見出し画像

因果関係を考えすぎない。

「あの人がこうしたから、自分はこうなったんだ。」

自身の中で『因果関係』を意識しすぎるあまり、何かのせいにしたり、勝手に都合のよい解釈をしてしまうことがある。


1 原因と結果。また、その関係。
2 仏語。前に行った善悪の行為が、それに対応した結果となって現れるとする考え。特に、前世あるいは過去の悪業 (あくごう) の報いとして現在の不幸があるとする考え。「親の因果が子に報い」 - 因果関係とは


確かに原因と結果が紐付いている事象も多いわけだが、『自分がやるべきこと』が達成出来なかったとき、『他の誰かのせい』にするべきではないし、過去の出来事を引っ張り出してあれこれ紐づけるのも違う。

いつでも自分のなかで「いま、ここ」を意識し、判断や選択をしてリスクや責任を負う必要があるし、他者に介入しすぎたり、他者に期待しすぎて失望するのも違う。


「全ての悩みは対人関係が起因している」

岸見 一郎、古賀 史健 著の『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』ではないけれど、関与する領域を正しく設定していく必要があるし、『いま』と『これから』を考える選択しか残されていない。





「 いまここ をどう生きるか。」

毎日が今日という点の積み重ね。




メインブログ:日本微住計画
https://satoshohei.com/



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで頂きありがとうございます。読者さんからのリアクション、とても励みになります。コメント付きでシェアとか頂けると、さらに喜びます!

わーーー嬉しいです!! シェアとか頂けるともっと喜びます!
1
noteでは、考えや気付きを『1分間』程度で伝えるミニマルな企画をしてます。2014年から『移動する生き方』を通じて、移住と旅の真ん中らへんの滞在概念を面白がってきました。令和元年より横浜のBtoB企業で、販促や広報部門を担当してます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。