見出し画像

#82【反面教師な70代男子の話】

本当に毎日毎日
たくさんのことに
たくさんの人に
ありがたいなぁ〜
と感じます。


*************

さて、タイトルに書いた

【反面教師な70代男子の話】

ですが…


これまた人生とは楽しいものだと
感じることができる時間でした。


爆笑話ではないんですが…

【ザ・なりたくない大人像】を

見せてくれています😊


*************


その人の口グセは、

「もっと楽(らく)なのないの⁈」

です。

ーーーーーーーーーー

「楽」…辞書を引くと、

①がく
〖楽〗 (樂) ガク・ラク・たのしい・たのしむ ギョウ(ゲウ)
1.
《名・造》楽器を鳴らして音曲を奏すること。音楽。
 「楽の音(ね)」
2.
《名・造》こころよい。身も心も安らかで苦しみがない。たのしい。「ラク」と読む。
 「楽をする」
3.
《名・造》たやすい。「ラク」と読む。
 「楽に勝つ」
4.
願い求める。このむ。「ギョウ」と読む。
 「愛楽(=仏法を信じ願い求めること)・楽欲(=願い求めること)」
5.
「千秋楽」の略。「ラク」と読む。
 「楽日(らくび)」


②らく
【楽】
1.
心身に苦しみがなく、(ゆったりして)安らかなこと。
 「―をする」
2.
苦労するまでもなく、たやすいこと。
 「こんな仕事なら―だ」
3.
《名》「千秋楽(せんしゅうらく)」の略。楽日(らくび)。

ーーーーーーーーーー



きっとこの人は、
「②-2苦労するまでもなく、たやすいこと。」

という意味で使われているようなのですが…


私は決して「楽をする」ことを
否定しません。


それにどういう考えも持ち、
どう生きようとその人の人生なので。


そして、ここから先、
私が書くこともまた
勝手に想像したことなので、
真実ではありませんよ。


私の考えです。


でも、本当に面白いなぁと思うんですよ。

考え方ひとつで

楽しくもなり、ある意味「苦」

にも聞こえる、この言葉の面白さです。



***************


その人は週に2回うちの
デイサービスを利用しています。

私は勤務日の関係で
週に1度お会いします。


脳梗塞の既往がありますが、
基本的に杖などは使わずに
自立歩行可能です。


比較的身体レベルはいい人です。


ですが、

運動すること
入浴すること
レクに参加すること

それぞれに、スタッフが声かけして
誘って移動してもらう。

毎回毎回、第一声は
「えぇ〜もう行くのかぁ」
「行かなきゃダメかぁ」

っと、私には、
渋々でネチネチしているように
見えるその人は、いつもこうなので
もうスタッフは慣れっこ。

色々言われながらも
うま〜く誘導します。


でも、スタッフも人間。私も人間。


「右から左に受け流す〜♪」


ひと昔前そんなネタでブレイクした
芸人さんいましたねが🤣笑

 

受け流しきれない時も稀にあるわけですよ!


正直にストレートに言えば、
まぁ、つまりイラッとしてくるわけですね😤


それが、私だけなら、
私自身の力量として対応していくことが
求められるのである意味簡単なんです。


私がイラッとしないようにいていけばいい。


ここで問題視したいのは、

イラッとするのが私だけではないということ。


これは結構ムズイです。

他のスタッフがそれぞれイラッとしないように
なったら、とてもいいと思うのですが、


【過去と他人だけは、変えることができない】

これだからです!



そのイラッとした本人が変えよう!変わろう!

と考えて動く他ないので、我慢することなく

その人の言動にイラッとしなくなる対処法を
自分の中で見つけていって欲しいと願うばかりですが…


コツというか、私がどう対処するかは
ちょこちょこ話をしていますが
それを掴んで自分の対処法として確立するまで
少し時間がかかりますから


私自身も気長に対応していこうと思っています。


***************


私は、どちらかというと
ネガティヴな考えに傾きやすい人でした。

今は、かなり変わりましたけど


少しづつポジティブに発想することが
増えて、もし、ネガティヴな方に傾いて
いても、気づくので修正するか
どうでもいいことなら、寝て忘れます^^;


できるだけ、ポジティブでいる
時間を増やしたいので
ネガティヴでいる自分に
気付けるようになったことは
私の人生の中で、大収穫です。



この70代男子の話を聞きながら

思うことは、

「望まないこと」だという事です。


私は今、スタッフ側でこの人の対応を
していますが、反対の立場ではどうか。



・この人のような対応をされること

・スタッフさんにこの人がいつも言うような事を言うこと

・病気をしたから仕方ないんだとスタッフさんに投げ捨てること

・昔はよかったなぁ〜と過去を見て今と比べこと

・スタッフに「この歳になんなきゃ分かんないんだ」ともっともなことを言うこと


など。


私は、自分の未来に、自分が人にこう言うことを言ったり、したりすることは望みません。


私の未来は私が決めるのであって
今、多くの人がこういう状態だからといって
私がこうなるとは限らないし
その前になるイメージはひとつもない。


「未来は、自分で思った通りになる」


そのことをこの人から学びました。


何も考えなかったら、こうなるのだ!


私は望む未来にしたいと思います。





では、今日はそんなところで。

るぅ先生でした♪


まだ寒い日と暖かい日のサンドイッチな感じですが、春がやって来たのを感じる今日この頃。


今日も手洗いうがいをして
水分をしっかり摂ってお過ごし下さい♪


****************

🗃るぅ先生の質問箱です ↓
https://peing.net/ru_sensei_genba

どしどしご感想ご質問などありましたら、お待ちしておりまーす♪今後のnoteに取り上げさせていただくかも⁈

🐤Twitter
https://twitter.com/ru_sensei_genba

#note #デイサービス #リハビリ #エッセイ #日記 #るぅ先生 #高齢者 #接し方 #エピソード #笑顔 #認知症   #ディサービスの現状 #考え方 #生き方 #感謝のリレー #感謝

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
るぅ先生の現場(ru_sensei)

よろしければサポートをお願いします。いただいたサポートは有難く感謝し、活動費にさせていただき、今後のnote記事の質の向上を図ってまいります。

スキありがとうございます♪ 嬉しいです♪
10
とある通所介護施設(デイサービス)で、自分の祖父母世代の方々と楽しく1日を過ごしている機能訓練指導員のるぅ先生と申します♪ネットで調べれば分かるような情報ではなく、現場で活動している生の声を飾ることなく、綴りたいと思います。