roombooks

ショウセツメインデス

roombooks

ショウセツメインデス

    マガジン

    最近の記事

    実験作3

    「何すれば良いんだっけ」 窓の外見ながら、私はそんな独り言を言い始めた。 雨だった。二階の自室から眺める景色は、薄暗い雨の街。その一端に、小さなブリキの玩具が見えた。瓦屋根に囲まれた細い路地の側溝の上。濡れているのは、ロボットだろうか?丸い眼が二つ、四角い口が一つ。海賊船の船長の様な左手、けれども、右手はなぜか、生々しい、まるで人間の様な肌色。 あれは何だろうか? 私がそう考えた時、キイっと、後ろでドアが開く音がした。 母親だ。 そう思って振り返るが。ゆっくりと開

      • 試験作

        けだるい夢を見た。 私が朝起きると、居る筈の無い妻が隣にいた。 見るからに病弱な女だ。やせ細った頬に、華奢な首に、首周りのよれた寝巻のTシャツの間から見える鎖骨の貧相さ。まるで私が女になったら、こんな風になっていただろうという姿だった。 その女が、ふと隣にあったペットボトルの飲み物をこぼしてしまった。白濁とした液体が畳の上に広がると、またたくまに被害は広がる。 「この馬鹿、なにをやっているんだ」 私は静かに叱咤し、これもまたなぜか手元にあった雑巾を手に畳の上をふきは

        • 試験作1

          2007年 2月2�ゑスコ四日 すいgasう 今日は朝から、子供の頃の事を思い出していた。 今でも鮮明に思い出せるあの夏の終わりに僕はうずくまり、一ミリも動こうとしなかった。見れば、抱えたノートパソコンのエグゼクションポートに、一匹の蟻が這っていた。蟻は、せせこましく金属部品の上を這いまわり、讖溯�繝サ遐皮ゥカこれが何なのか解った風に、接続部の上でしきりに二本のアンテナを動かしていた。隣にいた�スゑス� �ク�ケ�コはきっと、僕のことを不思議に見ていたろう。 積乱雲の合

          • サテライトメモリー

            サテイライトメモリー1 仮に、一人の人間の生活が完全なパターン化が成されたとしたら、それほど心安らかなことはないだろう。 人間は生まれつき不完全にできている。パーツが足りないキット。周辺機器の揃わないゲーム機。足りないものを補おうとして、焦って、不安定になって、壊れる。愚かで耐えがたい妄想。ストレスと共に浮かぶ思考。はやいはなし、私が神経過敏な性分なだけども、今はそんな話はやめておこう。 そもそも、私は別にパソコンが欲しかった訳ではない、むしろ家には先月買っ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • サテライトメモリー
            roombooks
          • 実験作
            roombooks
          • カストリ風
            roombooks
          • もこ
            roombooks
          • フールズメイト
            roombooks

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            『玩具』

             その昔、東京は板橋区の外れ。赤羽駅に程近い、北区との境に位置する丘陵地帯には、貧乏人の巣食う長屋の屋根やら、赤茶色のあばら家が折り重なっており、それらが陰鬱としたモザイクを描いて丘を覆い尽くす様は、夕暮れになると、まるで鱗だらけの半獣が、街中に蹲っているごとく見えたりもした。  そんな小高い丘の背に建つ、一風変わった建物に住んでいたのが、もう数年程前になる。  私自身、元来飽きっぽく、この歳になるまで転々と住処を変えて来たので、いったい何時頃そこに住んでいたか解らないが

            旅行鞄

            それは、墨汁を垂らした水の中を歩いている様な、濃厚で、まるで先の見えぬ夜だった。  何時の間にか月も隠れ、雲が出ているのか、真っ暗な夜空には一欠けらの光すら無い。そんな闇夜に包まれた路地裏を一人歩いていると、自分の靴が石畳の上を擦る、あの耳障りな音だけが嫌に辺りに響き、私は、厚手の上着を羽織った身体を縮こませながら、得に何の当ても無いのに、とぼとぼと夜の徘徊を続けていた。  何時の頃からか始まったこの癖は、大体寝付けぬ夜などに起きるのだが、別段、それをしたからといって何を

            もこ4

            ───他人の──記憶を?  困惑する私を前に、猫は再び視線を窓に戻し、言葉を続けた。  「この列車は、旅人の記憶を食い、完全なる旅人にすると言ったが、それにも盲点はある。列車に乗っている最中、その人間にもし他人の記憶が植え付けられてしまったら・・・・・・君はどうなると思う?」  「列車に、それも食われてしまう?」  「いいや、食われない。なぜなら、それは本人の記憶じゃないからだ。この列車が食えるのは、本人の記憶だけ、それ以外の記憶は食えない」  「・・・・・・それが

            もこ3

            「・・・君は、何故喋れるんだい?」  すると、猫はくすりと意地悪く笑い、私の目を覗き込んだ。  「はは、その質問に答えるのを忘れていたね。それと、僕がどうして列車にのっているか?だったかな?」  しかし、奇妙な猫はそこで言葉を止めた。  「けれどそれは、また後ほどにしよう。今度は、君が君の事を話す番だ」  「私の・・・事?」  そう聞き返すと、「何、ただ早く君の話が聞きたくてね」と、猫は尻尾を振った。  確かに変わった猫である。  人間の様に喋るし、説教もする

            もこ2

            なぜこんな事になったのか? 今更ながら思い返してみるが、上手い答えは思いつかない。ならばなぜ、私がこんな人間になったのかを考えてみると、答えはするりと出てきた。 そう、私がこうなったのは何のせいでもない、ただ私のせいだ。 幼いころを思い返せば、それはすぐに解った。記憶の奥底で起き上がるのは、内気で、めったに外で遊ばない子供。近所の活発な子達の様に冒険じみた遊びは遠い世界で、そんな少年達の姿を窓の外に見た後。薄暗い家の中で本を読み。荒唐無稽な物語の世界に耽る後ろ姿。

            もこ

            足元から聞こえる音は、先ほどと変わらず、規則正しいリズムを刻んでい  列車。それも信じられないことに、これは蒸気機関車だ。  時代錯誤の客席には、自分以外の誰もおらず、その合間を埋める孤独な影が、揺れる車内に取り残されている。  硬い椅子の上に座る私は、窓辺に頬杖を付きながら、暗い瞼の裏を見ている。 揺れている。 次第に、硬かったはずの座席が緩んだ。 すると、私の体も次第に形を無くし、ドロリと、泥の様に溶ける。 揺れる。 瞼の裏に広がる闇は一層粘度を増していた

            フールズメイト3(過去作)

            その日、純喫茶「フールズ・メイト」には、洋二の雪江の二人しか居なかった。 マスターは、どうやらまた競馬に出かけていたのだという。つまり、店番もかねた居座りという事である。  外は酷い雨だった。窓の無い店だというのに、ドアに当たる雨音が、レコードの音に紛れて聞こえた。  洋二は珈琲を飲んでいた。 その向かいで、雪江は本を読んでいる。  ふいに、唸る様な雨音が聞こえ、冷たい風が流れた。   振り返ると、店の扉が開いる。  開け放たれた扉の外で、緋色のドレスを着た女が

            フールズメイト2(過去作)

             3  「君は、まるで知らぬ素振りを決め込むが──」  と、隣から聞こえる声を、板垣に身を寄せる忍はあえて無視した。  しかし、それでもその声は愉しげな調子で続ける。  「僕の周りには、数々の陰謀が蠢めいている──暗殺組織──秘密結社──そいつらから身を守る為に、僕は知識を備えた──おかげで、今このような真似が出来るのもその知識のたまものというわけだから──有り難く──うやうやしく──まぁ、心の底から感謝してくれ」  ──ああ、感謝してるとも。心から、本当に。

            フールズメイト(過去作)

             とある夏の夕方。  黄昏れた街をひた歩き、一軒の酒屋と、堆く詰まれた本の山に埋もれる古本屋の前 で立ち止まると、ふと、貴方はそこで店の間に伸びる小さな横道を見つけてしまう。  その横道は、道というには随分と狭く、暗い。 吹き流れる風は酷く湿っており、まるで魔窟如き有様。そこから見える路地の地面には、吸殻だの、食べ残しのカップ麺だのが無造作に転がっている。  しかし何故か、貴方は吸い込まれる様に、その暗闇に滑り込む。 不思議と高鳴る鼓動を聞きながら、何の汚れかも解