可笑的花

境界線がなくなる時

金魚の健康には青水が良いとのことで、たまに青水擬きの藻をあげると、美味しいそうにパクパク食べる。きっと「ごはんですよ」のような、いぃ匂いがしているんだろう。 水…

きっと忘れる

眠っている体から抜け出して、 自身が希望する(魂の)世界に泳ぎだす。そこでは丁度良いモノ同士、自他の境界線が無くなり、液体のように形も無くなる。 消化してない、懐…

可笑的花のCHAIの作り方

〜材料〜 好みのホールスパイス CHAI用茶葉9g 熱湯160cc 濃いめのミルク 160cc パウダースパイス 〜作り方〜 1.ミルクパンに、お好きなスパイスを入れ、火を点けます。…

2020/4/10

街は穏やか。 されど私は、追い立てられながら、怒りながら、続けるために考え続けている。普段、何の気なしにしていた文字通りのチェックも、これで安心なんだろうか?…

2020/2/15

冷たい空気の中 松の落ち葉が積み上がった地を ふっくらふっくら歩いて行く 靴の中の足が感じている 春の熱を

今日も「働く喜び」そのものを報酬の一部として充分に味わう。

人生には時にドラマティックなコトが起こり、乗り越えたり、時には抱えながら「最期」に向かって行く。どうしようもない時、人は意外と冷静だ。七転八倒、奮闘した挙句、「…