コーエン兄弟・徹底解剖

62

「シドニー・ポラック」『RAISING ARIZONA(赤ちゃん泥棒)』徹底解剖1…

さて、引き続きコーエン兄弟『RAISING ARIZONA(赤ちゃん泥棒)』に隠されたベートーヴェン交響曲第9番『歓喜の歌(ODE TO JOY)』を見ていこう。 前回を未読の人はコチラをどうぞ! 今回もラストシーンに関する解説やさかい、ネタバレが気になるお友達は、ここまでにしといたほうがええ。 さて、…

「ODE TO JOY(第9:歓喜の歌)」『RAISING ARIZONA(赤ちゃ…

コーエン兄弟は『WAY OUT THERE』の歌詞を元に映画『RAISING ARIZONA(赤ちゃん泥棒)』のストーリーを構築した… せやけど、そこには「大事なこと」が欠けとったんや… 『WAY OUT THERE』は典型的な「孤独な放浪者」の歌… 淋しさを隠し、強がってみせる「痩せ我慢」の歌や… 肝心のハッピーエ…

「WAY OUT THERE」『RAISING ARIZONA(赤ちゃん泥棒)』徹…

さて、最後にこの映画のテーマソング『WAY OUT THERE』について解説しよう! めっちゃ張り切ってるやんけ。 僕、やっぱり歌解説が一番好きなんだ。 音楽が好きなんだね。何だかウキウキしてくるんだよ。 まあ確かにこの曲は楽しいよね。一緒にヨーデルしたくなる(笑) せやけど歌詞も無いのに…

「GO NATHAN!!」『RAISING ARIZONA(赤ちゃん泥棒)』徹底解…

さて、この映画のキーとなる子守唄『DOWN IN THE WILLOW GARDEN(ROSE CONNELY)』の意味を理解してもらったということで、今回はいよいよラストシーンの謎に迫るよ。 前回を未読の人はコチラをどうぞ! せやけど驚いたな。あの曲の歌詞は完璧にイエス最後の24時間を表しとった。 やっぱりこの映…

「ROSE CONNELLY a.k.a. DOWN IN THE WILLOW GARDEN」『RAISING ARIZONA(赤ちゃん泥棒…

さて、映画『RAISING ARIZONA(赤ちゃん泥棒)』で子守唄として歌われ、ラストシーンでもBGMとして流れる曲『DOWN IN THE WILLOW GARDEN (ROSE CONNELLY)』について解説しよう。 『DOWN IN THE WILLOW GARDEN』VANDAVEER 愛する女性を殺してしまった男と、息子の死刑を悲しむ父の歌だなんて、ホ…

「失われた息子たち」『RAISING ARIZONA(赤ちゃん泥棒)』徹底解剖12

さて今回は脱獄兄弟ゲイルとエヴェルについて解説しよう。 前回を未読の人はコチラをどうぞ! あの脱獄シーンは迫力あったな。富田林署の間抜けな逃走劇とは大違いや。泥の中から現れるんやで。 そんで地上に這い上がって、雨の中、雄叫びをあげる… 全身ドロドロの姿と、おドロドロしい音楽が相…

「駄洒落魔コーエン兄弟」『RAISING ARIZONA(赤ちゃん泥棒)』徹底解剖…

さてアリゾナ家のシーンの解説を続けよう。 前回を未読の人はコチラをどうぞ! 窓から2階に忍び込んだハイと部屋をハイハイしまくる五つ子赤ちゃんたちの物音に、ネイサン・アリゾナ氏は天井を見上げた。 この画にも面白い仕掛けが施されている。 まずは「眼鏡」だね… メガネ?なんでやねん。…

「なぜ乳児連れ去りは4月12日に行われたのか?」『RAISING ARIZONA(赤ちゃん泥棒)』徹…

さて、今回はアリゾナ家の謎を解説しよう。 前回を未読の方はコチラをどうぞ! ネイサン・アリゾナの改名前の名前は、ドイツ系の苗字「ネイサン・ハフハインツ」やった。 そんでアリゾナ家のモデルはドイツ発祥のユダヤ名家「ロスチャイルド家」で、どっちの家も「5人の男兄弟」がおって、ひとり…

「公園兄弟」『RAISING ARIZONA(赤ちゃん泥棒)』徹底解剖9

大変だ、もう第9回か。スピードアップしなくちゃね。 まだ映画が始まって7分30秒のところだよ。 こんなマイナー映画をここまで語るのは、世界でオッサンが初とちゃうか? コーエン兄弟に失礼だよ。この映画はれっきとした名作だ。 さて、前回の続きから始めよう。ついにエドとハイの子作りキャン…

「失楽園」『RAISING ARIZONA(赤ちゃん泥棒)』徹底解剖8

さて、引き続き映画冒頭シーンを解説していこう。 前回ハイは、ついにエドへ愛の告白をした… 未読の人はコチラをどうぞ! そしてハイは約1年の刑期を終え、プロポーズするためにエドのところへ向かう。 今回は犯罪者としてではなく、ひとりの男として… エド「右向け右!」 ハイ「今日は自分…