見出し画像

貸仮想通貨 レンディング金利比較!貸付のメリットやリスク!おすすめのやり方【貸暗号資産】

こんにちわ〜個人投資家のSACHIだよ(◍•ᴗ•◍)

今回はガチホしてる仮想通貨で不労所得で利益を出すやり方について解説してるよ♪


ガチホとは「ガッチリホールド」の略称で、保有銘柄を長期投資する投資方法なのです。でもこのガチホしてるコインを取引所へ貸出する事でリターンを得る事もできるよ(◍•ᴗ•◍)

貸仮想通貨 レンディング金利比較!貸付のメリットやリスクとおすすめのやり方【貸暗号資産】

銀行に500万円を預けても1年間で5000円しか利息が付きません(´•̥ ω •̥` ')定期預金でさえ1万円程度だよ・・・。

仮想通貨を取引所に貸出した場合、年率の最大5%の場合、年間で500万相当なら約25万円のリターンがあります。(※仮想通貨の相場は変動しますが)

仮想通貨の保有コインを貸出する事をレンディングと言います(◍•ᴗ•◍)

今回の記事では「貸仮想通貨(レンディング)の金利比較・やり方・リスク」などを解説しています♪

貸仮想通貨 レンディングの貸付メリット!

スクリーンショット 2020-07-24 17.09.39

仮想通貨のレンディングとは自分の保有資産を一定期間、取引所に貸し出すサービスです。貸付を行なうと賃借料(利用料)が得られるんだよ(▰˘◡˘▰)

レンディングは(貸仮想通貨・貸暗号資産)とも呼ばれています(◍•ᴗ•◍)

【貸付メリット】
●ほったらかし投資ができる
●トレードスキルは不要(🔰初心者向き)
●手順が簡単(難しい技術なども不要)

眠らせてる資産があるなら、貸出を行ってコインに稼いで来てもらえるので、ガチホとすごく相性が良いです。人気サービスが故に一定数到達で募集がすぐ終わってしまう為、いつ募集再開しても良いように環境を整えておくと良いです♪

貸仮想通貨 レンディング金利比較【全6社】

レンディング(貸仮想通貨)のサービスに対応してる取引所は全6社なので私が以前から徹底比較をしてたものを公開しました(◍•ᴗ•◍)

年率のコース資産がロックされる期間が各社異なるので比較してみてね!

スクリーンショット 2020-12-19 17.53.46


コインチェック→(公式サイト)
GMOコイン→(公式サイト)
bitbank→(公式サイト)
SBIVC→(公式サイト)
BITMAX→(公式サイト)
BITPoint→(公式サイト)

>>>【約9,600円分】仮想通貨を無料でもらえるキャッシュバック一覧

貸仮想通貨レンディングの計算

●ビットコイン(BTC) 3%の年率コースの

貸仮想通貨 レンディング金利比較【全3社】

●例)5BTC90日間貸出した場合
[5BTC] × [0.03(年率)] ÷ [365日] × [90日] = 0.0369863BTC

1BTCが102万だと(3ヶ月で約37,726円の不労所得)

●リップル(XRP) 4%の年率コースの例

ビットコイン

●例)20万XRP180日間貸し出した場合
[20万XRP] × [0.04(年率)] ÷ [365日] × [180日] =3945.20548XRP

1XRPが21.8円だと(半年で約86,000円の不労所得)

計算は自動シミュレーションができるGMOコインを活用すると楽だよ(◍•ᴗ•◍)

スクリーンショット 2020-07-25 6.46.14

>>>GMOコイン公式サイト

3社を比較した結果、環境にもよるのだけどレンディングの対応銘柄が多く最高年率5%5種類のコースから貸付ができるコインチェックで行うのがお得な気がします(◍•ᴗ•◍)

>>>コインチェック公式サイト

コインチェック レンディングのやり方・対応銘柄【貸暗号資産】


●STEP1 口座開設

スクリーンショット 2020-07-24 17.34.14

>>>コインチェックの公式サイト

>>>コインチェックの口座開設の手順

※既にアカウントがある方はSTEP2

●STEP2 レンディング口座作成

ログインしたら、「取引アカウント」から「貸仮想通貨アカウント」を選びます♪

レンディング1

貸仮想通貨サービスに登録する」を選択すると口座が連結できます。

レンディング2

●STEP3 レンディグをする

コインを貸す」から「貸し出すコイン」を選択します。

レンディング3

まだ保有して無い場合はコインを買ってね!

レンディング対応銘柄は全13種類(7/23時点)

スクリーンショット 2020-07-24 17.53.20

●BTC  ●FCT  ●ETC
●ETH  ●MONA ●LSK
●XRP  ●BAT  ●XEM
●BCH  ●QTUM 
●LTC  ●XLM  

>>>コインチェックでのコインの買い方

年率コース」と「数量」選択して申請すれば完了となります♪

【年率/貸出期間】
●1%(14日)
●2%(30日)
●3%(90日)
●4%(180日)
●5%(365日)

1万円相当から貸し出しが可能だよ(◍•ᴗ•◍)

>>>詳しくはコインチェック公式サイト

GMOコイン レンディングのやり方・対応銘柄【貸暗号資産】

●STEP1 口座開設

画像8

>>>GMOコイン 公式サイト

>>>GMOコイン 口座開設の手順

※既にアカウントがある方はSTEP2

●STEP2 レンディングを行う

GMOコインにログインしたら、「貸暗号資産」を選択して下さい!

GMOレンディングのやり方

レンディング対応銘柄は全9種類(7/23時点)です!

貸出」を選択すると貸出可能なコインが表示されます。(時期に応じて貸出できるコインが異なるのでチェックしておいてね!)

スクリーンショット 2020-07-24 19.13.55

【対応銘柄】
●BTC ●XEM
●ETH ●XLM
●XRP ●BAT
●BCH ●OMG
●LTC

コインを持って無い場合はコインを買ってね!

>>>GMOコイン コインの買い方はこちら!

コインの数量」と「貸出期間」を選択したら「確認画面へ」

スクリーンショット 2020-07-24 19.18.20

>>>詳しくはGMOコイン公式サイトへ

bitbank レンディングのやり方・対応銘柄【貸暗号資産】

画像12

STEP1 口座開設する

スクリーンショット 2020-07-24 19.26.22

>>>bitbank 公式サイト

>>>bitbank 口座開設の手順

※既にアカウントがある方はSTEP2

●STEP2 レンディングをする

bitbankにログインして、「貸して増やす」を選択して「スタート」をクリック下さい!

bitbank レンディング

銘柄」と「貸出数量」を入力し「内容確認」をクリックすればレンディングの申請できます♪

bitbank レンディング2

コインを保有してなければ買ってから行なってね!

>>>bitbankでコインの買い方の手順

【対応銘柄】
●BTC
●XRP
●ETH
●BCH
●LTC
●MONA

>>>詳しくはbitbankの公式サイトへ


SBIVC レンディングのやり方・対応銘柄【貸暗号資産】

SBIVC レンディングのやり方・対応銘柄【貸暗号資産】


●STEP1 口座開設する

スクリーンショット 2020-11-26 15.45.26

>>>SBIVCトレード 公式サイト

>>>SBIVCトレードの口座開設の手順

※既にアカウントがある方はSTEP2

●STEP2 レンディングをする

SBIVCにログインして、「貸して増やす」を選択して「スタート」をクリック下さい!

かし0


銘柄を選択して(11月現在はBTCのみ)「申込」をクリックし、「数量」を入力して申請すればOKです。

かし

コインを保有してなければ買ってから行なってね!

>>>SBIVCでコインの買い方の手順

【対応銘柄】
 ●BTC
====今後追加予定====
●ETH
●XRP

BITMAX レンディングのやり方・対応銘柄【貸暗号資産】

スクリーンショット 2020-11-26 19.59.11


●STEP1 口座開設する(スマホのみ対応の取引所)

スクリーンショット 2020-11-26 20.02.26

>>>BITMAX 公式サイト

●STEP2 レンディングをする

BITMAXにログインして、下のメニュー「貸出」を選択して「銘柄」を選んで「貸し出す」をクリックする流れです!

①選択

【対応銘柄】
●BTC ●ETH ●XRP ●LTC ●BCH

BITPoint レンディングのやり方・対応銘柄【貸暗号資産】

スクリーンショット 2020-12-19 17.59.29


●STEP1 口座開設する

スクリーンショット 2020-12-19 17.59.58

>>>BITPoint 公式サイト

●STEP2 レンディングをする

BITPointにログインして、下のメニュー「貸して増やす」を選択して「申し込み」を選んでね!

画像33


レンディング希望の銘柄の横にある「申込」ボタンを押します!

画像34


申込数量」を入力して「申込」ボタンで完了です。

画像35

【対応銘柄】
●BTC ●ETH ●XRP ●LTC ●BCH●BAT

>>>BITPoint 買い方や登録手順はこちら

貸仮想通貨 レンディングのリスク・デメリット

レンディングの 注意点

基本的には難しい操作などは無く簡単に不労所得を得る事ができるけれど、レンディングは一定期間コインをロックされるので下記のようなデメリットが存在します。

●満期を迎えるまでコインの取引ができない
●貸出の中途解約は不可or手数料発生
●貸出まで順番待ちになると申請がすぐ通らない

トレードスキルは不要だけど買値を下回るなど際どい相場の時は長く預けるのは環境によっては得策ではないかもしれないのでよく考えてみてね。

買値よりも下がる のは注意・・・-2

また、コインチェック2週間から(年率1%)から、GMOコイン90日(年率3%)からの短期コースが選択ができるので利率は下がりますがリスク回避ができると思います(▰˘◡˘▰)

そしてレンディングをしたくても借入総額が上限に達していると順番待ちになるので承認がすぐに通らず数ヶ月待たされる場合もあるんだよね〜。

スクリーンショット 2020-07-25 12.14.56

>>>詳しくはコインチェック公式へ

貸仮想通貨 レンディングの税金は?

レンディングの 注意点-2

貸仮想通貨レンディングの金利として得られる賃借料に対しても課税となるので税金が発生します。

●雑所得に区分けされる

仮想通貨を利確した場合の課税と同様なのです!!!

例でいうと時価が100万として1BTCを年率3%で貸出の場合は3万円の所得となりるよね。この3万円が課税対象だよ〜!

【リターンで受け取った仮想通貨の損益計算】
「通貨の売却金額」ー「取得原価」=「損益額」

私は専門家でないので詳しくアドバイスができませんが、各取引所や専門家に相談してみるのも良いと思います(▰˘◡˘▰)

運営サイト

■仮想通貨ブログ

■Twitter

■ 【限定リリース】SACHIノート資産の守り方



この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

宜しければサポートお願いします♪頂いたサポートはクリエイター活動に使わせて頂きます♪

わーい♪ありがとう(◍•ᴗ•◍)
61
暗号資産(仮想通貨)のトレーダーのSACHIです。ツイッターとブログでテクニカル分析なども発信しています。ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、モナコイン(MONA)、 XEMなど 【SACHIの仮想通貨ブログ】→https://kasoutuka-bakuage.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。