AZEN

中学校国語教師。ハーレー乗り。時々、旅人。
  • 20年前に書いたエッセイ。一部加筆修正。 ★は2017年以降、新たに書き下ろしたエッセイ。
    2フォロワー
  • 中学2年生の羽田香織さんが院内学級の国語の授業で書いたエッセイ。原文は点字。佐瀬が墨訳。
    2フォロワー
  • 短編小説
    1フォロワー

★教育という営み

「校長のパワハラと闘っています」と人に話すと、「とてもアグレッシブな方ですね」「パワフルですね」という反応が返ってくることが多い。 しかし、私自身は、人よりアグ…

★人柄の善し悪しと仕事の能力

「あの人は性格が良くて仕事ができる」こんな人がいたら、文句のつけようがない。 普通の職場には「性格は悪いけど仕事はできる」人と、「性格は良いけど仕事はできない」…

★国語科教師の本分

国語科教育とは何か?私は、大学卒業以来30年間、国語教師として国語を子どもたちに教えてきた。国語を英語に翻訳するとjapanese。つまりは、中学生に30年間、日本語の…

★子どもに不適応な学校システム

子どもが不登校になるのは、子どもが学校に不適応を起こしているのでは無く、今の学校システムが、子どもに不適応だからであると感じています。 「学校は先生が子どもに勉…

★教師の雑談力

教師には営業マンと同じくらいの雑談力が必要であると私は考えています。教師が毎日行う授業。学習指導要領に基づいて作られた教科書がありますから、その内容を解説しつつ…

★教員採用試験の倍率が下がるということ

団塊世代の大量退職期に伴って、10年ほど前から大都市圏では新規教員の採用数が増加している。東京都の小学校全科で見ると、毎年1300人前後の採用数で、応募者数に対する採…