【世界のどこかのおかえりなさい】多分シーナと一平を振り返るノート

池袋駅からひと駅の椎名町にある商店街のなかのお宿シーナと一平。そこに務める番頭つよぽんによるお宿の備忘録的、コラム的、個人的な雑記の記録。読むかどうかはあなた次第♡

そうだ、実は作ってた(2019年11月の事)

2019年11月、日本では、どんな出来事があったか、ほとんど覚えてませんが、皆さんはいかがでしょうか・・・?(プライベートのことも思い出せないわ、僕。) 世の中の出来…

年末すること(2019年12月の事)

『2020年も半分を過ぎた・・・。』なんて言う言葉が常套句になっている7月上旬。 こんにちは。お宿の番頭をしておりました。つよぽんです。 今回から、こちらのnoteのペ…

メキシコで魔術占い#3

シーナと一平のお宿は、暮れの12月から1月初めまでは超繁忙期となります。そんな中、2020年の年末年始は番頭のつよぽんが旅行に出かけていたので、大忙しでした。(お互いに…

コロナ直前の2月までを遡る。#2

宿にゲストがいない状態が、およそ3ヶ月ほど経ちました。 不思議なもので、ほとんど毎日のように朝から晩までお宿業務をしていたのに、思い出そうとすると「あれ、何して…

旅の始まり#1

つよぽんからバトンタッチされました、さちこです。 「シーナと一平」にさちこという何だかわからない人いるけど誰なの?何者なの?という疑問にお答えします。 一言でい…

いつかまた、「おかえりなさい」を言えるその日まで!#0

こんにちは、シーナと一平にてお宿の番頭を務めております、つよぽんです。 新型コロナウイルの影響により、この度、シーナと一平のお宿を当面おやすみする運びとなりまし…