Ryunosuke Hama | Little Wing

【フリーランスの書き屋】 書くモノ:プロモーション企画・Webデザイン/アプリ・観察スケッチ 広告制作会社のプランナー → フリーランス ポートフォリオ:http://ryujno.jp

Ryunosuke Hama | Little Wing

【フリーランスの書き屋】 書くモノ:プロモーション企画・Webデザイン/アプリ・観察スケッチ 広告制作会社のプランナー → フリーランス ポートフォリオ:http://ryujno.jp

    マガジン

    • Little Wing | Freelancer

      事業計画や提供しているサービス、あるいは四半期報告書など、個人事業主としての活動について書き残します。

    • #週一文庫

      毎週1冊の文庫もしくは新書を読み、その本の中でじぶんが一番おもしろいと思ったところを引用しながら、「なぜおもしろいと思ったのか?」を踏み込んで解説。 いわゆる書評ともちょっと違う、単純に読書をもっと楽しむための連載note

    最近の記事

    増え続けるtwitterアカウント

    またしても新しいtwitterアカウントを作ってしまった。 最近UnityやらHoudiniやら、それにAfter Effectsなどの勉強をしています。 blenderやSubstance Painter、ZBrushとか3ds Maxも、もう少ししたら使いたいなあと考えています。 でも、いくら技術を磨いたところで、凄腕一線級の人たちが何十年もやっている中に、いきなりポンと入ったところで、太刀打ちできないのは明白。打ちのめされて続かなくなってしまう。別に比較しなきゃい

      • 生々流転。今日も豆腐が旨い。

        今日で書類上も正式に、退職から1年。フリーランス化からも1年。 これで大手を振って、元勤務先にも顔出すことができるようになりました。 退職して割と早い段階で、新しい名刺を持って挨拶巡りはしたものの、その後はこのコロナ禍も相まって、疎遠になっていたところ。 じゃあ「遊びに行こう!」とすぐに顔出すかというと、、今は移動時間が惜しい...... 作業がしたい...... note書いている場合じゃな...... でも、どこかで行けたらなあと。 ついでにそれにしても、この前

        スキ
        1
        • なんとか1年間、生き延びました。

          退職日から、ちょうど1年が経過。 「会社の看板を外しても、生きていけるのかな?」と、かつて抱いた疑問を解消するために過ごした、人体実験としての1年間でした。 結論、お陰様でなんとか生きています。 仕事の話「企画書とコードを、ひたすらに書き続ける毎日」 そんな日々になるイメージをぼんやりと抱いていたのですが、意外とそうはならず、ディレクションなどの「他人に動いていただく」場面が多々ある日々です。 とはいえ、やっぱり書く側にいるのが好きなので、企画書書く人間を欲している方

          スキ
          1
          • 広告人としての参考図書

            振り返ると、仕事のかなりの部分について「本を読んで覚えた」と言える自負があります。 最近、そうやって得てきたノウハウを、誰かに教えなきゃいけないシーンが多いです。 手取り足取り教えるのもよいのですが、それも限界があるので「とりあえずこれ読んで見れば?」と言えるように、参考図書のアマゾンリンクをこのnoteでまとめておきます。 企画・アイデア※マンガだけど 企画書・資料作成 制作・ディレクション※本じゃないけど ※ゲームだけど ※漫画だけど 広告の基礎 その他

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Little Wing | Freelancer
            Ryunosuke Hama | Little Wing
          • #週一文庫
            Ryunosuke Hama | Little Wing

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            laravelで記事一覧をランダム表示する

            Laravelの記事出力一覧を、日付順とかではなくランダムにしたいときの書き方。 結論こんな風に書くことで取得ができる。 Article::inRandomOrder()->get(); // laravel/app/Http/Controllers/ArticleController.phpclass ArticleController extends Controller { // index表示 public function index() { // 記事一覧

            フリーランスになって1年間でできるようになったこと。

            フリーランスになってから、あっという間に1年が経つ。 節目のタイミングなので、いろんな振返りをしています。このnoteでは、まずは手始めに、この1年で新たにやったこと・できるようになったことをザッと書き出してみます。 Webデザイン(HTML/CSS/JS)・支給いただいたデザイン(PSD)データから画像を書き出す。 ・zepplinを使ってサイズや距離を拾う。 ・基本的なHTML/CSSのコーディング。 ・scssを使用する。 ・Emmetを使用する。 ・JavaScr

            スキ
            5

            また四半期が経過したので、現況報告書を書いてみます(2020年 2Q)

            気がつけば6月末日。 コロナ騒ぎであたふたしている間に、随分と日が経ってしまいました。 前回1Qが終わる折に、振り返りのnoteを書いたのですが、 このときと同じ感じで、半期の振り返りを記します。 仕事の現状 数値的な話としては、 ・受注件数: 12件 ・納品件数:10件 ・(2Q締め)売上: 約105.3% (2Q目標対比) ・(通年見込)売上:約52.92%(通年目標対比)※進捗50%で正常 ・ブログ投稿数: 8件 → しかしもう飽きて書いていない ・ポートフォ

            スキ
            9

            フリーランス本格始動から四半期が経過したので、現況報告書を書いてみます。

            屋号は、Little Wing Jimi Hendrixの曲のタイトルでした。 2019年11月1日、フリーランスに転身。本格的な始動は今年の1月から。ちょうど第一四半期が経過します。お陰様で、なんとか日銭を稼いで生きています。 就業規則を気にすることなく複業ができ、労働基準法を気にすることなく業務時間が取れ、電話に時間を取られること無く作業に集中ができる、割に良い仕事生活を過ごしています。 ごく個人的な反省をかねて、第一四半期締めの報告書をと思い立ち、書き始めた次第で

            スキ
            4

            "無料"でポートフォリオサイトを作る「HeySo」始めます

            募集状況 すみません、業務過多につき、現在受付停止中です。  ※2020年4月13日 現在 ご依頼方法本記事下部「お問い合わせ」の連絡窓口から、以下の内容を書き添えてご連絡ください。 ①お名前 ②掲載したい作品の種別(イラスト/写真/楽曲...etc) ③ご連絡先(twitterDM, メール, facebook...etc) ---以下は、もしあれば--- ④これまでの作例 ⑤絶対に公開したい期日 "無料で"ポートフォリオサイトをがっつり制作します!タイトルそのまま

            スキ
            6

            かぐや姫を見るべきか。(すごく昔のブログから)

            6年前のじぶんのブログ発掘。なんの脈絡も無い、意味がわからない文章。「矢張りじぶんは、"こう"でなくちゃ」と、おもしろかったから転載保存。 ----------------------- かぐや姫の物語を見るべきか。 周りの人が観に行っているらしい。snsで投稿を見かけます。 やっぱり見るべきなのか。 竹取物語といえば、小さな女の子が、光る竹から生まれて、いろいろあって月に帰るという話だったはず。 日本最古のSFだとか。そんな話も聞いたことがある。 SFだとした

            スキ
            4

            Table Planner -目的で探す外食先。

            Table Plannerというものをつくりました。 その日の目的に合わせて、おすすめのお店をご紹介するサイトです。 一般的なグルメ検索サイトと異なり、検索する際に選べるのは、 その日、外食をする「シチュエーション」と、お店がある「エリア」だけです。さらに、お店は最大でも100店舗までしか掲載いたしません。※1 さまざまにある外食シーン一言で「外食」と行っても、さまざまなシチュエーションがありますよね? 1人で食べに行く。誰かとゆっくりと話す。 あるいは、みんなで盛り上

            スキ
            1

            じぶんは佐藤雅彦先生に成りたかっただけです。 --会社員を辞めてフリーランスを選んだ理屈

            はじめに「話 聞きたいから、飲みに行こうよ」 フリーランスになると宣言してから、何人かの方から、お声掛けいただきました。同じ会社の人たちからは壮行会を兼ねて。でも、社外の友人からも同様の誘いがあったのは意外でした。 「恵まれた環境に居たのに、それを捨て去る」という、ロックな感じ、アナーキーな感じのする物語、あるいはある種の大冒険に映ったからだと思います。 でも、申し訳なかったのは、順を追って説明が出来なかったことです。自分自身そこまで思考を整理して「フリーランスになる」

            スキ
            6
            有料
            500

            34本の読書記録を書いての振り返りと、これからのアップデート

            はじめに:「#週一文庫」とは「#週一文庫」と銘打って、読書ブログを続けていました。 今年の始めからスタートし、週一冊の文庫本もしくは新書を読み切り、その書籍のおもしろさを抜書きしつつ紹介するものです。ちょこちょこ抜けはありますが、それでも基本的には続けました。 ルールをシンプルにすることで、とにかく続けることを大事にしました。 一番ビュー数があったのが「ナボコフの文学講義」で、 一番いいね数が多かったのが「吉原はこんな所でございました」 でした。 ま、他クリエイタ

            スキ
            5

            習慣の力(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)チャールズ デュヒッグ

            この本は、「習慣」が人間にどのような影響を与えるのかを書き記した一冊です。個人から組織にいたるまで、様々な事例や研究結果を基に、良い方向に動いたものだけでなく、悪い方向に行ってしまった例も取り上げられています。 その「習慣」に抗えたか一番おもしろかったのは、P376-377 第9章 習慣の功罪--ギャンブル依存は意志か習慣か 習慣は---たとえ、いったん頭に刻み込まれたとしても---定まった運命ではない。私たちは習慣を選ぶことができる。(中略)  私たちは毎日、何百という

            スキ
            1

            吉原はこんな所でございました 廓の女たちの昭和史 (ちくま文庫) 福田 利子

            この本は、吉原の地にあった料亭「松葉屋」の女将 福田利子さんが、吉原という地がどういったところであったのかを、実体験や文献を頼りに描き上げてくださる一冊です。 吉原とて、貸座敷のみにあらず一番おもしろかったのは、P76-78 二章 私が松葉屋に来たころ 吉原の仕組み 三業組織と申しますのは、貸座敷、引手茶屋、芸者屋の三つの業種のことで、この三つの業種に分かれていることによって、また別の見方をすれば、この三つの業種が一つになっていることで、吉原遊廓の中に格式が生まれていたと

            スキ
            7

            ぼくのマンガ人生 (岩波新書)手塚 治虫

            この本は、みなさんご存知のマンガ家「手塚治虫」が、幼少期にマンガと出会い、マンガに助けられ、そしてマンガを描き続けてきた自身の人生について、改めて振り返りながら、自分がどのようにして「マンガ」、ひいてはマンガを通じて「人」と、向き合ってきたかを書き記した一冊です。 「好きだから」で選べるか一番おもしろかったのは、P72 「生命の尊厳」がぼくのテーマ より ぼくは医者になれたらいいなとも考えていましたし、マンガも描きたいと思っていました。そしていよいよ進路を決めなければなら

            スキ
            4