見出し画像

正義戦隊 プロファイターズ

KABOOM!

「やばい!SEブラック何とかしてくれ!」

巨大化クモ兵士の攻撃を受けるプロファイターロボ。胸部レッドレオ内でドクターレッドが叫ぶ。

「今やってる!」

腕部ブラックゴリラ内、ブラックがプログラムを書く。

「時間を稼ぐ」

翼部ブルーイーグルから弾幕!

「ギャバー!効かぬわァ!」

糸が脚部イエロータートルを縛る。最早ここまで!

「出来たがしかし!」
「なんだ早くしろ!」

強化パッチ導入!しかしニンジャブルーが気付く!

「これは…奴無しでは!」

ロボ強化はレッドとのいざこざで離反したセーラーホワイト無しで完成しない。つまり敗北は必至!

「オイ!聞こえてんだろ!」

レスキューイエローが漢らしく正義に訴えかける。果たしてホワイトに届くか!

「ギャバ!ムカデナイト様ァ!今害虫を始末致す!」

必殺毒針の射出目前!空から高速突進を仕掛ける龍あり!ホワイトドラゴン

今こそ合体マックスプロファイター完成の時!

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

あなたのお金で生きています

心が軽くなります。
2
次のステージへ向かう。 連絡はdiscordにて

こちらでもピックアップされています

私の逆噴射小説大賞参加作品
私の逆噴射小説大賞参加作品
  • 25本

私の逆噴射小説大賞参加作のリストです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。