見出し画像

【#パリでシンプルライフ】COVID-19規制の今だからこそ考える自由とは。。。

画像1

日本の報道でもあるように、ここ1週間、
パリの街は、今まで意識しなくとも
当たり前にできていたことが、
当たり前にできなくなってしまった。。。

これは、パリに限らず、フランス各地どこでも

画像2

私であれば、今までこうして、
カメラ持って、散歩して、
美しい風景を、ファインダー越しに
写真として、瞬間を封じ込めること。。。

カフェや美術館で、
静かなひとときを楽しむこと。。。

ブティックで、
自由にお買い物をすること。。。

友人たちとたわいのない会話を
面と向かって、できること。。。

これが実は、普通ではなく、
特別で、尊いことだったんだと気づいた日。

画像3

失って気づいた、自由という意味。。。

【自由・平等・友愛】の国で。。。
なんとも皮肉な話である。

画像4

しかし、今回ばかりは、
フランス政府のせいじゃない。。。
COVID-19のせいでもない。。。

冷静に見ても、この世の中の動きの中、
自らの手で、傷つけた結果が、
現在だと思っている。。。

身から出たサビ。。。

ただ、それだけ。。。

画像5

こうなってしまった以上は、仕方ないし、
また、環境が変わってしまったら、
適用できるように形を変えればいい。。。

ぶつぶつ言っても、何も始まらない。。。
また、自分なりのフランス人との向かい方を
変えていけばいいのだから。。。

ただ、それだけのこと。

また、自分にとって、心地いい位置を
探していけばいい。。。

その繰り返し。。。

今までやってきたことだし、
そして、これからも変わらないであろう。
自分が 1 外国人として、
住まわせてもらっている限り。。。

画像6

日本の家族、友人、知人から
いろいろメッセージを貰い、
いろいろ、心配の声をいただく。。。

故郷からのそんな気遣い。。。
そうだ、日本ってこんな国だったなって。。。

画像7

しかし、私自身は、
逆にポジティブに捉えていて、
むしろ、今まで混沌としていた日常が
人がいなくなった分、穏やかに、
自分のタイミングで、正統な理由さえあれば、
外出できるのだから、
余計なことはしなくていいので、
更に生活が、研ぎ澄まされ、
シンプルになったような気がする。。。

外に行く際、
自分が、何をすべきで、何をすればいいか。

ただ、それだけのことを実行して、
帰ってくれば、いいのだから。。。

画像8

ノイズに支配された現代社会から解放され、
PCやタブレットを持ちつつも、
改めて、芸術鑑賞したり、読書したり、
自分の内面と対話し、
自分の感性に問いかける時間。。。

自分にとっての【自由】とは何なのか?

真剣に向き合うための時間なのかもしれない。

そして、また、パリの街を自由に
撮影できる日まで。。。

この記事が参加している募集

404美術館

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
point2vue410(ポワン・ドゥ・ヴュ・視点)/パリ

よろしければ、サポートお願いいたします。 サポートしていただいたら、point2vue410の運営費として、大切に使わせていただきます。

【スキ!】ありがとうございます。
18
在仏17年目。リヨン経て、現在パリ在住。写真&執筆活動。Instagram仏、伊、英、西で多数ベストフォト受賞歴あり。複数媒体で写真名誉会員[Instagram] http://bit.ly/2NpY44o / [FaceBook] http://bit.ly/2NqJ8D4