数学月間

387
固定された記事
http://sgk2005.saloon.jpにもご訪問ください

小学唱歌の思い出(その1)

思い出す唱歌が2つあります.
最初の歌は「我は海の子」.我は海の子白浪の さわぐいそべの松原に 煙たなびくとまやこそ 我がなつかしき住家なれ。

もう一つは「風」.誰が風を 見たでしょう 僕もあなたも 見やしない
けれどこ木の葉を ふるわせて 風は通りぬけてゆく。

その1.「我は海の子」

私は1回だけ映画の撮影に出たことがあります.教室の1シーンだけで,それがどのような映画に仕上がっているのか

もっとみる
http://sgk2005.saloon.jpにもご訪問ください

数学月間第2週目

数学月間は,毎年いつも暑い最中ですが,今年は,特に,コロナもオリンピックも重なり鬱陶しい限りです.
7月22日(数学月間の初日)の第1週の講演は40人の参加で盛況でした.ZOOMではいつも何かしらのトラブルがあるので大変バタバタし疲れました.
講演会の配布資料は,数学月間のwebサイトの「SGK通信☆会員交流広場」に置きました.講演会参加者,および,数学月間の会会員限定で,ダウンロードできます.一

もっとみる
http://sgk2005.saloon.jpにもご訪問ください

トレミーの定理

トレミーは2世紀のギリシャの天文学者プトレマイオスのことです.地球中心の天動説を確立したので有名です.トレミーの定理を導きました.

トレミーの定理(Ptolemy's Theorem)とは,円に内接する任意の4角形 ABCD で,AB・CD+DA・BC=AC・BD が成立することです.
高校の幾何ででてきた懐かしい定理です.

トレミーの定理を,以下のような特殊な円に内接する4角形=長方形に適用

もっとみる
スキありがとうございます.励みになります.

7月22日は数学月間の初日(22/7≒π)

もうすぐ数学月間(第17回),7/22ー8/22です.参加登録お急ぎください.数学月間は,いつも暑い最中ですが,今年は特に,コロナもオリンピックも重なり鬱陶しい限りです.今回もZOOMですので,数学月間の会SGKのバーチャル・ルーム(作製:ミノカズヤさん)を作りました.自由に操作してお楽しみください.
https://door.ntt/scenes/sNwUpc8
-------
■今年(第17回

もっとみる
スキありがとうございます.励みになります.

平行、半平行、等面積

<<KVANTIK>>, No.11, 2020; Фёдор Ниловフョードル・ニーロフより抜粋

次の図を観察してください.

白い正方形を一斉にペチャンコにすると図形をコンパクトにすることができます.不思議ですね.

パラレルニクという多角形は,下図のどちらかの性質を持ちます.

任意の平行多角形はパラレルニクである.下図に示す例は5角形の平行多角形の例です.

次の図は,中央に任意の3

もっとみる
http://sgk2005.saloon.jpにもご訪問ください

今年の数学月間(第17回)のお知らせ

月日の経つのははやいものです.今年の夏は,数学月間の17年目です.
今年も昨年に続き残念ながら集会ではありませんが,皆様,自粛疲れでしょう.奮ってご参加ください.
今年も数学月間期間(2021.7.22~8.22)に,次の4つの講演をZOOMにてリモートで実施します.
(注)22/7≒π,22/8≒e であることから,夏のこの1か月を「数学月間」と命名し,数学への共感を喚起するイベントを実施してい

もっとみる
http://sgk2005.saloon.jpにもご訪問ください

コラッツの問題

1937年にローター・コラッツが提示した問題です.
任意の自然数nに対して,nが偶数であれば2で割り,nが奇
数であれば3倍して1を足すという操作を繰り返します:
2m→m  あるいは   2m-1→3(2m-1)+1

どのような正の整数から始めても1にたどり着く.あるいは,
→1→4→2→1→4→の繰り返しにたどり着くという予想です.

どんな大きい数から始めてもこの性質は成立する(コンピュー

もっとみる
スキありがとうございます.励みになります.

マルコフ連鎖の問題

https://elementy.ru/nauchno-populyarnaya_biblioteka/435457/Kvantik_9_2020

«Квантик» No9, 2020に,アレクサンダー・ペレペチコによる次の問題があります:

1.サーシャは,1日2回,朝と夕方に,物忘れ治療薬を飲まなければならないのですが,忘れることもあります.続けて 2 回服用した後は,必ず忘れずに服用し,

もっとみる
http://sgk2005.saloon.jpにもご訪問ください

PCR検査は何のために

(要旨)◆PCR検査の感度と特異度は,遥かに1に近い確率でした.偽陰性や偽陽性を理由に検査数をコントロールする理由は成り立ちません.検査を拡大し有病者を発見し早期隔離しましょう(感染から5日目頃が最もウイルスを放出し,有病者の半減期は10日位です).◆日本の陽性率は7%と計算できますが,最近の変動の勾配(末尾に掲載)から見ると10%を越えたように見えます.このグラフがそのように見えるのは,検査数を

もっとみる
スキありがとうございます.励みになります.

3Dジグソーパズル

2020年度の数学月間企画講演の第3回は,12月26日(土),27名の参加者で実施しました.この1年間は直接の会合ができず,物足りなさの残る年度でした.とくに,インターネットをやらない会員各位にはご不便をおかけします.ここに年度後半の概要を報告いたしますのでご利用ください.なお,内容詳細は,NPO数学月間の会HPの記事,および,そこにあるリンクからyoutubeに公開した講演動画をご覧ください.

もっとみる
http://sgk2005.saloon.jpにもご訪問ください