社会

337
本
固定された記事
堀茂樹(慶應義塾大学名誉教授)に「デタラメ」と批判されました

堀茂樹(慶應義塾大学名誉教授)に「デタラメ」と批判されました

何様のつもりかえらく上から目線だが、どちらが「基本的な事象すら理解していないデタラメ」なのか読者に判断してもらいたい。 「基本的な事象」が具体的に何を指すのかは不明だが、おそらく、諸外国について山田昌弘と同じ認識をしていると思われる。 西ヨーロッパの大陸諸国(フランス、西ドイツ、イタリア、スウェーデン、オランダなど)は、さらなる子ども数の減少、つまり、少子化に直面することになる。合計特殊出生率が2を割り込む事態が起きたのである。次節で述べるように、その中のいくつかの国々で

136
フェミニストはショートヘア

フェミニストはショートヘア

このニュースは、アン選手が以前からアンチフェミに敵視されていたという背景を知らないと意味不明である。 韓国のフェミニズムは反日と同じで常軌を逸した過激なものになっているので、若い男を中心に反発も強まっている。 Some male internet users flooded An's social media account with hate speech, taking issue with her past use of online slang terms, de

110
SDGsと革命的な中央銀行

SDGsと革命的な中央銀行

欧米のエリートが完全におかしくなっていることを示す一例がこれ👇。 詳しくは現代ビジネスの記事を読んでもらいたいが、中央銀行も気候変動との闘いに参加することになっている。 こちら👇ではインタビュアーが「中央銀行とDiversity, Equity and Inclusion」について聞いている。 ―― FRBは米議会に課された完全雇用と物価安定という二つの使命だけでなく、環境問題やジェンダー、人種平等などにも参画している。大きなパラダイムシフトの過程に見える。 ―― ジ

25
コロナ禍と自殺の推計

コロナ禍と自殺の推計

この推計は興味深い。 コロナ禍では女の自殺の増加が著しく、経済的打撃が女に集中する「女性不況」のためだと言われてきたが、この推計によると女の自殺の増加は失業では説明できていない。 「コロナによって人と人のつながりが失われたことや人気俳優の自殺の影響も考えられる」というより、むしろそれらが女の自殺の増加の主因の可能性が高い。 増加には、コロナによって人と人のつながりが失われたことや人気俳優の自殺の影響も考えられるという。 当noteの見方👇 不安に弱い 対人コミュニケ

114
TはFの同志か敵か

TはFの同志か敵か

昨日の記事で取り上げたこちら👇と同じ趣旨の英ネットメディアの記事を紹介する。 フェミニストが「同志」として連帯してきたトランスジェンダーの男によってフェミニスト運動が獲得してきた成果が奪われるだけでなく、T男が「女だけのスペース」に自由に侵入してくることで、以前よりも危険な状態が現出している。 このような事態になった理由の一つは、一般人がTの論理と目標をほとんど理解していないことである。 What is being demanded is no longer flexi

23
フェミニスト陣営の分裂

フェミニスト陣営の分裂

この認識👇にも若干の修正が必要で、LGBTの運動を影響下に置いているのはフェミニズムではなく、その上位にある新左翼系の思想(ポストモダニズム/社会構築主義/ネオマルクス主義)である。 いつも申し上げるように、LGBTの運動は理念においてフェミニズムの影響下にある、ぶっちゃけてしまえばそのバリアント(変種)でしかありません。 反体制運動によくあるパターンだが、1970年前後にフェミニズムも新左翼系の思想の一派になった。 トランスジェンダリズムを支持したのは市井のフェミニス

121
「日本は差別大国」の情報戦

「日本は差別大国」の情報戦

東京オリンピックを利用して日本を西洋リベラル勢力に隷属させようとする動きが活発化しているが、今度はセネガル人が5月の出来事を今頃になって人種差別と騒ぎ出した。 Sy was told that a representative of the Tokyo 2020 Organising Committee was concerned that if they allowed an African musician to perform, they would then hav

32
アスリートの男女の待遇差

アスリートの男女の待遇差

ジェンダー研究を勉強すると認知が歪む。 20位までの競技は総合格闘技、サッカー、アメリカンフットボール、バスケットボール、テニス、F1、ボクシング、ゴルフだが、男のトッププレイヤーと対等に戦える女は存在しない。 マッケンローはセリーナ・ウィリアムズは女では間違いなくベストだが、男の中では700位程度と評価していた。 Best female player ever — no question. But if she had to just play the circui

128
女の社会的成功と結婚のトレードオフ

女の社会的成功と結婚のトレードオフ

当noteの読者には常識の内容だが、先進国の支配層のリベラルにとっては不都合な真実なのでなかなか常識にならない。 洋の東西を問わず、女性には強いハイパーガミーの傾向があることが知られています。 これ👆は人間の女が夫にする男に求めるのが「自分と子供の保護と世話」のため。自分より下の男は足手まとい/穀潰しになるので強烈な拒否反応が生じる。 女は自分より劣った男に魅力を感じられないので、自分がレベルアップするほど理想的な男は減っていく。成功と結婚のトレードオフである。 Ge

140
リベラルの祭典

リベラルの祭典

近年、国内外のリベラル勢力による大攻勢が続いているが、オリパラはそのためのイベントだったことになる。 「この状況での五輪。人によっては反対する人もいる。バラバラになった状況だ。大会の基本コンセプトに『ダイバーシティー&インクルージョン(多様性と調和)』とある。この時代に『国民は』とか『世の中の人々は』という表現は完全な時代遅れだ。国民って誰? 人々って誰? という時代。その人々とは日本人のこと? ということ。これを多様にイメージしていく。受け手の気持ちになって考えることが唯

24
ブルガリアの独身税と出生率

ブルガリアの独身税と出生率

ネットの情報を鵜呑みにしてはいけない例。 ブルガリア労働・社会政策省の"National Demographic Strategy of the Republic of Bulgaria (2006 - 2020)"の出生促進策の解説。 The active pronatal policy was started in 1967 and was developed step by step in the following years. Direct measures f

104