AZEN

中学校国語教師。ハーレー乗り。時々、旅人。
  • 20年前に書いたエッセイ。一部加筆修正。 ★は2017年以降、新たに書き下ろしたエッセイ。
    2フォロワー
  • 中学2年生の羽田香織さんが院内学級の国語の授業で書いたエッセイ。原文は点字。佐瀬が墨訳。
    2フォロワー
  • 短編小説
    1フォロワー

★教育という営み

「校長のパワハラと闘っています」と人に話すと、「とてもアグレッシブな方ですね」「パワフルですね」という反応が返ってくることが多い。 しかし、私自身は、人よりアグ...

★人柄の善し悪しと仕事の能力

「あの人は性格が良くて仕事ができる」こんな人がいたら、文句のつけようがない。 普通の職場には「性格は悪いけど仕事はできる」人と、「性格は良いけど仕事はできない」...

★パワハラ発生のメカニズム

職場で言動がおかしいと感じる上司に遭遇したとき、部下として取るであろう行動には3種類のパターンが考えられる。 ① おかしいと気づかずに上司に従う。 ② おかしいと...

★国語科教師の本分

国語科教育とは何か?私は、大学卒業以来30年間、国語教師として国語を子どもたちに教えてきた。国語を英語に翻訳するとjapanese。つまりは、中学生に30年間、日本語の...

★職員室カースト体験記

平成2年から8年まで、私は、都立某盲学校(視覚特別支援学校)の中学部に勤務していた。その学校には当時45歳くらいの全盲の視覚障害のある、Aという先輩教師がいた。 ...

★子どもに不適応な学校システム

子どもが不登校になるのは、子どもが学校に不適応を起こしているのでは無く、今の学校システムが、子どもに不適応だからであると感じています。 「学校は先生が子どもに勉...