見出し画像

スイスの大学で最先端テクノロジーの企業ワークショップを実施

2019年10月、アカデミック・シンクタンク SEYMOUR INSTITUTE の前身となる活動で、名古屋に本社を置くブロックチェーン技術を研究開発する企業とSEYMOURは、スイスのレ・ロッシュ大学が開催するホスピタリティ・イノベーションサミットで、先端技術を理解するワークショップを提供しました。

第5回目となるFuture of Hospitality Summit(未来のホスピタリティサミット)"FHS2019"は2019年10月18日から2日間にわたる、イノベーションとテクノロジーにフォーカスしたホスピタリティ企業が参加するイベントです。ヨーロッパ各地から10名のゲストスピーカーが登壇しました。

イベント会場でのパネルディスカッションの他に、大学講義室での、テクノロジー企業によるワークショップが行われました。

画像3

ホスピタリティマネージメント教育では世界トップ3

標高1,200mにあるレ・ロッシュ大学は、92ヶ国から学生が集まる全寮制の教育で、あらゆる業界で活躍するマネージメントクラスの人材を育成しています。

画像1

日本から参加したソフトウエア開発企業の若手エンジニアがワークショップの講師として、ブロックチェーン技術の基礎〜活用事例、自社が開発したブロックチェーンゲームのデモを行いました。大学の学生、イノベーションマネージャー、ホスピタリティ企業とブロックチェーン技術の社会導入への課題、スイスの国は世界をリードする規制や取り組みが行われていることなどを話しました。

画像3

このスイスの大学での日本企業のワークショップは、SEYMOUR INSTITUTEがサポートする、企業の戦略的競合優位性の活動の一例です。

ワークショップを行った企業は、自治体が参加するブロックチェーンを活用した実証実験の開発を受託し、日経新聞等で紹介されています。

画像4

アカデミック・シンクタンク SEYMOUR INSTITUTE
https://seymour-inst.com
世界をよい場所にすること、それで十分ではないか?

エンジニアを最優先に!

19
世界をよい場所にすること、それで十分ではないか? スイスを拠点としたアカデミック・シンクタンクを設立。分散型ネットワークを研究開発する非営利財団の日本 / 欧州担当。SBSスイスビジネススクールの受講過程について。スイス・日本の産学官連携、テクノロジーにかかわる事業進出について。