Tom

大学院で現代アート研究。外資系会社員が、現代アートを学ぶ。 このnoteは、日々のアート研究の私的テキストを綴る。パラレルワーカー、食べ歩きブロガー、大学院生(現代アート修士課程)。 Twitter: @Thinking2Art
    • アート × アパレル・ビジネス
      アート × アパレル・ビジネス
      • 19本

      アートとファッション・アパレル・ビジネスの関係性について探る。

    • アート思考 ((試行)中)
      アート思考 ((試行)中)
      • 131本

      なぜか現代アートを学び始めた外資系IT企業のプリセールス。 難解なアート思考を探る。

小島健輔『アパレルの終焉と再生』 読書メモ

アパレル業界に限定した話ではないけれど、コロナ禍によって大打撃を受けた。それはアパレルだけでなくデベロッパーが運営するモール、ファッションビルや、百貨店にまで広…

修士(芸術)、MFA(Master of Fine Arts)を取得してみて<全文公開>

2021年3月、修士課程を修了してMFAの学位を取得した。 節目にあたり2年間の学びを振り返っておこうと思う。 大学院へ進学の1年前、2018年。長く関わっていたコンサルティ…

300

『平成美術:うたかたと瓦礫デブリ 1989–2019』@京都市京セラ美術館 鑑賞メモ

京都市京セラ美術館の平成美術:うたかたと瓦礫デブリ 1989 - 2019を鑑賞してきた。雨が続いた週末を取り戻すかのような晴れた日曜日、春の陽気に人が誘われていたような感…

奥野克己『モノも石も死者も生きている世界の民から人類学者が教わったこと』読書メモ

修論に関係して、アニミズムについて情報を集めようと考えた。 アニミズムは地球や宇宙にあって人間だけが主人ではないという考え方、もしくは思想のことと定義している。…

『佐賀大学↔︎東京藝術大学 エクスチェンジプロジェクト2021』 鑑賞メモ

以前、このnoteで共有した佐賀大学と東京藝術大学の交流展に行ってきた。 年明け、佐賀大学の学生数人から展覧会の知らせをもらっていたけれど、流石に、じゃあ行くよとい…

『Irregular Reports いびつな報告群と希望の兆し』@東京都美術館 鑑賞メモ

東京都美術館で開催されていた京都芸術大学の発表とも言える展覧会を見てきた。 会期が短く、休日の日程は23日のみだった。 湯島天神は梅が咲き乱れ、上野公園も早咲きの…