ソルティはかた

ヒト年齢50歳超えたオス猫。ブログ「ソルティはかた、かく語りき」で、映画・本・音楽・落語・芝居・能・登山・仏道修行・介護・福祉・ボランティア・デモ行動・家庭菜園・性などを勝手気ままに論じている。http://blog.livedoor.jp/saltyhakata/

第4幕 第3場 竹取の翁の家

(PDFファイルにより縦書きでも読めます) 暗転の間、読経が続く。ゆっくりと天へと向かう月。 中天に達すると、青白い光が舞台に満ちる。 庭の侍達、家の中の帝、翁…

第4幕 第1場 宮中の某所

(PDFファイルにより縦書きでも読めます) 夕暮れ。背景の空が朱い。 帝、武装した高野の大将より報告を受けている。 大将  仰せのとおり、左右の近衛(このえ)、左…

第3幕 第2場 竹取の翁の家

(PDFファイルにより縦書きでも読めます) 三日月。虫の声。 後ろ姿のかぐや、縁で泣き伏している。 翁、媼、奥より登場。媼、盆を手にしている。二人戸口からそっと…

第3幕 第1場  竹林

(PDFファイルにより縦書きでも読めます) 夜。 竹林を照らす望月。フクロウの声。 中臣  ( 舞台外から)おーい、おーい。大君さーん。聞こえますかあ? 聞こえ…

第2幕 第4場 宮中の一角

(PDFファイルにて縦書きでも読めます) 真っ暗な舞台に読経の声。 それがだんだんと嵐の音、波の音に変わっていく。 船のきしむ音、雷鳴、そして人の声。 人の声1 …

第2幕 第3場 竹取の翁の家

(PDFファイルにで縦書きでも読めます) 冬。雪の降り積もりたる午後。 座敷に翁、媼、石上の中納言が火桶を囲んで談笑している。中納言の傍らに朱塗りの箱が見える。…