"若手エンジニア"の目線から発信していきます!