【世界のどこかのおかえりなさい】多分シーナと一平を振り返るノート

池袋駅からひと駅の椎名町にある商店街のなかのお宿シーナと一平。そこに務める番頭つよぽんによるお宿の備忘録的、コラム的、個人的な雑記の記録。読むかどうかはあなた次第♡

お宿やってて嬉しいことシリーズ②(2019年5月&4月の事)

こんにちは! いつの間にか、ポカポカ陽気の日々が続くようになりましたが、。。。皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。 本当であれば、海外であったり、国内の遠いとこ…

お宿は日々変わり続ける。(2019年6月のこと)

皆さんこんにちは! シーナと一平、番頭のつよぽん。です。 さて、今回は、2019年6月の出来事について綴ろうと思います。 と言っても、すごく大きな出来事ではないので…

お宿で起こることシリーズ①(2019年7月の事)

こんにちは! 前回の「お宿で嬉しかったことシリーズ①」に引き続き、今回は、お宿で起こることシリーズと題して、投稿しようと思います。(シリーズ立ち上げるだけが好き…

お宿やってて嬉しいことシリーズ①(2019年8月の事)

お宿の醍醐味といったら、やっぱり、国内外のゲストと交流が出来ること!と僕は思っています。 とは言っても、実際、宿泊施設の仕事の大半は、「掃除」「洗濯」「お部屋の…

お祭りと椎名町。(2019年9月の事)

シーナと一平がある、椎名町(住所では、長崎という地名になります。)には、長崎神社という神社が駅前にあり、毎年9月の第二日曜日に長崎神社例大祭が行われています。(…

熱狂と雨燦燦。(2019年10月の事)

いつもお宿の稼働率を最後に書いているのですが、今回は最初に。 なぜって。 言わずもがな、2019年10月は、忙しかったのです・・・! 稼働率70.05%!(あれ、もっと稼働し…