宮林 隆吉

グロービス経営大学院パートナーファカルティ、事業構想大学院大学 客員准教授。一橋大学博士(経営学)。組織・文化・マーケティング領域にて理論と実践の橋渡しを行う。著書に「経営戦略としての異文化適応力」「マーケティング実践テキスト」(JMAM)
+1

現場が感じるDX推進の課題(3/3)

では前回、前々回に引き続きDXについて、お話ししたいと思います。本稿が取り急ぎの最終回です。 アンケート結果先日開催されたDXに関するウェビナーの中で、事業会社の方…

現場が感じるDX推進の課題(2/3)

こんにちは。前回に引き続き、DXについての2回目の投稿です。 先日、ある教育系コンサルティング会社からの依頼でDXをテーマにしたWebinarを行いました。 事業会社を中心…

現場が感じるDX推進の課題(1/3)

昨今DXという言葉を新聞紙面で見ない日はありません。 私はDXの専門家ではありませんが、テクノロジー・スタートアップの事業支援をする過程で、大企業側のDXプロセスに触…

DX時代の価格戦略とブランドマネジメント

様々な業界でデジタルを用いた企業変革が叫ばれている中、商品の価格戦略の作り方が変わってきています。特にそれが、今後の企業のブランドマネジメントに大きな影響を与え…

創造性を組織はどう扱うべきか

久しぶりに見た米国の作家エリザベス=ギルバートのTED講演が心に刺さったので、今日は創造性と組織の関係性について少し考えてみたいと思います。 創造性を育むにはエリ…

マーケティング戦略の肝〜STP分析〜

こんにちは。今日はマーケティングを学び始めた初学者及び実務者が陥りがちな罠、いわゆる「基本のキ」にあたるセグメンテーション及びSTP分析について解説したいと思いま…