大宮ノートwithこば

フリーライターの大宮冬洋です。愛知県蒲郡市に住んでいます。最近、ITエンジニアの小林さんに「大宮さん、noteやってみたら」と言われて、noteって何?と思いながら、小林さんに手伝ってもらって始めることにしました。趣味で作っている冊子とか、未発表の原稿とか、並べてみます。
    • 私たち「ユニクロ154番店」で働いていました。
      私たち「ユニクロ154番店」で働いていました。
      • 8本
      • ¥1,000

      フリースブームの終焉と共に姿を消したユニクロ町田店(154番店。東京都町田市)。しっかり者で心優しいベテランパートと個性的なアルバイトが在籍し、ユニクロの激烈な社風とは異なる温かい雰囲気の店だった。  2000年3月にファーストリテイリングに入社した筆者は、この町田店に配属されて半年間の勤務後に近隣の新店舗に異動し、翌年に逃げ出すように退職。フリーライターとなった。その10年後、かつての同僚たちを訪ね歩く旅に出た。彼らにとっての町田店、そしてユニクロは何だったのだろうか。  本書はユニクロ礼賛本でも批判本でもない。組織で働くことに挫折した者が、大企業の中の小さな店舗を通して「組織で働く」について再び考えたロードムービーのようなビジネス書である。※本書は2013年3月にぱる出版によって単行本として刊行されました。出版社の許可を得て、noteのマガジンとして再販売します。

    • ライター仕事で気をつけていること
      ライター仕事で気をつけていること
      • 8本

      24歳のときからフリーライターとして働いている僕。2020年6月現在で43歳ですが、寿命と貯蓄を考えると、あと30年間ぐらいは現役で働かなければなりません。けっこう不安です。この場を借りて今まで働きながら身に着けてきたスキル(たいしたものではありませんが)を振り返り、自戒しつつ前に進んでいこうと思います。もちろん、文章を書くことに興味がある方などに参考にしてもらえたら幸いです。

    • ITエンジニアの考え方
      ITエンジニアの考え方
      • 1本

      大宮さんのお手伝いをしているITエンジニアのこばです。ITエンジニア、プログラマとして身につけた考え方を共有したいと思います。

    • 何もない街角で。蒲郡駅前に住んで思ったこと
      何もない街角で。蒲郡駅前に住んで思ったこと
      • 5本

      2012年7月から愛知県蒲郡市に住んでいます。人口8万人ほどの地方都市。一応は観光地ですけど、活気があるとはとても言い難い街です。でも、住んでみるといいところはたくさんあります。あくまで僕の主観ですけど……。少しずつ取り上げていく予定です。

蒲郡偏愛地図2021

箱庭のように狭くて安心な範囲内で穏やかに朗らかに過ごしたい――。 こんな気持ちが自分の中に眠っていると知ったのは最近のことです。 僕は9年ほど前から愛知県蒲郡市…

120

note特典映像 40歳は不惑ですか、惑ですか

 3年前に自費出版した『40歳は不惑ですか、惑ですか』。僕自身の「40歳」を語るだけでなく、幼馴染から仕事仲間、引っ越し先の愛知県蒲郡市で出会った「ほぼ同い年」たち…

note特典映像 私たち「ユニクロ154番店」で働いていました。

フリースブームの終焉と共に姿を消したユニクロ町田店(154番店。東京都町田市)。しっかり者で心優しいベテランパートと個性的なアルバイトが在籍し、ユニクロの激烈な社…

※無料公開【エピローグ】地域で愛されるユニクロに生まれ変われ

こんにちは。フリーライターの大宮冬洋です。 僕が2000年に入社した頃のユニクロでは、柳井社長が「服のマクドナルドを目指す!」と宣言していた記憶があります。 あれ…

※無料公開【プロローグ】居心地の良かった 「ユニクロ154番店」の跡地を訪ねて

こんにちは。フリーライターの大宮冬洋です。 その昔、「振り向くな~アムロ~」とアニメの内向的な主人公を励ます美しい歌がありました。 前を向いて歩き続けないと人は充…

2000年にユニクロ入社して1年で逃げ出した男が元同僚を訪ね歩いてみた

 ユニクロ町田店(154番店)で一緒に働いていた人たちを訪ね歩いてみたい、と思ったのは2012年のことだった。僕は2000年に新卒入社をしてこの店で働き、半年後には別の新…