見出し画像

【2021年】IOSTの将来性・時価総額・発行枚数!今後の価格のチャート分析 (日本円)!購入方法や取引所【仮想通貨】

どうも個人投資家のSACHIです(◍•ᴗ•◍)

2020年にコインチェック上場したIOSTについて質問が多くなったので加筆しました♪


IOSTについては発表前から個人的に気になっていたコインでもあるのです〜!


という事で今回は「【2021年】IOSTのファンダ&テクニカル分析」を書いてみたよ〜(◍•ᴗ•◍)

>>>【約9,600円分】仮想通貨を無料でもらえるキャッシュバック一覧

IOSTの時価総額・発行枚数など【仮想通貨】

IOSTの時価総額・発行枚数など【仮想通貨】

通貨名: IOST
ティッカーシンボル: IOST
開発者: IOST / IOS Foundation Ltd.
コンセンサスアルゴリズム: Proof of Believability(PoB)
公開日:2018年1月
発行上限数: 210億IOST
時価総額:¥11,181,429,751(9/2時点)
時価総額ランキング: 115位(9/2時点)


IOSTとは (Internet of Services Token)の頭文字をとった略称でもあるんだよ。
でも一般的に「インターネット・オブ・ サービス・トークン」とは呼ばれず「アイオーエスティー」と呼ばれております(◍•ᴗ•◍)

好きなように呼んであげてね〜笑

IOSTの特徴【仮想通貨】

IOSTの特徴【仮想通貨】

IOSTはDAppsを開発するためのブロックチェーンプラットフォームです。

DAppsとは(decentralized applications)の略称で分散型アプリケーションの事です。すっごい簡単に言えば特定の管理者が居なくて勝手に動くものです(▰˘◡˘▰)

画像14

良い例だと管理者が居ない下記のサービスは勝手に動いてるのでDAppsに該当します。

●分散型取引所
●ブロックチェーン ゲーム
●Defi

「勝手に動けば何でもDAppsなのか?」という訳ではなく、イーサリアムやEOSを使ってスマートコントラクトで書いてるブロックチェーンのアプリが主にDAppsと呼ばれるんだよ(◍•ᴗ•◍)

IOSTの将来性【仮想通貨】

IOSTの将来性【仮想通貨】

将来性としては8月に発表となったDeFiエコシステムのロードマップから2020年下半期以降「All in DeFi」がテーマとなっています。


DeFiをロードマップの優先度上位に位置付けていて下記のカテゴリーに該当するDeFiプロジェクト開発者へ向けて100万ドルの助成金を用意し、開発チームを募集しているのです!

●ステーブルコイン
●分散型取引所
●クロスチェーンスワップ
●金融デリバティブ
●融資
●予測市場

DeFiの需要が増してる2021年、そこに絡んで来るネイティブトークンのIOSTは一段と需要が高くなるかもしれないね〜。

PoB(プルーフ・オブ・ビリーバビリティ)とは?【IOST】

PoB(プルーフ・オブ・ビリーバビリティ)とは?【IOST】

仮想通貨の銘柄にはそれぞれのコインにPowとかPoSとかコンセンサスアルゴリズムが採用されているけど、IOSはPoBが採用されています。

PoBは(プルーフオブビリバリティ)の略称で、イーサリアムやEOSの問題点を解決したコンセンサスアルゴリズムなのです。

●PoWより少ない計算能力で高速処理
●PoSにくらべて更に分散型

IOSTはPoSコインのようにステーキングもできるコインなので、やり方としてはステーキングプール「Liebi Mining Pool」や「Qingfeng」で保有する事で不労所得を得る事もできるよ(◍•ᴗ•◍)

【2021年】IOSTのチャート分析 BTC建と日本円

IOSTのチャート分析 BTC建と日本円【仮想通貨】

2018年1月にICOトークンとして海外取引所に上場しました。全体を大局的に見ていくと2018年に最高値15円を付けてから3年に渡る下落トレンド継続になってるのが分かります(◍•ᴗ•◍)

画像15

●IOST BTC建の週足

分かり易く抵抗を2本可視化しておくと、どこのラインで攻防中なのか分かると思います!

画像16

週足の雲下辺に弾かれて内側の2019年からの下降ライン(紫)をまだ上抜けて無く最安値を更新中である事を認識しておこう。

とてつもない売り勢力であった週足の雲上辺がようやく薄くなって来ています。後述している円建て分析と同じ時期に当たる1月下旬から上抜けが想定できるかもね(◍•ᴗ•◍)

●IOST 日本円(円建て換算)の月足

1月7日時点で日本円だと0.64円を推移しています。

対USDT建では長期下降ラインを抜けた水準にでウロウロしています。月足チャートから長期的な下落トレンドの最中である事を把握しておきましょう(▰˘◡˘▰)

画像16

●長期的な下落トレンド中


●IOST 日本円(円建て換算)の週足

そろそろ週足の雲から脱出できる環境に近づいてるので1月25日以降の週からは高値更新を目指せるのではないか?と想定しています(◍•ᴗ•◍)

画像17

●週足雲内:22週目
●1/25以降に再上昇の兆し


IOSTのように長期下落トレンドの場合は、週足の雲が意識されています。雲上辺が抵抗になってる以上は横から出て上値が軽くなったところをトレーダーも意識すると思われます。

他の銘柄が週足の雲内にどれだけ滞在してから抜けたかを、こちらの記事でも分析してるよ(◍•ᴗ•◍)

>>>アルトやBTCの週足の雲の抜け方の分析

●IOST 日本円(円建て換算) 日足

日足ボリバンMAとの攻防が続いてレンジになってますが、週足の雲下辺が引き続き抵抗になるようなら、1月下旬まで0.6円前後を推移して行くのではないかと見ておいた方が無難です。

画像17


●IOST 日本円(円建て換算) 4時間足(1/16加筆)

チャネル上限が抵抗になってしまうとハンマーの箇所が売り指標になり易いです(◍•ᴗ•◍)

画像16


日足も4時間足もRSIが91以上と、過熱感が出ているので調整に入る可能性を考えておくといいですね。

0.023付近でデッドクロスになる場合、0.013付近まで押し目が付くことも想定します。

もし、下落に転じた場合は目安としては4時間足のRSIが30付近が買い候補になって来ると思います。

万が一の下値管理としては引き続き長期下降ライン雲下辺(オレンジの反発層)はサポートとして意識され、ここまで下げればある程度の買いが入っています。

画像17

●サポート候補:0.0046(0.5円付近)


IOSTの今後の価格は?

IOSTの今後の価格 コインチェック上場の影響は?


チャート的な基準で言えば週足雲を抜けて、月足基準線1.03円を抜くことでIOSTの急騰ターンが来ると思ってます(◍•ᴗ•◍)

画像15

●週足雲抜を突破:0.006(0.61円)
月足基準線を突破:0.01(1.03円)


1円以下の草コインなので、些細な影響を受け易く暴落する可能性もあるので過信は禁物ですが、こういう銘柄が日本でホワイトリスト化されたという事がポイントです!

IOSTは国内ではコインチェック1社しか上場してないので、他の大手取引所にも上場発表などあれば価格に影響して来る可能性はあるかもね!

>>>コインチェックで損しない活用方法

IOST 取引所(購入方法)【仮想通貨】

IOST 取引所(購入方法)【仮想通貨】

海外取引所の中で日本居住者が1月7日時点で利用できるのはコインチェックBinanceKuCoinになります。(海外はいつまで取引できるか不明なので注意してね)

【取り扱い取引所一覧】
コインチェック(→公式サイト)
Binance(→公式サイト)
KuCoin(→公式サイト)
Huobi
Bitrex
HitBTC
Bithumb
OKEx

コインチェックは公式サイトの方で確認してみてね!

>>>コインチェック公式サイト

コインチェックの活用方法はトレードよりも自分のコインを預けてレンディングで不労所得を得る方法がおすすめです。


>>>仮想通貨を貸して増やすレンディングの金利比較・やり方

運営サイト

■仮想通貨ブログ


■Twitter


■ 【限定リリース】SACHIノート資産の守り方


この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

宜しければサポートお願いします♪頂いたサポートはクリエイター活動に使わせて頂きます♪

わーい♪ありがとう(◍•ᴗ•◍)
164
暗号資産(仮想通貨)のトレーダーのSACHIです。ツイッターとブログでテクニカル分析なども発信しています。ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、モナコイン(MONA)、 XEMなど 【SACHIの仮想通貨ブログ】→https://kasoutuka-bakuage.com