見出し画像

名曲「糸」にみるキャリアと起業

中島みゆきさんの名曲「糸」は人と人との出逢い、恋愛だけではなく、キャリアや起業、人生のテーマにも通ずるのではないか。人は布の織り手であり、自身の物語の作者でもある。縦の糸と出逢い、布を織りなすことで「仕合わせ」と出逢えると思う。

「なぜめぐり逢うのか いつめぐり逢うのかを 私たちは知らない」
「どこにいたの 生きてきたの 遠い空の下 ふたつの物語」が出逢う。

人は誰もが生きていくうえでテーマを持っていると思う。
ただ、そのこと自体が自覚されることは少ない。

生きていく中で、人は自分のキャリアや人生、進む方向に迷うことがある。

キャリアに悩んだり、起業のテーマに悩んだり、起業後の事業に悩んだり、ひとりで考え過ぎてわからなくなってしまった状態は、まるでこんがらがっった糸のようだ。

対話しながら、複雑に絡んだ糸をほぐしていくと、一本の糸になる。
この糸はその人が生きてきた歴史であり、そこに物語テーマもある。

自身がもつ物語のテーマがわかると、自ずと人は自分の進む方向とやるべきことに気づく。

「縦の糸はあなた 横の糸は私」

この一本の糸が横の糸になり、世の中(どこかの、誰かの、潜在的に望んでいるもの)という縦の糸と出逢うとき、その人のキャリアや事業は布として織りなされていく。

縦の糸もひとつの歴史、物語である。

「なぜ生きてゆくのかを 迷った日の跡のささくれ」
「夢追いかけ走って ころんだ日の跡のささくれ」
「こんな糸がなんになるの 心許なくて」「風の中」震えることもある。

けれど、横の糸は縦の糸と出逢い、「織りなす布はいつか誰かを暖めうるかもしれない」し、「いつか誰かの傷をかばうかもしれない」。

縦の糸と横の糸。出逢うふたつの物語。

逢うべき糸に 出逢えることを 人は仕合わせと呼」ぶのだろう。

混迷の時代に、望む仕事仕合わせはそうして見つかるのではないだろうか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

歩く好奇心。ビジネス、起業、キャリアのコンサルタントが綴る雑感と臍曲がり視点の異論。

今日も素敵な一日を♪
4
自他ともに認める「歩く好奇心」。鏡のように人や時代を映して見せる「ミラリスト」/起業やキャリアのコーチ/人や組織のための「情報コンシェルジュ」/コンセプター/ストーリー共創&潜在力開発コンサルタント。書いているのはこんな人(https://www.tiakk.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。