見出し画像

母と娘の3か国弾丸二人旅。(2014秋)

2014年、長女の結婚式に、鹿児島から私の母も埼玉に来てもらったついでに(母は、孫の結婚式に出るという目的ですね。)、私も休暇を取り、せっかくなので
海外旅行にいっしょにいく計画をたてました。

久しぶりの母娘旅です。
たまたま、私がその当時貯めていた航空会社のマイルが120000マイルあって、使い道はどうしようかな?と思っていたのですが、アジアだったら、3か国ビジネスクラスで2人分周遊出来ることがわかり、75歳の母も無理なく行けるようにプランを考えました。


台湾、タイ、ベトナム3ヶ国すべて飛行機はビジネスクラスで、貯めていたマイルをすべて使いきりました。特典航空券は、このように、基準を満たせば、単純国の往復と同じマイルで周遊出来ます。(1人60000マイル)

それまで母とは韓国やドバイなど海外旅行に行っているのですが、今回は各国2泊ずつ計、6日間の日程ですが、日頃味わえない親子旅となりました。

往復の飛行機は特典航空券(マイル)なので、ホテルの手配などは私がしました。少し歳を取ると、いろんなことが億劫になるものですが、母は意欲的にパスポートを発行し、結婚式出席の疲れも何のその!で出発です。

母は、ビジネスクラスでの旅は初めてです。

台湾までは、あっという間の4時間。

ホテルに着いてからは、やはり王道のこちら。

ディンタイフォンで熱々の小籠包!

翌日は、
観光名所の九份に向かいます。普通の路線バスが意外と格安で、座れて快適です。

九份で、お茶屋に入ったりして、

これから、どうしようかな?と
思っていると、母が「十份って、行ける??」
と聞いてきました。

どこかの新聞で見て気になっていたらしい。

「はて???十份????」

調査不足であります。お茶を飲みながらネットで調べると、まず瑞芳という駅までバスで行き、そこから平渓線というローカル線に乗り換えて十份まで。45分に1本くらい走ってるらしいので、14:00から向かうのはギリギリかなぁ

一眼レフで電車の写真を撮るのが好きな母は
ここでレトロな車両を見てみたいとか!

かなりの鉄子。
早速、行きと反対のバスにのって
10分くらいの瑞芳駅へ。(国鉄)

瑞芳駅からは、ローカル線で、十份まで向かいます。



こんなレトロな、列車です。

でも派手め。


しかも、トンネルが

『千と千尋の神隠し』か!!

くらいのミステリアスな風景でした。

時間はかかりましたが、こちらの十份は、電車が来ない時間、ランタンを飛ばすことが出来ます。

↓こんな風に線路の脇にはお店が立ち並んでいて、人でいっぱい!

ランタンを飛ばす風景もみることができました。


帰りの台北までのバスは満員で座れなかったのですが、母の行きたいところに行けたのが良かったです。
最初の台湾から、かなり疲れたのですが、次の目的地『バンコク』へと向かいます。
              つづく。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やった〰️😉嬉しいです
東京、椎名町のお宿、シーナと一平の(夜の女将)です。お酒をこよなく愛し、世界中の美味しい酒を飲みに行くためだけに旅に行く 《旅する飲んべえ》 コロナ禍でゲストハウスが1年休業することになったので、「世界のどこかのお帰りなさい·旅の記憶編」として、私なりの旅を発信していきたいです。