見出し画像

コロナ直前の2月までを遡る。#2

宿にゲストがいない状態が、およそ3ヶ月ほど経ちました。

不思議なもので、ほとんど毎日のように朝から晩までお宿業務をしていたのに、思い出そうとすると「あれ、何してたっけ?」となります。
きっと濃厚な日々過ぎて脳みその回路がデロデロになっているのかも。

そのな時に助けになるのが『お宿の予約シート(データ)』『宿帳(紙)』そして『さちこさんと一緒に思い出し雑談ミーティング(笑)』

特に、データで管理している『お宿予約シート』には、ゲストの宿泊期間などが分かるのはもちろん、何を話したか、どんな思い出があったか、なども書き込めるようになっているので、このようなタイミングにバッチリ!

本当は、再び宿泊に来てくださる時に、同じ質問を繰り返さないようにしたり、時に深い話になることもあるので、その後のことをお聞きしたり。。。
と言うようなことの為に記録しておりました。

画像1

3月の話

ゲストの大量キャンセルがありましたが、そんなピンチの時に、宿泊に来てくれた友人がいたり、都内でゲストハウスを営んでいる知人(悲しいかな先方もゲストが0になったりもしていた為)が泊まりに来てくださったりと、普段と違った3月という印象でした。

通常であれば、3月は桜のシーズンが始まるタイミングなので、徐々に予約が増えてくる季節なんです。その話はまた、いつかのタイミングで。

豆まき2020

2月の話

椎名町は毎年恒例となった、『椎名町豆まき祭』がありました。

このお祭りは12年前から商店街の有志の皆様で立ち上げたお祭りで、ありがたいことに僕らも4年前から実行委員のメンバーとして運営に関わらせてもらっています。

そんなグッドなタイミングの日にチェックインのゲストが、たまたまお昼前くらいに荷物を置きに来たので、お祭りもご案内して楽しんでもらう事ができました。^^

さて、お宿のゲストの状況はというと、近隣国との政治関係悪化や、香港のデモなどもあり、アジア圏のゲストが少なかった印象でしたね…。

僕たちからしたら、どの国のゲストだろうとどんな人種のゲストだろうと、良い人は良い人。それに尽きるなと思っています。
挨拶して、一緒に美味しいコーヒー飲んで、笑顔で会話出来て、いってらっしゃいとお帰りなさい。その時間がとても心地良いんです。

そうそう、2月中旬くらいから、ポツポツとコロナに寄るキャンセルが出てきました…。

余談

この時期は、僕は、UNPLAN kagurazaka さんに宿泊に行きました!
大きな施設なのに綺麗に保たれてて、掃除の極意が知りたいくらいピカピカでした。
1階のラウンジのカフェスペースもまったり、メニューも充実していて、丁度夜に友人とご飯を食べるまでの間にゆっくり過ごさせてもらいました。
翌朝も朝食付きで、快適。。。
神楽坂を拠点に東京散策も良いですね〜!
(※現在のご宿泊や営業の仕組みについては、ホームページやSNSでご確認くださいませ!)

画像3


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しい!
8
池袋駅からひと駅の椎名町にある商店街のなかのお宿シーナと一平。そこに務める番頭つよぽんによるお宿の備忘録的、コラム的、個人的な雑記の記録。読むかどうかはあなた次第♡
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。