加藤貞顕

noteやcakesを運営する会社、ピースオブケイクの代表です。
固定されたノート

noteが5周年をむかえました。

noteがはじまったのは2014年の4月7日です。これを書いている今が、ちょうど5周年ということになります。 こういうときはどうしても月並みな言葉になってしまうのですが、...

「文藝春秋」のnoteがはじまりました。

本日から、「文藝春秋」のnoteがはじまりました。 「文藝春秋」は、約100年前に作家の菊池寛さんが創刊した雑誌です。個人的にも、とても思い入れがあります。 5年前のno...

Linuxカーネルのある1行にまつわる想い出

先日していただいた取材記事のなかで、こんな話をちょっとした。 大学生の頃がちょうど日本のインターネットの黎明期で、大学院生の頃にはAT互換機にLinuxをインストール...

「編集日記」購読者向けの年末のあいさつ

これは定期購読マガジン「編集日記」購読者向けの記事です。

500

魔法としての言葉

ロールプレイングゲームやファンタジー小説の魔法使いは、呪文を詠唱する。つまり、口に出して、ホイミとか、HALITOなどと言う。それによって、相手を癒やしたり、攻撃した...

オープンソース・ソフトウェアはなぜこんなに発展したのか。そしてコンテンツはどうしたら?

この記事がとてもおもしろかった。 元記事はマーケティングについての話なのだけれど、最近、編集とかクリエイティブについて考えていることとシンクロしたので書いてみる...

500