たかふみ | Webエンジニア

学んだことを形にするのが好きなWebエンジニアです。前職は広告を売ったり、企業の情報発信をお手伝いしたりしていました。「あったら便利だな」をプログラミングで作っています。

たかふみ | Webエンジニア

学んだことを形にするのが好きなWebエンジニアです。前職は広告を売ったり、企業の情報発信をお手伝いしたりしていました。「あったら便利だな」をプログラミングで作っています。

    マガジン

    • IT勉強会・イベント

      参加したイベントのレポートまとめです。IT関連が多めです。

    • リーダブルコードから学んだこと

      美しいコードを見ると感動する。優れたコードは見た瞬間に何をしているかが伝わってくる。(本書「はじめに」より) エンジニアにオススメの本として必ず名前が挙がる「リーダブルコード -より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック-」を読んで学んだこと、感じたことを書きました。

    • 実務経験ゼロからWebエンジニアになるまでの5ヶ月間。全4話

      新卒で就職した会社を11ヶ月で辞め、webエンジニアとして働くことが決まるまでの5ヶ月間の活動内容をまとめたものです。

    最近の記事

    あるべきを知ってバグを生む構造に気付く!「良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門 保守しやすい成長し続けるコードの書き方」を読んで

    設計の入門書として名高い、ミノ駆動(@MinoDriven)さん著「良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門 ―保守しやすい 成長し続けるコードの書き方」を読みました。 本書について著者があるべき設計をするために活用している”オブジェクト指向設計の実践的ノウハウを記した本”です。 本書には各章の解説内容と「入門・実践・応用」のどれに該当するのかが一覧でまとめられているページがあるので、自分の読みたい内容・段階に応じて読み進めることができます。 ▼本書について著者本人が書いて

      • 【イベント】PHPerKaigi2022に今年も行ってきた!@オンライン参加勢

        さぁ今年もこの季節がやってきましたね! そうです、今年もPHPerkaigiが開催されました! 今年は"ハイブリッド開催"ということで、オフラインはCoconeriホール、オンラインはニコニコ生放送で開催されました。僕は地方住みなので今年は自宅からの参戦です。 本記事ではPHPerkaigi2022の前夜祭〜DAY2の3日間で参加したセッションについての学びや面白かった点についてまとめています。スライドへのURLも書いてあるので、内容が気になったものはぜひ見てみてください

        • エンジニア志望でなかった僕がSEになって感じる『エンジニアでよかった』こと。【#エンジニアでよかった with Modis】

          エンジニアでよかったこと! 「書いたプログラムが動いたときに達成感を感じる」「リモートワークすることができる」など色々考えましたが、僕にとって一番しっくりくるのはこれだ!と思うものがあったので、今回はそれについてお話します。 僕が考えるエンジニアでよかったことは 「あったらいいなを実現できるところ」だと思います。 きっかけは「エンジニアがいなかったこと」最初に僕がエンジニアを志すきっかけになった出来事について少しだけ。 昔々、僕が使っていたWebサービスがありました。

          • 外的恥と内的恥。あなたはどっちの恥を感じやすい?「いくつになっても恥をかける人になる」を読んで。

            最近、仕事で先輩や上司からアドバイスされる事が重なり、「恥ずかしい」と感じていることに気がつきました。誰かに意見をもらうことで自分の仕事が良くなるということは分かっている一方で、アドバイスに対して「なんでこんな簡単なことも思いつかなかったんだろう…」と少し恥ずかしい気持ちになってしまったのです。 そんなときに本書を知り、自分の気持ちを整理するヒントが何かあるかもしれないと思い、読み始めました。 本書について本書は、コピーライター/PRアーキテクトである著者

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • IT勉強会・イベント
            たかふみ | Webエンジニア
          • リーダブルコードから学んだこと
            たかふみ | Webエンジニア
          • 実務経験ゼロからWebエンジニアになるまでの5ヶ月間。全4話
            たかふみ | Webエンジニア

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            やりたいことって考えると、つい大きなものと考えがちだったけど「ちょっとやってみっか〜!」くらいの小さなやる気が出る事を集めていけばいいんだと思った。 まずは最近あった感情が動いたことについて深堀りしてみよう。 >Dark Horse 「好きなことだけで生きる人」が成功する時代

            AWS認定試験を自宅で受ける!AWS認定デベロッパーアソシエイト試験を勉強した2ヶ月間について振り返る。

            今回、AWS資格試験の"自宅受験"をしました。 受験自体が、大学受験以来のイベントだったこともあってドキドキの一日となりました。 「AWS試験の勉強って何をしたの?」 「自宅受験ってどんな感じ?」 など、AWS資格について気になっている方の参考になれば嬉しいです。 なぜ資格を取ったのか📗・AWSについてきちんと勉強したい ・形として残したい という理由です。 AWSは仕事や個人開発で使っていましたが、 これは、知識として身についているんだろうか? という疑問がありま

            👇Qiitaに技術記事を投稿しました! 【レビュー指摘】phpunitで書いたテストコードのレビューで受けた指摘をまとめてみる。 https://qiita.com/wallkickers/items/ddc62add6055cdba6cc1

            コンサル一年目が学ぶこと ■アクションを起こすとき 1.対象を整理・分解する 2.出した点について数値で分析する 3.各項目について優先順位をつける 4.行動する ■提案するとき ・雲:事実 ・雨:主観的な解釈 ・傘:複数あるアクションの内の1つ  3つをセットで話すこと!

            自身の"あり方"を考える。中野祐治著「億を稼ぐ人の考え方」を読んだ話。

            どうも、たかふみです。 「金持ち父さん貧乏父さんを読んでいる。」という話をした際に「これも読んだら良いと思います!」とオススメいただいたのが「億を稼ぐ人の考え方」という本です。 本書について・感想本書は、著者の中野祐治さんが「億を稼ぐ人はどのように考え、行動しているのか」ということを自身の経験や学び、メンターから教わったことを交えながら分かりやすく書かれている本です。所々にユーモアのある文章があり、「クスッ」と笑いながら読むことができます。 確かにオスス

            『自分の強み』に迷ったら読んでほしい。古野俊幸著「宇宙兄弟とFFS理論が教えてくれる あなたの知らないあなたの強み」を読んだ話。

            「自分の強みってなんだろう?」 誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。 今回は、古野俊幸さん著「宇宙兄弟とFFS理論が教えてくれる あなたの知らないあなたの強み」を読んだ感想です。「FFS理論って何?」という方は『あなたはどの因子が高い?』の章にURLを貼っておいたので、一度診断してみてください。きっと自分の強みを知るきっかけになるはずです。 これってどんな本?本書は、漫画「宇宙兄弟」の登場人物をFFS理論(考え方や行動のパターンを5つの要素で表現したもの)で

            【後編】お金について学ぶ。ロバート・キヨサキ著「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで。

            今回は後編です。 前編はこちら↓ 【前編】お金について学ぶ。ロバート・キヨサキ著「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで。 https://note.com/takafumi_178/n/nc492669b0674 第五の教え 金持ちはお金を作り出す ファイナンシャル・インテリジェンス(お金の知識)を身に着けること →身に着けることで、人生における小さなチャンスを大きなお金に変えることができる。投資するよりも、まずは知識を身につけること。 自分がやっていることがちゃんとわかっ

            「お店番やってみない?」と誘われたので二つ返事でやってきた!@みしま未来研究所Blooming

            4月になりましたね。 春といえば出会いの季節です🌸 先週末、生まれて初めて"お店番"を体験しました。といっても、春の陽気にうたた寝しながらお客さんを待つようなものではなく、お客さんと楽しくお話できるという素敵なお店番です。 今回は僕がお店番を通して体験した素敵な一日を振り返ってみたいと思います。それではどうぞ! 地域の人と繋がるCafe&Bar「Blooming」 お店番をしたのは、みしま未来研究所の中にある"地域の人・コトとつながるCafe&Bar「Blooming

            【前編】お金について学ぶ。ロバート・キヨサキ著「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで。

            「このまま一生、働き続けるのか...?」 通勤帰りの電車内でそんなことをふと、思いました。 ここでの"働き続ける"というのは「仕事内容を変えたい」とか「職場を変えたい」ということではなく、40,50,60代になっても今の日常と同じように会社に通い、給料をもらって生活し続けるのか?ということです。あれ、働けなくなったらお金がなくなって生きていけなくなってしまうのでは...? そんなときに「金持ち父さん貧乏父さん」を見つけました。 お金は力だ。だが、それよりも強いのはお金に

            【後編】「2022 これから10年、活躍できる人の条件」を読んだ。

            今回は後編(5-7章)です。 前編はこちら↓ 【前編】「2022 これから10年、活躍できる人の条件」を読んだ。 第5章 求められる「変化に柔軟なリーダー」 【内容】 組織の形は変革期にある。 →求められるのは、変化に柔軟になれるリーダー リーダーシップを取れるようになるための鍵となるのが「エクス・フォーメーション」。情報をインプットするだけではなく、インプットしたものをどのようにアウトプットしていくのか。問題に対して様々な視点から解決策を提示できるのか。知識・人脈を

            【前編】「2022 これから10年、活躍できる人の条件」を読んだ。

            どうも、たかふみです。 先日書いた記事「未知の世界へ一歩踏み出す。花田 菜々子さん著「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」を読んだ話。」にて紹介した本に影響を受けて「バーチャルランチクラブ」という"社会人同士の情報交換をオンライン通話でできるサービス"を使い始めました。その中で「最近どんな本を読んでますか?」という話になるのですが、そこでオススメのビジネス書として「2022 これから10年、活躍できる人の条件」を紹介いただき

            未知の世界へ一歩踏み出す。花田 菜々子さん著「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」を読んだ話。

            久々に夢中になって本を読みました。 今回読んだのは、花田 菜々子さん著「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」です。タイトルの「出会い系サイト」で「本をすすめる」という違和感のある言葉の組み合わせが気になって手に取りました。 本記事では読んでいて面白いと感じたポイントを3つにまとめました!それではどうぞ! あらすじ菜々子、33歳。職業、書店員。既婚、ただし家を飛び出し別居中、どん底人生まっしぐら。そんなある日、目についた出