自分の好きが確信に変わる【わたし、島で働く。】
見出し画像

自分の好きが確信に変わる【わたし、島で働く。】

#離島にもっと若者の還流を

こんにちは!「わたし、島で働く。」連載企画。今回は、海士町にある森のようちえん「お山の教室」と、Entôジオオフィスで働く、島体験生の栄口明日菜さんにお話を伺いました!

栄口さんはもともと自然と子どもが好きで、島体験に参画する前も自然や子どもに関わる活動に参加されていました。
島体験には様々な地域の活動に関わる中で、より長く深く地域に入りたいと思い参画を決め、自然と子どもを軸にお山の教室とEntôジオオフィスに所属し働いています。

画像1

お話を聞いた人:栄口明日菜さん
21歳(取材当時)。奈良県出身。山梨県の大学に通い、2021年7月より島体験に参画。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

長期的に住んで、深く地域のことを知りたい

ー「お山の教室」と「Entôジオオフィス」の2か所で働かれていますが、どのような仕事をされていますか。

お山の教室では、主に子どもたちの安全を見ています。子どもたちが島じゅう駆け回り、自然の中で遊ぶので、基本的には危険がないように見守っていますが、時には一緒に遊んだり、子どもたちのサポートも行っています。

Entôのジオオフィスでは、お客様にジオラウンジの案内をしています。また、Entô Walkという、Entôからレインボービーチ(Entôの近くにあるビーチ)までの道のりを散歩しながら、隠岐の自然の成り立ちやジオパークについてお客様に説明しています。


子どもたちを案内するときもあり、ネイチャービンゴをして発見を楽しんでもらうなど、工夫しながら取り組んでいます。「お山の教室」と「Entôのジオオフィス」のどちらも、相手の様子を見ながら自分本位にならないように意識していますね。

画像8

栄口さんが作成したおさんぽビンゴと塗り絵



ーお山の教室もジオオフィスも、どちらも自然に関係していますね。もともと自然がお好きなんですか。

そうですね。もともと自然と子どもが好きでした。大学でも自然体験活動としてキャンプなどをしていて、「1日だけの森のようちえん」に参加したことがあるんです。その時から、幼児との関わりは、小学生とはまた違った面白さがあるなと思い、森のようちえんに興味を持つようになりました。

子どもたちの「お母さんと離れて寂しい」気持ちが、色々な遊びを仕掛けていくことで、不安が笑顔に変わっていく心の変化が面白いなって。また、遊具ではない、そこにある自然のもので色んな遊び方を生み出す子どもたちの行動にも興味をもつようになりました。


-なぜ島体験に応募されましたか?

おてつたびに参加したことがあって、数週間ずつ4地域で、地域の人手不足の仕事をお手伝いをしたことがあるのですが、もし地域に長期的に住むことができたら、もっと深く地域のことを知れるだろうなと思ったんです。離島にも興味があったので、海士町だ!と思い決断しました。

仕事内容の決め手は、観光や自分の好きな自然などに携わる仕事を通して、自分の得意・不得意を知ることができるかなと思い、今回「お山の教室」と「Entôのジオオフィス」で働かせていただきました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――

いつの間にか自分の自信につながっている


-仕事に対するモチベーションを教えてください。

お山の教室では、第一に「子どもたちが幸せである」ことを願っています。自然の中で自分たちで考えて遊んでいく力を身につけてほしいと見守りつつ、子どもたち同士の喧嘩においては一緒に働く方の対応や伝え方を吸収して、引き出しを増やそう!と頑張っています。

ジオオフィスでは、どんどんジオパークに興味を持つようになり、地球の成り立ちや、生態系の成り立ちのおもしろさをお客さんに知ってほしいと思うようになりました。

子どもが好きと一緒に働く方に話をしていたからか、子どもたちに携わる仕事を頼んでいただくことが多くなり、私の挑戦したいことをサポートしていただいていて、それがモチベーションにもなっています。

画像7

栄口さんが企画した謎解きツアー

-島に来る前と今に、変化はありますか。

今までは相手にどう思われるか、人の行動が気になるタイプでしたが、島で働かせていただいたことが、いつの間にか自分の自信につながっていて、気にしすぎなくなりました。

自分の意見が相手にどう思われているのかを考えていましたが、自分の1つの意見に向き合ってくれているんだと気づきました。働く中で、上司の方からアドバイスを多くいただき、そのアドバイスをしっかり活かして受け止めれたことが、自分の成長につながったと感じています。

3か月間の働かせていただいたからこそ、日々の学びが大きなものになっていったように感じています。

画像6


-最後に、島体験をしてみていかがですか。

今まで自然学校に関わらせていただく機会が多かったのですが、ジオパークというまた違った働き方ができて本当に良かったです。

ジオパーク以外にも、お山の教室で働かせていただいたことで、自分の好きや、やりたいことが明確になりました。やっぱり自然と子どもたちが好きだなと改めて感じました。

子どもとの関わり方や遊びの広げ方など、お山の教室で学ばせてもらったことをここで終わらせずに、実践を積み重ねていくために、たくさんの子どもたちと関わっていきたいです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

おわりに


今回は「お山の教室」と「Entôのジオオフィス」で働く栄口さんにお話をお聞きました。

インタビュー中、栄口さんは子どもたちのことやジオについて楽しそうに語っている姿が印象的で、本当に仕事が楽しいんだろうなと感じました。また、毎日少しずつ勇気を出して行動して大きな変化になりつながっていたことに刺激をもらいました。

現在、栄口さんは島体験を修了し次のステップへ進んでいます。島での経験を活かしてこれからも頑張ってほしいです。
栄口さん、今回は貴重なお時間と素敵なお話をありがとうございました。


(インタビュー:清瀬  文:嘉根)

△▼△▼△▼△▼


∇大人の島留学・島体験についてはこちらから!


▽島体験への応募はこちらから!


▽オンライン説明会はこちらから!


大人の島留学・島体験は各種SNSで暮らしの様子や募集情報を発信してます!ぜひのぞいてみてください!

∇instagram


▷大人の島留学のfacebookはこちらから!

▽Twitter



この記事が参加している募集

私の仕事

最近の学び

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
また遊びにきてくださいね◎
#離島にもっと若者の還流を
「#離島にもっと若者の還流を」とは、離島にもっと地元の子が戻ってくること、若者たちが離島で暮らすこと、離島で働くこと、そのために離島のリアルを知ってもらうことを目的としています。島前に住む若者インタビュー、島前紹介、イベントレポなどを掲載しています。ぜひご覧ください!