見出し画像

【#パリでシンプルライフ】8月半ば、ブローニュの森にて

画像1

8月上旬、パリ市内40℃近く、
最高気温を記録した。。。
連日の猛暑、1週間ぐらい続いただろうか?

画像2

さすがに、その時期は外に出る気力もなく、
家の中で、朝のうちに取り込んだ涼しい空気を
なるべく、外に出さず、扇風機で空気をかき回しながら、
昭和さながらの生活を送っていた。

画像3

かちわり氷を作ったり、
氷をタオルに包んで、首に当てたり。。。
それでも、ダメな時は、バケツに氷水を作り、
そこに足を突っ込んでみたり。。。(苦笑)

その光景は、古き良き昭和そのもの。。。

こんなとき、おばあちゃんの知恵袋が
この国でも、役に立つ。。。

案外覚えているものなんですよ。。。
体の奥底に染み付いているというか。。。

画像4

ある程度、気温が落ち着いてきた頃、
涼を求めて、ブローニュの森へ。。。
緑の中で森林浴。。。

なんていうことを期待していたのだが。。。

画像5

ところが、森へ一歩足を踏み入れると。。。
そこには、このような光景が。。。

どうやら、連日の暑さで、
木々の葉が乾燥により、ミイラ化してしまったようだ。

一見すると、一気に、紅葉しているかのようにも見える。

画像6

実はパリ、昨年も40℃を越す史上最高気温を記録したのだが、
その時に実感したのが、

40℃を越す環境に置かれると、
木々の葉は一気に枯れ、落ち葉と化すという現象を
目の当たりにしていたのだ。

画像7

画像8

それと同じ現象が、ブローニュの森でも見られるとは。。。

枯葉ではあるもののその姿は、すでに夏、通り越して、
秋がやってきたかのようである。。。

画像9

しかし、そんな環境下に置かれながらも、
森は常に、生きていることには変わりなく、
日ごとの変化に対応していこうとする姿。。。

画像10

これは、このアフターコロナの時代に通じるものを感じるし、
自然と向き合うことによって、何か人が生きる上でのヒントが、
隠されているような気がしてきた。。。

画像11

アンテナを研ぎ澄ませ、風の音を聞きながら、
静かにその時を待つ。。。
次の時のための準備も忘れずに。。。
すぐ動けるように。。。

画像12

やはり、ここもバカンスで人がいないせいか、
静かで、おだやかな時間が流れていた。。。

この記事が参加している募集

カメラのたのしみ方

習慣にしていること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします。 サポートしていただいたら、point2vue410の運営費として、大切に使わせていただきます。

【スキ!】ありがとうございます。
15
在仏17年目。リヨン経て、現在パリ在住。写真&執筆活動。Instagram仏、伊、英、西で多数ベストフォト受賞歴あり。複数媒体で写真名誉会員[Instagram] http://bit.ly/2NpY44o / [FaceBook] http://bit.ly/2NqJ8D4

こちらでもピックアップされています

#パリでシンプルライフ
#パリでシンプルライフ
  • 34本

フランス・パリより、シンプルな生活ぶりや歳時記、エッセイなどをお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。