ひらいで#あの人が願っていたこと

心に秘めた願いを探求しにいきませんか。あの人が願っていたことは、願いを絵と詩で表現する…

ひらいで#あの人が願っていたこと

心に秘めた願いを探求しにいきませんか。あの人が願っていたことは、願いを絵と詩で表現するプロジェクトです。DMお待ちしています|ひとりひとりのはたらきに光を当てる|Globis MBA|認定ワークショップデザイナー|Co-active coaching/leadership|

マガジン

  • その痛みは、誇り

    こちらのマガジンでは、対話の中で聴かせていただいた痛みを絵と詩で表現していきます。聴かせていただいたの痛みを明らかにし、それがしっかりと扱われるように。絵を書かせてくれる人も募集しています。記事の中にあるTwitterリンクから、お声かけください。

  • あの人が願っていたこと

    こちらのマガジンでは、対話の中で聴かせていただいた願いを絵と文章で綴っていきます。聴かせていただいたの願いを応援し、それが誰かの背中を押せるように。絵を書かせてくれる人も募集しています。記事の中にあるTwitterリンクから、お声かけください。

  • なぜシステムコーチを目指すのですか?

    このマガジンは、システムコーチングを学ぶ過程で、感じたこと気づいたことをまとめていくノートです。システムコーチングに興味がある方の参考になれば嬉しいですし、これを読んでコーコーチできたりする機会が生まれると最高です。

  • 年初の問い

    年始は、目標ではなく、問いを立ててみませんか。途中で達成できず諦めてしまうことなく、一年間ずっと問いと一緒です。問いは、タイミングによって自分の答えが変わってきますので、終わりがありません。逃げることはできません。ですが、その分、必要なものを届けてくれると思うのです。

  • Co-Active Advent Calendar 2023

    Co-Active Coachingを学んだ人たちが、2023年を語った記事のまとめです。noteに書かれているものを集めたものになります!

最近の記事

  • 固定された記事

noteに 関心を持ってくれた方へ〜自己紹介〜

noteを書いていて  そこそこの月日が経った けれど 自己紹介のようなものを 今まで書いた事が ない そこで 今回は 関心を持ってくれた方が もう一歩 僕と繋がってもらえるように 自分が どんな人なのかを まとめてみた これを機に 申し込みに繋がったら とても 嬉しい どのような人かひらいで と言います 学びの場では 名前の方の哲也をとって てっちゃん と名乗っています 東京生まれ 東京育ち 杉並区です 漫画に出てきそうな 受験家庭で育ちました 幼稚園の年長

    • その痛みは、誇り 02

      その手は  大切なひとを 守るためのもの  その はずだった 母親が 大好きだった 自分を産んでくれた この人を 守りたいと そう 願った しかし あの人の身体は 病弱で 多くの負担をかけてしまった 自らが 生きることで 大切なひとが 疲弊していく いつからか あの人は こう 思ようになった 自分が いると  人に 迷惑をかけてしまう 記憶に 刻まれた頃から 人の輪を 避けるようになった 自分が関わると  そこを 壊してしまうから 輪に入るのを 許せるのは 何

      • 緑色だと思って握りしめていたライトセーバーは、橙色をしていた

        スターウォーズの登場人物には、ジェダイと呼ばれる正義の騎士と、ダークサイドに堕ちたシスという悪役がいる。彼らは、どちらも同じライトセーバーという武器を使う。高温なのか、振るうと空気が焦げるような音が鳴る。戦闘シーンでライトセーバー同士が交差すると火花が散る。バチバチバチ。 劇中で印象に残るのは、その色だ。ジェダイのそれは緑色。そして、シスのそれは橙色。同じ武器でも、源となるエネルギーが違うのだろう。だから、発する光が違う。同じキャラクターでも、ジェダイの時は緑色で、ダークサ

        • 貴重品の全てを電車に置き忘れてから、戻ってくるまでのぐちゃぐちゃな心の声

          貴重品の入ったもの。財布や鞄。大切にしていたはずのそのものを無くしてしまったことがある方も多いのではないでしょうか。僕にもこの前起きてしまいました。幸い手元には戻ってきたのですが、もう二度と同じ思いはしたくないですね。今日は、その時の心の動きを書いてみます。 その日は雨が降っていた結構強めの雨で、傘を差しているとしっかりと音が鳴るくらい。たまたま出社勤務の日で、リュックを背負い、ビジネスバッグを手に持って出勤していた。1日の仕事を終え、その夕食は軽めに丸亀製麺。帰宅しようと

        • 固定された記事

        noteに 関心を持ってくれた方へ〜自己紹介〜

        マガジン

        • その痛みは、誇り
          2本
        • あの人が願っていたこと
          58本
        • なぜシステムコーチを目指すのですか?
          11本
        • 年初の問い
          18本
        • Co-Active Advent Calendar 2023
          22本
        • Co-Active Song (非公式)
          3本

        記事

          あの人が願っていたこと 57

          あの人は  起点になりたいと 語った 何もないところから 幸せを生み出す ありがとうの 起点に 仕事のしていた 父の 肩揉みを していた 正直 面倒だった けれど ありがとうさえあれば  気持ちは 喜びに変わった そして これは  人と人とが 暮らす 日常の 根幹だと 気づいた あの人は ありがとうを生み出すために できることを 次々と手を出していった 無尽蔵にも 見えるその力は 家族から 注がれている ついつい 自己犠牲に走りがちな あの人 ほんとうは 家族

          あの人が願っていたこと 57

          あの人が願っていたこと 56

          あの人の人生は 取引だった 幼い頃から 病気がちだった 自分がいると 家族に迷惑をかける そう 思い込んでいたあの人にとって 人生は 取引だった 自分が居心地良く 過ごすためには 何かしらの価値を 提供しなければならない あの人は 能力を高め 自身が提供できる価値を 高めつづけた 所属した会社においても そうだ あの人は 価値を高めつづけた 自分が いても迷惑をかけないように それだけに 集中し たくさんの行動を 起こしてきた 戦って 戦って 戦い続けて そして

          あの人が願っていたこと 56

          その痛みは、誇り 01

          幼い頃 行動は制限された すべては 試験のため 頑丈な鎖に 繋がれたようだった 期待に 応えなければ 好きな遊びすら 許されなかった 自由とは  我慢をし 期待に応えたことへの 報酬だった もちろん 反発をした 幾度となく その牢獄から  抜け出そうと 試みた しかし その度に 囁かれた いまここで 頑張ったら あとが 楽だから 他に術のない あの人は  置かれた環境で 耐え抜いた 自らの 自由のため いつなのか わからない  あとを 楽にするため 友達 遊び

          恐れは消えないが 足取りは軽くできる

          嫌な想像 ばかりが  頭に 浮かぶ 体調が 悪くならないか 食あたり しないか 致命的な 失敗をしてしまうのではないか どくん どくん 心なしか 心臓の音が いつもより 大きい感覚がある * ここ数日で 新しいことを いくつか 体験した 決して 特別なことではなく 他にも体験している人は たくさんいるだろう けれど 僕にとって 新しいことだった  それが たくさんの不安を 自分に 引き寄せた 初めてのことが 緊張するという よくある 話だ * ただ 僕は

          恐れは消えないが 足取りは軽くできる

          他者の眼

          システムコーチング*1を 学んでから 可能な限り 実践できる範囲で 試すことを 続けている うまくできる とは 全く思わなく できる限りをのことを 考え その場で 作りかえていく そして その度に できなかったことに 頭を抱える 今日は その中でも インタビューに 関するテーマだ * システムコーチングでは 対象となる システムが  どのような状態にあるのか 仮説を立てる どのような 強みがあるのか どのような 伸び代があるのか その仮説をもとに 実施する 内容

          絶望を 聞かせておくれ

          つい先日 ヨルシカの曲 【晴る】の MVが 公開された 葬送のフリーレンの曲として  リリースされており 歌詞からも  フリーレンと関連があるなと 思いながら 聴いていた曲だった その時はまだ ここまで 気持ちを揺さぶることになるとは  思わなかった MVを見るときも どんなのだろうという 好奇心が ボタンを押させた 泣いた 噛み締めるように 泣いた 現実は 願った通りにはなっていない 神様に 祈りを捧げていたのだろうけれど 叶うこともない 大切なひとは 帰って

          あの人が願っていたこと 55

          あの人は 言葉を紡いだ 生きることは 思い通りに いかないことだらけ 苦しくて 息が詰まり 怒りに 肩を振るわせ 悲しみに 頬を濡らすこともある でも それでも 生きることは すばらしい そう 信じたい 日は登り 月は照らす 花は咲き 空は青く 草木は繁る 心臓は鼓動し 魂は響く 毎日は ささやかな奇跡に 溢れている そこに気付き 受け取りさえすれば いまここにある時間に 感謝し 一日を 終えることができる 生きることは 一日の繰り返し ならば 生きるこ

          あの人が願っていたこと 55

          もう やめよう

          もう やめよう きっと もういいんだ もう やめよう 自分の首を 締めるのは もう やめよう * コーチングに であったのは カウンセリングに 行き始めた頃 人を救う 人の関わりに 興味を 持った ただ カウンセリングには  公的な資格が 必要だった それもあって コーチングに 興味を 持った 性格診断を やっても 対人系の職業が 並ぶことが多い それも 背中を押した 僕は コーチングを探求しはじめた * 受け始めてすぐ 自分の何かが 変わっていく 感覚

          願いを語ることは 人生を変えること

          願っていること それを 語ることは 人生を変えることだと 思う 語ると その本当の姿が 明らかになっていく 明らかになることが  結果として 人生を変えていく  * 明らかにする  だなんて 大袈裟だ 願っていることなんて 簡単だよ わかってるよ そう思う人も いるかもしれない けれど どうだろうか 願いが いろいろなところに 影響を 及ぼすのだとしたら 願うことで 誰かを 傷つけてしまうのだとしたら それでも 願うことは 簡単だろうか 容易に 心から願

          願いを語ることは 人生を変えること

          僕は CPCC®︎ではない

          僕は CPCC®︎ではない ずっとこの言葉を  自分に 投げかけていた * CPCC®︎は複数ある コースのうち 上級コースを完了し 認定試験を受けた後に 獲得できる 資格 取得には 時間と費用のハードルがあり 僕には 遠い存在だった ただこの言葉を SNS上で見るたびに 心のどこかが ちくちくと痛む感覚があった コーチングをすることから  随分と 距離を置いていたのだけれど 最近になって ようやく向き合えた時 また この言葉を耳にすることが増えた  CPCCか

          あの人が願っていたこと 54

          魂に 一致して生きたい あの人は そう言った 正解があるものは 得意だった 勉強 や スポーツ 努力が そのまま 結果につながった 積み上げれば できるという 効力感が あった しかし 社会人になってから その生き方に 行き詰りを感じる 仕事 人間関係 答えを 自分で作らなければ ならないものは 何もかも うまくいかなかった 身体を壊すほど 残業をしても 成果は ついてこなかった   転機 となったのは 結婚の話が 上手くいかなくなった時 小手先の話 ではなく

          あの人が願っていたこと 54

          あの人が願っていたこと 53

          あの人は 自らの仕事に 誇りを 感じていた 生命を ご本人から預かる 看護という 仕事を 看護 と言っても  あの人の職場は 集中治療室 生命維持 限界の人たちが  運ばれてくる 最後の砦 あの人の 身体が  あの人の 技術が あの人の 信念が 一人では 維持できない生命を 回復するまで 支える 一日一日に 細心の注意を払い 預かった 生命を 本人へと お返しできたその時に思う ああ なんて 尊い仕事なのだろう しかし 目の前の仲間達は その素晴らしさを 

          あの人が願っていたこと 53