ルミ

サラリーマンの日曜物書き。四国徳島のどこかに住んでます。読めばちょっと元気になるような文章を目指しています。非公認すだち大使。

我が家の味になるものは

「ママ、朝ごはん何時ー?」 娘の声をベットの中から受け止める土曜の朝。 「ううん、8時かなあ」 と、適当な返事をしてから時計を見るともう7時半。 「あと半時間」 布…

仲介者でありたい

今、職場が二極化している。 あのウイルスの影響で、猛烈に忙しい部署と閑散としてる部署に分かれてしまっている。刻一刻と変わるウイルスの拡大状況に、ほぼ不夜城と化し…

‪少しだけ休んだら、また書けそうな気がしたりして、ほんと勝手だなぁと思うのです。‬

‪皆さん、温かいお言葉ありがとうございました。‬

可能性はゼロじゃない #分岐点話

「頑張らんで、頑張ってる人を悪く言うやつ、わしは大嫌いじゃ」 何でも「それでいい」と受け入れてくれた父に、自分を本気で否定されたのは初めてだった。 バブル崩壊の…

休筆宣言。

いろいろ考えて、しばらくnoteをお休みすることにしました。 コンテストに出せなくて悔しいです。 楽しそうな企画に乗れなくて寂しいです。 気がついたら、「書きたい」が…

自分色を見つけた

「あなたは『秋色』が似合うのよ」 学生のころから母にそう言われて育った。 確かに、色黒だし、肌の血色がよくないほうだ。 顔も、平安時代なら美人だったかもしれないが…