ひろし

零れ落ちる一滴の水なんだな

ひろし

零れ落ちる一滴の水なんだな

最近の記事

    • おっさん姫にならされて -おっさん姫にならされたとて-

      おっさん姫にならされて ―おっさん姫にならされたとて―     おっさん姫は夏に増え、秋に集結し、冬に解散する。  今夏はとても長く、おっさん姫が大幅に増員されたかというとそうでもないらしい。やはり単純に気温が高くおっさんが姫になるバイタリティの低下と夏バテによるものらしい。明確な年齢制度はないけど高齢だからね。そもそもおっさん姫の定義だが、女装ってだけのありきたりなものじゃないんだ。まあそれにおれは女装なんてしない。君に出会ってからそういうのはちがうておもた。女装して

      • 自己表現について考えてみた。

         自己表現について考えてみた。  (前置き)何か小説を書こうと試みてもだめで、絵を描こうとしてもうまくいかないのもあって、エッセイ的な個人的記述を残そうと思った。  そんな出来もしない小説や絵画なりには程度はあれど、自己表現がつきものだ。表現のない無機質な表現もまた表現だと思うし。  自分にとっての表現とは何か(自己表現)について書いていき、言語化してみて見えるものがあればという願望も込めて、考えてみたいと思った。  自分が何かを表現しているかと問われたら「(一生懸命に)

        • 『大竹伸朗展を見てきた』

          『大竹伸朗展を見てきた』  2023年5月30日、愛媛県松山市にある愛媛県美術館で開催されている大竹伸朗展を見てきた。氏の作品展を見るのは何年ぶりだったのか調べてみると、2013年に見た高松市の丸亀でみたニューニュー展でおよそ10年経っていた。  早速ざっくりと幼稚な感想なんだけど、大竹伸朗の作品群は一番好きだ。  初めて氏の作品展を見たのは20歳、当時美術専門学校在学中だった。今はなきキリンプラザ大阪で開催された『ダブ景』展を見た。その時展示されていたのは『ジャパノラマ』

          お久しぶりです。2019年に書いてたっぽいボツ作品です。タイトルは『ミスゼンシンキョウ』らしい。

          『ミスゼンシンキョウ』 朝がやってきてどうして私はくっきり映る自分のマン筋みてるんだろう。仕事行かないで、何してんだろう? 最近、ちょっと嫌なことありありで、全身鏡の前でまじまじと自分を観察するのが趣味になってたんだけども、知らんうちに朝から自己陶酔してた。職場にTERUしなきゃだけど、いいよね?彼氏とまったりしとこうと思うの、今日は。 おっきして排尿して、かれこれ一時間近く全身鏡の前にいる。どうだろう?男の子達に奉仕しなくていいのか、私の完璧な体よ。上半身は何も身につけて

          お久しぶりです。2019年に書いてたっぽいボツ作品です。タイトルは『ミスゼンシンキョウ』らしい。

          久しぶりやんなあー。『キムガーダシアンのお尻が好きだ(仮題)』というものを書いてます笑公開して後悔したいなあ笑。笑うでな。

          久しぶりやんなあー。『キムガーダシアンのお尻が好きだ(仮題)』というものを書いてます笑公開して後悔したいなあ笑。笑うでな。

          『豪雪の真冬の日』

          「豪雪の真冬の日」    豪雪の真冬の日。  今日が一体何月何日なのか僕にはよく分からない。別段、知ろうとも思わない。年末だということはかろうじて察知できる。体調が芳しくなく、ウイルスに侵されているかもしれなかったが、動けないほどではない。  かじかむ指で自動販売機の釣り銭の忘れ物を百箇所くらい歩き回って調べ、総額が百円になったのでコンビニに入ってブタメンを買った。店員が割り箸を添えてくれなかったので催促して一膳貰った。容器に貼り付けられた小さなフォークではいつも食った

          『豪雪の真冬の日』

          余生5 これからのこととか、この花を見ていたら、ぞ。のこととか

           良き良き彼氏会  イチャイチャ彼氏会から見晴らしがよくなった良き良き彼氏会という新体制になっておよそ半年が過ぎた。だ。  イチャイチャ彼氏会というイチャイチャを効果的に存分に誘発させる会からイチャ感を抑え気味気味にした良き良き彼氏会に移行して今はビジョンが鮮明に見えて、見えて、見えすぎてきた。だ。以前話した「この花を見ていたら、ぞっ。」というイチャ映像作品にも着手していて、和君が主演なんだ。和君は言った。だ。「主役っていいなあ、生き返るかんじするうう~」暗がりでしんみり新

          余生5 これからのこととか、この花を見ていたら、ぞ。のこととか

          余生4  後藤と一緒の第三の目で視る光景

           学生の頃からの趣味でルーズリーフに箇条書きで幸福論文的私的解釈を書き殴ってきた。幸福になるにはどうすればいいのかというシンプルな自己啓発だ。駄目元で、"座って読んでも橘出版"という謳い文句で有名?な出版社、橘出版に持ち込みに行ったんだ。代表取締役社長の橘が直々に読んでくれて、けっこう気に入られた。すぐに形になる訳ではないみたいだが、どうやら出版にまでこぎつけそうなんだ。出版が確約すると、記事漏洩を阻止する守秘義務が発生し、規約を守らなければ五十万円の反則金を支払わなければな

          余生4  後藤と一緒の第三の目で視る光景

          『ゴム旅行』⑧近藤ゆめの夢

          ⑧近藤ゆめの夢     近藤ゆめが女学生だった頃、一学年上の歳上の男と交際していた。満開の桜の樹の下で告白され、真剣交際をしていたが夏の終わりには交際に終止符を打たれた。突然、もう会えないと下校時に言われたゆめは納得がいかなかったので、帰宅してから自転車で男の家まで全速力で漕いで向かった。偶然にも男の家の前に着くと、男は家の門から出てきており、ゆめの顔を真っ直ぐに見つめた。男は何故か衣服を着用しておらなかった。 (裸じゃん)と失恋した辛い気持ちの中で眉唾物の光景をゆめは見た

          『ゴム旅行』⑧近藤ゆめの夢

          『ゴム旅行』⑦朝がやってきて、近藤ゆめが起床

           ⑦朝がやってきて、近藤ゆめが起床      僕は何を言えばいいんだろう。 まずは、何かを言うべきなんだろうけど、言いたいことは特にない。もっと言えば無言で日が昇る迄こうしてたい。さめざめ濡れてたい。今、僕の眼から涙は出てないけど、あともうちょっとこのまま放っといてくれたら、出るかも。なんか、恵の雨なんだよ、僕にとっては。  頭の中のもやもやがミストサウナ状態になって脳みそがふやけて、脱皮しそうな気配がする。真っ暗な雨の夜なのに、なぜか心は不夜城に牢獄された気分、なんじゃそり

          『ゴム旅行』⑦朝がやってきて、近藤ゆめが起床

          『ゴム旅行』⑥ビッグママの死の顛末

          ⑥ビッグママの死の顛末   マンションの最上階に住む一人暮らしの女が日付けの変わった深夜三時、煙草を吸おうとベランダに出た。   外は雨脚が強く、柵の手摺りに弾く雨粒に少しだけマリメッコの花柄のパジャマを濡らしながらも慣れない手つきでライターで煙草に火を点けようとしている。普段は非喫煙者の女は昨晩、仕事後の送別会の帰りにタクシーを拾おうとした途中にあった煙草屋で、生前父が吸っていた銘柄の煙草を買った。口の中に残る嫌いなマヨネーズの味を煙草で消そうと決めて衝動的に居眠りしてい

          『ゴム旅行』⑥ビッグママの死の顛末

          -あゆ-伝説の記録-

          -あゆ-伝説の記録-

          お久しぶりです!なんもないです!

          お久しぶりです!なんもないです!

          ゴム旅行⑤『ビッグママと勇一』

          ⑤ビッグママと勇一   ヒガミオリジナル工業株式会社を定年退職した元工場長の本名非公開、自称まっさんさん。(以下まっさん)は言う。 「あの時は精子がほんとうに足りなくてね、生産が追いつかなくて、大変でしたよ。僕自身も精子を提供したくらいですからね。当時は徹夜で作業なんて当たり前で、酷い時は十八連勤もありました。そんな時に精子を絞り出すのは過酷でねえ、過労で疲労困憊の中、笑いながら精子を放出してましたから。はははっ。あと、作業服は精子塗れになっていましたし、出勤時の私服でさ

          ゴム旅行⑤『ビッグママと勇一』