戯曲 かぐや 第4幕

3

第4幕 第1場 宮中の某所

(PDFファイルにより縦書きでも読めます)

夕暮れ。背景の空が朱い。

帝、武装した高野の大将より報告を受けている。

大将  仰せのとおり、左右の近衛(このえ)、左右の衛門(えもん)、左右の兵衛(ひょうえ)の六衛府より、併せて二千の兵を集めましたほか、都中の検非違使(けびいし)より剛(ごう)の者五百を選びより、竹取の邸(やかた)に遣わしております。

この二千と五百の兵を五つに分けまして、邸の

もっとみる

第4幕 第2場 竹取の翁の家

(PDFファイルにより縦書きでも読めます)

宵の口。

上手に一間、奥へと続いている。中央と下手は庭。前栽、置き石などが見える。舞台後方に築地(ついじ)、その向こうは竹林。

庭の部分にスポットが当たっている。庭では、翁、高野の大将はじめ侍達が数名、ものを食いながら談笑している。築地(ついじ)の上にも侍の姿。侍女たち、給仕している。

犬の鳴き声。

竹林にかかる――望月。

侍A  おおい、こ

もっとみる

第4幕 第3場 竹取の翁の家

(PDFファイルにより縦書きでも読めます)

暗転の間、読経が続く。ゆっくりと天へと向かう月。

中天に達すると、青白い光が舞台に満ちる。

庭の侍達、家の中の帝、翁、媼、静寂のうちに眠り込んでいる。

フクロウの声。

中臣、登場。

中臣   ( 舞台を見回して)面白い芝居が見られるというのでこうして来てみれば、何のことはない。役者どもがアホ面並べて居眠りときている。これじゃ月の奴らにすすんで

もっとみる